目を大切に

毎晩強い雨が降っていますが、快晴の大潟村です。

 

毎日雨が降っているので田んぼの状況はぬかるみ状態ですが、そろそろ早生モチの収穫が

 

始まってきました。

 

刈り取り水分も27%程という報告があり、刈り取り時期に来ています。

 

うちのたつこもちも、今週末から稲刈りをスタートしようと思っています。

 

たつこもちは立っていますが、こまちが倒伏傾向にあり稲刈りが難儀しそうです。

 

年に一度の収穫なので、楽しみながら稲刈りをしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年前にも右目翼状片の手術を行いましたが、先日左目の翼状片手術を行いました。

 

【日本眼科学会 翼状片】

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ketsumaku_yokujyo.jsp

 

20年前から気になっていましたが、黒目にかからなければ問題ないと言う事で過ごして

 

来ていました。

 

4年前に初めて症状を見てもらったときには、すぐ手術と言う事になり気持ちの整理も

 

できていないまま施術をうけました。

 

ガーゼで黒目を覆ってくれていますが、ちらちらとハサミや器具が見えるので、緊張

 

しっぱなしで変な汗をかいていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術は5分ほどで終わるのですが、縫い合わせたいとが残っているためどうしても目に

 

違和感があり、チクチクと眼球にあたるためずっと涙目になっていました。

 

連休中、その痛みがひどくずっと横になったままでしたが、週明けすぐに眼科へ行き

 

抜糸してもらい楽になりました。

 

年齢相応に視力も落ちてきていますが、片目での生活は疲れ目の大切さを実感しました。

 

外で仕事をするときは、サングラスなどもかけながら目をいたわろうと思います。

 

皆さんもホコリや紫外線に対応しながら、目をいたわりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選挙戦が決まったわけでありませんが、各地でも臨戦態勢になっています。

 

農協政治連盟も地区の推薦候補者選定を即す通知が届きました。

 

まだ、選挙区の立候補予定者からの推薦依頼状も届いていませんが、早急に判断

 

しなくてはいけない状況です。

 

新聞では、2区からは現職の金田勝年前法務大臣が出馬すると報じられています。

 

さらに民進党から前回も出馬した緑川貴士氏が出馬するようです。

 

28日の衆議院開催冒頭に首相から解散を宣言されるようですが、28日までに推薦者

 

の決定を要望されています・・・

 

まだかいさんもきまっていませんが、今月の定例理事会は26日の朝に行う予定です。

 

どうしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

やっと東芝半導体子会社の売却先が決定しました。

 

【ロイター通信】

http://jp.reuters.com/article/toshiba-memory-idJPKCN1BV1JV

 

しかし、売却先から漏れたWD側とは、問題を抱えることになりそうです。

 

【ロイター通信】

http://jp.reuters.com/article/wd-toshib-memory-idJPKCN1BW05G

 

日本の最先端技術を海外へ流出させるのは忍びないのですが、東芝倒産となると影響が

 

ものすごく大きいものになるため、時間をかけて検討されたと思います。

 

良い人材が流出しないように、頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に対する不安は少し解消しましたが、コンバインにキャビンがないためホコリ対策が

 

必要になります。

 

風が強いときなどは、防塵用のゴーグルをかけて対応しています。

 

こういったときには、キャビン付きのコンバインがうらやましくなりますが、コンバイン

 

更新まではまだまだ時間がありますので、当面ゴーグルでしのがざるを得ません。

 

少しくらい風がないと稲に着いた露も上がりません。

 

ちょうど良い風でお願いします。

 


タイミング

台風一過、曇り空の大潟村です。

 

ビニルハウスのビニルが飛ばされたと言う被害が少しあるくらいで、大規模な被害は

 

ありませんでした。

 

昨日は、田んぼの状況を確認しようと昼前に出かけてみると、倒木があり道路がふさがれ

 

ている場所がありました。

 

田んぼの稲は、だいぶ倒されてしまいましたが、時期が時期ですのでもう少し登熟して

 

からの稲刈りとなりそうです。

 

今後の天候は、今日明日と不安定な天候が続きそうですが、その後は安定しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風の凄い風が過ぎたと思ったら、解散風が吹いてきました。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170918-OYT1T50088.html?from=ytop_ylist

 

与野党共に、急な解散風に戸惑っているようですが、安倍政権を倒そうと思っても数が

 

必要なのは十分分かっているはずで、それは選挙でしか覆せません。

 

いつ選挙があるか分からない衆議院選挙には、常に準備をしておかなければいけません。

 

「北朝鮮が挑発している時期に政治空白を創るべきでない」という声もありますが、いつ

 

であれば政治空白は無くなるのでしょうか。

 

選挙を行えば、必ず政治空白となるのは分かっているはずです。

 

「森友・加計学園問題隠しだ」という人もいますが、憶測に基づく疑惑だけで、新しい事実

 

や政治家が強引に誘導したような事実は無く、もっと時間を使って審議しなくてはいけない

 

大切な時間をこの問題に使っているのは印象操作と言われてもおかしくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新党を結成しようとしている動きに対して、敏感に反応した政治判断が衆議院解散です

 

から、首相の専権事項として大きな判断をしたのだと思います。

 

新党結成も急がなくてはいけません。

 

【朝日新聞】

http://www.asahi.com/articles/ASK9L6JF7K9LUTFK00H.html?ref=newspicks

 

若狭衆議院らと民進党を離党した細野衆議院らが新党結成に向けて動き出します。

 

今から頑張っても、比例区で候補者を擁立するしか時間が無いのではないでしょうか。

 

また、新党の政策理念がしっかりとまとまらないと、民進党と同じような政党になり

 

かねません。

 

新党を創るのであれば、しっかりとした新党理念を創り国民に訴えるべきだと思います。

 

いずれにしても、稲刈り最中となりますが、しっかりと国民に政策を訴えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大潟村に出没した熊が、隣町に移動したのではないでしょうか。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20170918AK0002/

 

男鹿市で熊が目撃されたことは無いと言う事なので、大潟村を横断して隣町に移動した

 

事が考えられます。

 

しかし、見なくなったからといって田んぼでは油断できませんね。

 

コンビニの件も話題になっておりました。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20170916AK0007/

 

JAの遊休用地を女性の起業にも利用してもらえるように考えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ安倍首相の方から確定的な話は出ていませんが、新聞報道等で10月22日投票の

 

祝儀医院解散説が流れています。

 

これから解散選挙への大義などの話題が活発に報道されると思いますが、新聞報道も

 

偏った誘導報道がありますので、有権者である国民がしっかりと内容を熟知して判断

 

する必要があります。

 

その後の国の運営を任せられる人間を選ぶ選挙ですので、良くも悪くも選んだ国民にも

 

責任があります。

 

日本経済を復活させないと増税は勧められないと思いますので、まず日本経済を安定化

 

してから国民の不安を解消するような社会政策を進めて欲しいともいます。

 

冷静に判断しましょう。


挑戦

昨日一日雨でしたが、快晴の大潟村です。



 



昨日の雨はかなり強く降ったため、伸びた稲はかなり傾いてきていました。



 



刈り取りまでは、まだ2週間以上もありますので、頑張って立ち上がって欲しいです。



 



台風18号が迫ってきそうです。



 





 



【NHK】



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011136991000.html



 



今後の情報に気をつけてください。



 



 



 



 



 



 



 



 



 



昨晩はBS放送で中継を見ていましたが、圧巻のピッチングでした。



 



【毎日新聞】



https://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00m/050/183000c



 



先頭打者に対してフォアボールを出したところは不安でしたが、球が走っていたので



 



打者が急速に負けていました。



 



多くのMLB関係者が視察している中での好投は、この秋に行われるポスティングで



 



メジャー行きとなりそうです。



 



高校時代の活躍を目の当たりにして、すぐにドラフト1位選手になると感じていましたが



 



いきなりMLBに挑戦するとは思いませんでしたが、それなりの実力はあると思いました。



 



先輩の菊池雄星選手もMLB挑戦を口にしましたが、最後は日本球界に残り活躍し今年



 



両選手がMLBに向かいそうです。



 



高校2年冬の大谷選手と次男三男





 



ぜひMLBで暴れてきてください。



 



 



 



 



 



 



 



 



キャノングローバル研究所の山下一仁先生が、米政策改革について吠えています。



 



【キャノングローバル研究所 山下一仁】



http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20170830_4449.html



 



どうしても農協、全農などの組織を守ろうとする力が強く、コメの自由市場を認めない



 



状況を解説しています。



 



30年産米問題を目の前にして、どのように農家の所得を確保するべきかと言う議論が



 



全農にはなく、逆に志の高い農家の努力に対し、全農のメンツだけを優先しいろいろな



 



角度から注文をつけ、農家の努力を台無しにしようという姿勢があります。



 



大潟村農協はコメの販売事業無い分、最新の情報を伝えながら農家の経営努力を応援



 



しようとしていますが、全農はそんなのお構いなしです。



 



せっかく産地を形成しようとしても、全農の邪魔を入れるという姿勢はいただけません。



 



 



 



 



 



 



 



 



大潟村に熊が出没しました。



 



【さきがけ新報】



http://www.sakigake.jp/news/article/20170912AK0002/



 



8年前にも一度出没し、二匹のうち一匹は確保しましたが、また熊が侵入しました。



 



まだ確保できておらず、近くの農家は気が気でないと思いますが、周りを見ながら



 



農作業を行ってください。



 



誰かがこっそりと捕獲して、食してくれても問題ありません。



 



今の時期の熊って、美味しいのでしょうか?



冷害の不安

グッと気温も下がり、曇り空の大潟村です。

 

今晩から雨が降り出し、明日は雨風が強くなりそうです。

 

だんだん稲も実ってきましたので、一雨ごとに稲も傾いてきます。

 

先日、水稲技術情報No,16において、刈り取り予想日を出しました。

 

【水稲技術情報No,16】

http://www.ja-ogata.or.jp/farming/rice/rice_no16_290908.pdf

 

今年は、田植え時期によって出穂時期がかなりバラバラになっていますので、稲穂を

 

見ながら稲刈り準備を進めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月31日に農林水産省から作柄概況(8月15日現在)が出され、東北地方太平洋側が

 

8月の日照不足のニュースが出ていても「やや良」という状況でしたが、実際は影響が

 

出ているようです。

 

【河北新報】

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170910_13013.html

 

宮城県でも山形県境の中山間地域では、長雨の影響で2割から3割の収量減を予想して

 

いるようです。

 

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/articles/20170906/ddl/k02/040/216000c

 

青森県の下北・上北おいては、低温や日照不足の影響で不稔が発生し、平均で13%の

 

発生率となっているようです。

 

しかし、この比率で減収になるわけではなく、その後の天候で充実度が増すことが予想

 

されますが、影響が出ています。

 

よって、今後の作柄概況は変化すると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末に、全農あきたからの概算金が発表になりました。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20170909AK0008/

 

全農あきたから各JAに向けての概算金であり、農家組合員への概算金はJA手数料を

 

差し引いた金額となります。

 

昨年よりも1,000円高の12,300円が、全農あきたからJAへの概算金となります。

 

組合長会議では、県南地域で商人系が14,500円で買い付けの話が出ており、12,500円の

 

要望もありましたが、追加払いで対応したいと説明し12,300円で決着しました。

 

 

全国的に昨年よりは値上がり傾向にあり、業務用米が不足している現状にあります。

 

来年以降国による主食用米数量配分が無くなるため、産地としてどのような対策を練るか

 

検討が迫られていますので、JAとしても商談会を考えて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大曲でも震度5弱の地震がありました。

 

関東でも地震が発生しています。

 

地震列島の日本ですので地震があるのは当たり前ですが、それに対する備えも考えて

 

おく必要があります。

 

地震は防ぎようがありませんが、北朝鮮のミサイル発射は何とか防ぐ手立てがないもの

 

でしょうか。

 

人間自身が人間を大量殺戮できる権力を持った人間は、自国の国民の尊厳を考えない

 

ものなのでしょうか。

 

ミサイルに対する備えは、考えたくありませんね。


概算金決定

全農あきたからJAの概算金は、昨年対比+1000円の12300円で決定しました。

そう200円上げの声もありましたが、追加払いで対応したいとのことでした。

さて、商系集荷団体がその価格を見た上で、どのような価格を設定するのでしょうか。

角館では、14500円での集荷の声もあるようです。


食料革命

小雨が降ったりと、涼しい大潟村です。

 

大雨でないところが救いですが、稲穂も稔り始め頭を垂れています。

 

収穫間近な稲や伸びすぎた稲は、強い雨が当たるとだんだんと斜めになってきます。

 

早い時期につぶれ始めると、稲の登熟にも影響が出てきます。

 

「稲がつぶれかけるくらいじゃないと、収量は無い」と言われますが、コンバイン作業

 

のことを考えると、倒れない方が良いに決まってます。

 

天気ばかりは祈ることしかできませんが、収穫の時期を見極めて良い収穫物にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食料の未来に革命が起きそうです。

 

【Forbes Japan】

https://forbesjapan.com/articles/detail/17495

 

幹細胞を培養し、畜産や肉処理をしないクリーンな肉を製造している会社があるようです。

 

その会社に、名だたる富豪ビル・ゲイツなどが投資を行っているようです。

 

土地・水・飼料などが必要なく、動物を殺すこともなく衛生的な肉が製造されるため、

 

今後の食肉市場を変えるくらいの大きな動きとなりそうです。

 

これができれば、肉を創るための水や飼料を用意する必要もなく、排泄物の処理に費用を

 

かける必要もなく、安全で衛生的な肉が製造されます。

 

人口が爆発的に増えると予想される世界において、画期的な技術かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

北朝鮮の挑発に、国際社会がどのように向かい合っていけばよいのでしょうか。

 

【ロイター通信】

https://jp.reuters.com/article/kp-us-idJPKCN1BH30S

 

国連で制裁決議を採択しても、それに従わない国や規制をかいくぐって流通させている国

 

がいるため、本当の効果が分かりませんが、メッセージとしては伝わっているでしょう。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070003-n1.html

 

次回北朝鮮は、東京上空を通過するミサイルの発射をほのめかしているようです。

 

国民の未来や将来よりも、自分たち一部の既得権益を守ろうとする指導者に、人権という

 

課題は無視されていますが、北朝鮮国内の国民がクーデターを起こす可能性は無いので

 

しょうか。

 

他国からの圧力よりも、国内からのそういった動きで解決する事を願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニ未来をamazonもねらっています。

 

【Pickup News】

https://newspicks.com/news/2102394/body/?ref=index

 

日本で飽和状態にあると言われるコンビニ業界に、流通大手amazonが無人店舗などの

 

挑戦でコンビニ市場をねらっていると言われています。

 

無人化に莫大なコストをかけているので、収益性の薄い地方で展開することは難しいで

 

しょうが、今までの継続では生き残ることはできないと言う危機感が、このような挑戦を

 

生んでいるのだと思います。

 

我々も、組合員の利便性向上や要望に答えられるように、努力していきます。

 

 


戦略研修会

秋晴れの大潟村です。

 

最高気温が30度を超えるような日もなくなり、とても過ごしやすくなりました。

 

猛暑の中行われた甲子園大会も終わり、すでに秋の大会がスタートしています。

 

今考えると、夏の甲子園は本当に過酷な状況の中行われているんだとつくづく感じます。

 

外で仕事するときは、十分水分補給をしながら行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週のJAまつりは盛大に行われましたが、その前日、東京で「コメ生産・流通戦略

 

研修会」が行われ出席してきました。

 

 

あとから聞いた話では、大潟村からも数名参加していたようですが、会場ではお会いする

 

事はありませんでした。

 

みなさん、米農家でありながらコメの仕入れ販売会社の社長でもあるので、今後のコメ

 

戦略を立てるために熱心に情報収集している事が分かりました。

 

講演は4つあり、それぞれの戦略が明確にされ、とてもためになりました。

 

 

 

 

 

 

 

日本精米工業界からは、「精米HACCP」についての動向が説明され、日本農産情報

 

の部長からは「相場の見通しと新米商戦の要注意点」が数値を示して説明されました。

 

新潟県の(株)吉兆楽の社長からは、「ブランディング」の話をされ、最後には、前農林

 

水産審議官で住友商事(株)の針原氏から「農政改革の先を見据えて」と題して講演が

 

ありました。

 

 

相場の見通しについて、今のところ29年産米の概算金の状況が説明されていましたが

 

B銘柄は2,000円ほど上昇しており、コシヒカリなどは200円〜500円ほどの値上げと

 

なっています。

 

米価を上昇させるために飼料用米へ誘導しているため、在庫に逼迫感があり上昇しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この政策については、前農林水産審議官の針原氏も「政府買い入れだ」と批判的な見解を

 

持っており、国民が飼料用米誘導に税金を投入し、高い新米を買わされていると言う現状に

 

不満を漏らしていました。

 

高米価維持政策により需要が海外産米に押し返されています。

 

それよりも米価を下げ、その分再生可能な直接支払いを行う事の方が国民にも理解が

 

得られると思います。

 

さらに米価が下がると原料としての利用方法が広がり、需要も増加すると思われます。

 

どうしてこのような米政策になってしまったんでしょうか。

 

針原氏に事務次官をやってもらった方が良かったのではないかと感じました。

 

収穫の秋を控えて概算金への関心が高まってきていますが、全農あきたの概算金は今週

 

8日に決定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せの絶頂から転落です。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/affairs/news/170904/afr1709040019-n1.html

 

プロポーズした直後に、海に転落して死亡というのは悲しすぎです。

 

はしゃぎすぎてしまったのでしょうか。

 

残された彼女の事を考えても、とてもつらいニュースです。

 

はしゃぎすぎには注意しましょう。


大盛況

朝晩涼しくなりましたが、快晴の大潟村です。

 

気温も下がり外仕事もしやすくなってきました。

 

例年に比べて出穂が遅れたため、今年の稲刈りは5日ほど遅れそうですが、そろそろ

 

新米の価格が気になり始めました。

 

大方の予想は、1,000円以上の上げとみていますが、年中その値段かと言えばそうは

 

いきません。

 

農家として販売するだけなら出来秋の価格だけでよいのですが、仕入れ販売されている

 

方々も多いので、高値スタートは顧客に頭を下げるしかありません。

 

難しい年となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

9月2日(土)は、JAまつりでした。

 

最後まで天候が気になり、2日前には雨を覚悟しましたが、台風の進路がずれたおかげで

 

快晴の中、JAまつりを行うことができました。

 

 

多くのよう学生をはじめ子供達にも参加してもらい、こんなに多くの子供達がいるのか

 

ととてもパワーをもらいました。

 

お笑いライブでは、ガンダム芸人の若井おさむさんが登場しましたが、ガンダム世代が

 

少なく苦戦していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大抽選会では、さらに多くの組合員が集まりました。

 

今年は組合長だけでなく、商品を提供した各課から商品説明と抽選を行い、組合長だけの

 

抽選の責任から解放されました。

 

 

夕方4時半からは、つまみオール100円の大人のビアガーデンタイムが始まり、職員も

 

大忙しとなりました。

 

 

 

村内フラダンスチームによるフラダンスも披露され、花を添えて頂きました。

 

 

最後には、今年入社した新人職員の紹介があり、しっかりとアピールしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

終わってしまえば、楽しかったJAまつりとなりましたが、この間職員は天候を見ながら

 

雨の場合も想定して連日頑張ってくれていました。

 

鹿児島マルイファームさんのご厚意により、鶏肉の提供をして頂きビアガーデンの

 

おつまみを提供して頂きありがとうございました。

 

来年ももっと楽しいJAまつりを目指して頑張りますので、たくさんの参加を来年も

 

よろしくお願いします。

 

 


JAまつり

早朝にまた雨が降り、涼しいを通り越し肌寒い大潟村です。

 

定期的に雨が降ってくれ、田んぼが乾かない事に気をもみ始めています。

 

台風も迫ってきていますが、悪さをしないで欲しいと願っています。

 

 

日本列島から離れていって欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末、2日土曜日に毎年恒例にの「JAまつり」を開催します。

 

よって天気予報から目が離せません。

 

 

ここ数年は天候に恵まれ大盛況だったのですが、こればかりは祈るしかありません。

 

担当職員は、雨だった場合も含めて準備に忙しい毎日ですが、その心配を吹き飛ばして

 

欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

13時から子供向けの屋台村がスタートします。

 

大抽選会は、15時から行いますし、今年はガンダム芸人の「若井おさむ お笑いライブ」

 

が行われ、16時半から大人だけのビアガーデンタイムがスタートします。

 

村内のフラダンスチームによるフラダンス披露もありますので、多くの方の参加をお待ち

 

しております。

 

雨天の場合は、全てのイベントをJA会館内で行います。

 

屋台では、鹿児島県のマルイファームの方々が鶏肉を持参して料理してくれます。

 

お腹いっぱいにして帰ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、アメリカ大使館農務部のライカー氏とUSDAのMita氏が来協氏、意見交換しました。

 

秋田県内陸部にも視察に行き、水害被害を視察したようです。

 

大潟村では、今年の作況状況と来年以降のコメ作付け動向の調査に来たようです。

 

 

私の方から、大潟村の歴史やJA大潟村の概要、低コスト農業やGPSの農業利用などを

 

説明させてもらい、海外農業研修OBにも参加してもらい意見交換しました。

 

他の地域農業との違いを良く理解してくれたようで、GPSの農業利用については関心

 

していました。

 

夜はホテルで懇親を深めましたが、最後に「東京へ来るときには大使館にも来てください」

 

と言われましたが、簡単に入れるのでしょうかね。

 

とても内容の濃い時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月15日現在の秋田県の作柄が発表になりました。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6013424131.html

 

大雨の影響を受けた県南では「やや不良」と言う事ですが、今のところ「平年並み」と

 

なっています。

 

ここへ来て気温も下がり、雨が続いているのが気になりますが、このまま推移してほしい

 

と願っています。

 

あとは、台風が来ないことを願います。


臨時総会

一日雨の予報の大潟村です。

 

今朝は3時過ぎに大雨が降り出し、屋根にあたる雨音で起きました。

 

その後、6時過ぎに携帯の大音量で北朝鮮からのミサイル発射のJアラートで起こされ

 

不快な寝起きでした。

 

しかし、すっかり朝晩涼しくなり、収穫の秋が近づいていることを感じています。

 

風邪を引かないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週金曜日に農協の臨時総会を開催しました。

 

内容は、29年度事業計画の変更と固定資産取得の案件で、いわゆるコンビニ建設の

 

臨時総会となりました。

 

村公募のコンビニ募集は、残念ながら次点となりましたが、農協店舗運営に大きな影響を

 

与えることから、農協の遊休用地を農協店舗収益につなげる有効活用の拠点のために、

 

コンビに建設を総会にかけました。

 

10年前にも、農協によるコンビニ運営を計画していましたが、組合員の合意が得られない

 

状況を勘案して事業計画から外し通常総会にかけたことがありました。

 

月日が経ち、コンビニの認知度も高まり村でも公募する状況になりましたが、店舗への

 

影響を考慮してもらえず残念に思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この案件だけですので、いろんな意見や質問が出ましたが、冒頭に私の方から一連の

 

経緯をお話しし、村出資のサンルーラルとの連携、強調を行ってきましたが、それは

 

サンルーラルが頑張れば頑張るほど民業圧迫の形になってきていました。

 

今回は村の生活インフラを担ってきた農協にとって影響が大きいことから、あえて独自

 

路線を打ち出しました。

 

遊休用地は4反歩ほどあり、今後30年度計画や31年度計画において収益性が見込める

 

事業を展開してまいります。

 

さらに、農産物販売の拠点としても使えることから、イベントなども随時投入していこう

 

と考えています。

 

まずは、臨時総会において可決させて頂きましたので、店舗改革を実行してまいります。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も突然の大雨となりましたが、大仙市などは1ヶ月前にも川の氾濫により被害を

 

うけ、「大曲の花火」の開催が危ぶまれましたが、関係者の努力によって開催されました。

 

【秋田経済新聞】

https://akita.keizai.biz/headline/2821/

 

前日の夕方の映像を見ると、桟敷席など水没している場所も見受けられました。

 

最後の最後まで努力した結果、当日の早朝に開催を決定しました。

 

日本三大花火大会と言われる「大曲の花火」が開催され、多くの観光客に大会花火を

 

魅せることができ、関係者の方々もホッと一息ついていると思われます。

 

被災された場所の復旧がままならない中で、再度の被災は心が痛みます。

 

一日も早い復旧をお祈りしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝のJアラートですが、我々が動けるのは4分間だけのようです。

 

【livedoor news】

http://news.livedoor.com/article/detail/13534792/

 

実際にブログでも北朝鮮に対していろいろと書いたことがあるので、私に向けてミサイル

 

発射をしたのではないかと不安に思いました。

 

実際には、遙か上空を通過したようですが、テレビをつけて何をしていたかと言えば

 

何もしていませんでした。

 

実際には4分間という時間しかなかったようですが、その時間があっても何も行動に移す

 

事は難しいのかもしれません。

 

皆さんは、冷静な行動が取れましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩涼しくなり、日も短くなってきました。

 

稲の登熟にはとても良いことですが、2日に一度降る雨には困っています。

 

田んぼが乾く暇が無く、収穫に影響が出ないか心配してしまいますが、たつこもちの

 

収穫が16日頃から、あきたこまちの収穫で23日頃なので、それまでには乾いてくれる

 

事を祈ります。

 

【水稲技術情報 No15】

http://www.ja-ogata.or.jp/farming/rice/rice_no15_290823.pdf

 

あくまでも目安ですので、稲の枝梗を良く見ながら収穫作業に入ってください。

 

さて今年の米価はいかほどに・・・



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode