富山県視察

一面銀世界の大潟村です。

 

昨日の午後に東京から帰ってきましたが、車のタイヤ交換を出張前に行っていなかった

 

ため、昨日の雪により空港までの送迎を断られ、急きょ新幹線で八郎潟まで来ました。

 

新幹線の中ではずっとビデオを見て過ごしましたが、盛岡から秋田に入ると景色が一変し

 

真っ白な世界が広がっていました。

 

今日の通勤も職員は苦労したようですが、安全運転を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週14日(火)から富山県へ農業視察に行っていきました。

 

今回のメインは、JAとなみ野のたまねぎ栽培です。

 

まずは、富山県農林水産技術センターで富山県の農業やJAとなみ野で行われている

 

たまねぎ栽培の実情の説明を受けました。

 

秋田県と同じく稲作中心の農業からの脱却を図るため、1JA1億円事業推進をはじめた

 

と聞いており、秋田県のメガ団地構想と同じような形となっています。

 

育苗技術に力を入れており、肥料設計など大変勉強になりました。

 

その中でもJAとなみ野では、たまねぎ栽培を推進し今では100haを越え来年には

 

200ha規模を目指しているようです。

 

将来的には1000haというのが目標になって施設投資を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の圃場では、10月末に苗が植えられ育っていました。

 

 

圃場には石ころが転がっているような田んぼですが、逆に排水は良いようです。

 

 

排水の良い田んぼでしたが、最近の雨で水がたまっていました。

 

水田あとよりも畑作あとの方が断然条件は良く、ローテーションも重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選果施設を見せてもらいましたが、10年前から投資を行ってさらに規模の拡大や

 

機械への投資を行っています。

 

 

2階建てになっており、2回ではたまねぎの選果上があります。

 

 

たまねぎ1個1個をつかんでカメラセンサーで選別を行います。

 

2回で箱詰めされ、1階でパレットに積載され出荷されます。

 

 

我々の想像を超える投資を行っていますが、たまねぎ生産推進が農協の一大事業と

 

なっており、さらなる投資を行って産地化に向けて突き進んでいます。

 

100haで4万トンの生産量ですが、北海道の70万トンには到底かなわず、北海道の収穫物

 

が出回るまでが勝負だと言うことです。

 

北海道の産地に対抗するには、1000ha規模の産地化が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

JA富山市では、種子の生産が盛んで種子調整施設を持っています。

 

 

数年前、完成したあとに視察したことがありますが、種子だけに異品種混入防止には

 

力を入れており、品種が変わったあとの掃除にかなり時間をかけています。

 

そして、品種ごとはもとより生産者ごとにも種子管理を行っています。

 

 

今後、大潟村の稲作も新しい品種の種子生産が重要になります。

 

JA富山市とも連携しながら、進められたらおもしろいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富山県全体で1億円産地を推進しており、全農とやまも人を派遣しながらニンジンの生産

 

拡大を進めています。

 

生活事業が縮小された倉庫を利用し、ニンジンの選別機械を導入しています。

 

 

ちょうどニンジンの収穫時期で、農家からフレコン集荷されたニンジンを洗浄し選別します。

 

機械の設定が悪いと人手による手間が増えてしまいます。

 

 

割れてしまうと商品にはならず、近くの畜産農家へ引き渡されるようです。

 

 

美味しそうですが、こういったニンジンが大量に出てくる場所もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

大潟村では、田んぼ面積が増えない状況の中、どうやって農業収入を確保するかと言った

 

課題がありますが、機械化一体体系によるたまねぎ栽培やニンジン栽培などは可能性がある

 

と感じています。

 

あとは、どの部分を農協が担うかのかと言うことになりますが、農家にあまり機械投資

 

させないような形で進める必要があると感じています。

 

それが、農協の役割と言うことになれば総意を得て進めていかなければなりません。

 

地域農業の将来と農協の役割をしっかりと考え、進めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富山と言えば、カニや寿司など美味しい食べ物がありますが、一度試してみたかったのが

 

「富山ブラックラーメン」です。

 

スープの黒さは、醤油の黒さだと教えてもらいましたが、色から創造できるしょっぱさに

 

コショウがさらに辛さを引き出します。

 

 

太麺で食べ応えがありました。

 

今回の役員研修は、とても内容の濃い研修となりました。

 

今週、役員で方向性を議論していきます。


役員視察研修

快晴の大潟村です。

 

風もなく暖かいので、外仕事には最適な日です。

 

明日以降、天候が悪いようですので、早めに進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から、JA役員視察研修で富山県に行ってきます。

 

今回、大潟村で注目しているたまねぎ集荷調整乾燥貯蔵施設を視察します。

 

コメに変わる収益性ある野菜への注目度が上がっている中、数年前からたまねぎ栽培に

 

注目し指導してきました。

 

今年の秋まきたまねぎは20数ha作付けが終わり、来年作付けするための情報収集を行い

 

さらに作付け誘導させようと思っています。

 

大潟村の考え方は、収益性があり機械化一体体系での作業性の向上、日本で実需ニーズが

 

あるという観点から進めています。

 

その有力候補がたまねぎです。

 

ぜひ実のある視察研修を行ってきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、組合員から防犯カメラの要望が出ていました。

 

格納庫にはいろんな作業機や燃料も保管しており、それらがたびたび狙われており

 

防犯カメラの設置を検討しているが、JAで数を取りまとめして設置できないか検討して

 

欲しいと言うことでした。

 

電力が来ているかどうかも関係ありますが、検討する価値は十分あります。

 

さらに村でも1軒あたり2万円の補助が出ると言うことですので、いろいろと資料を集め

 

検討したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにある事件から最近注目を浴びているのが、ドライブレコーダーです。

 

【ダイヤモンドオンライン】

http://diamond.jp/articles/-/148556

 

ここでは、どうやってそういった危険を避けるのかと言う事でしたが、周りに気を遣い

 

運転していると車の流れを妨げない事でこういった事故が防げると言うことです。

 

私も感じるのは、安全運転第一ですが交通の流れにそぐわない速度で走っている車を

 

見つけると少し残念な気持ちになります。

 

心に余裕を持ちながら、周りの流れに気を遣い安全運転しましょう。

 

ドライブレコーダーが売れすぎて在庫がないと言う自体だと言う話も聞きます。

 

JAで数をとりまとめて販売するのも手かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は5時半出発となります。

 

遅れないようにしたいと思います。

 

今週はブログ更新できませんので、よろしくお願いします。

 

来週にまとめて報告させてもらいます。


TPP11

曇り空の大潟村です。

 

今日明日の天候は何とか安定していますが、その後は不安定な天候になりそうです。

 

 

天気予報とにらめっこしながら、秋作業を進めましょう。

 

まずは、籾スリ終わらせないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領の訪日が終わり、貿易に関する日米FTA交渉圧力が強まるのかと想い

 

ましたが、特別な議題にならなかったようです。

 

一方、アメリカ抜きのTPP11の会合がベトナムで行われており、2国間交渉ではなく

 

あくまでもTPPによる大枠合意でアメリカに対抗したいようです。

 

【東京新聞】

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201711/CK2017110902000126.html

 

しかし、アメリカによる強力なリーダーシップにより大筋合意したものの、不満は残っており

 

凍結項目を決定するにも難航が予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに日本では、TPP交渉大筋合意を受けて対策大綱が進められており、日本農業の

 

体質強化を進めています。

 

そんな中、いつも紹介するキャノングローバル研究所山下一仁先生が提言しています。

 

【キャノングローバル研究所 山下一仁】

http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20171102_4554.html

 

TPP11が大筋合意に至る事による、今後のアメリカとの交渉についていろんな方法がある

 

と示していますが、最終的に農産物関税撤廃になった場合には、直接支払いによる担い手

 

農家保護の策があるし、むしろその方向を望んでいるようです。

 

今の米政策についても、高米価維持政策である飼料用米政策で農家は喜んでいますが、

 

消費者である国民や大量実需者である中食産業は、安い原料を求めています。

 

高米価維持政策では、国際競争力が弱まる中で「輸出強化」と言うのは矛盾があります。

 

どう動くのか注目しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、パラグアイにある日本人開拓者が作ったイグアス農協の幹部が来村していました。

 

開拓当初は野菜中心だった農地を、不耕起栽培による大豆栽培により所得が安定し順調な

 

運営になっているようです。

 

大豆の99.9%はGMO種子(遺伝子組換え)を使用しており、これにより労働力の低下と

 

収量増がはかられ、さらに新しい種子が収量を高めていると言う話を聞きました。

 

来村した大西副組合長(日系2世)は、遺伝子組換え種子を使わず作った大豆を日本に

 

輸出しているようです。

 

ランドアップレディについては、いろんな報告がありますが、こんな記事がありました。

 

【WIRED】

https://wired.jp/2017/11/07/monsanto-and-the-weed-scientists/

 

何か隠されているものがあるはずですね。

 

慎重に考えましょう。


大盛況

曇り空の大潟村です。

 

今朝も少しですが雨が降ってくれました。

 

今大潟村では、大豆の収穫真っ最中ですが、この雨が圃場条件を悪くします。

 

さらに、水分が下がらず水がたまり続けると品質にも影響が出てきます。

 

もう少し、連続した晴れ間をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、年に一度の「年金受給者の方との懇談会」を開催しました。

 

年々参加者が多くなり、今年は260名を越える参加となりました。

 

例年通り、今年の稲作の状況や農協事業、今後の方針等を説明させて頂きました。

 

 

大潟村の作況指数も「103」となり、米価も上昇しとても良い出来秋となりました。

 

例年、皆さんのテーブルを回りお酒をつぐのですが、時間がかかり全員とはいきません。

 

そこで、急きょ前日に女性とのグループ写真を撮ってプレゼントしようと決めました。

 

 

今回は女性限定とさせて頂き、何とか閉会までに全員へ配ることができました。

 

急きょ対応してくれた職員に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

アトラクションでは、森吉寿太郎さんによる「ジュタロー笑劇場」で盛り上がりました。

 

 

さらに大潟村「ウキアガラボーイズ」による生演奏。

 

 

滅多に体験できない生演奏でのナマオケ。

 

 

その後は、カラオケで楽しんでもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、老人倶楽部桜木会長から〆の挨拶を頂きました。

 

 

桜木会長からは、「老後身内の世話にならないためにも農協に預金しておきましょう。」

 

といううれしい言葉を頂きました。

 

10時半から始まった懇談会は、約4時間で終了し「たのしかったよ。と言う言葉を頂き

 

ました。

 

来年もぜひ多くの方々に参加して欲しいと思います。


来年は秋田市

秋晴れの大潟村です。

 

気温も上がっており、外で仕事していても汗ばむような天気になっています。

 

今週末に向けて気温もグッと下がってくるようです。

 

田んぼの条件の良いときに、暗渠作業を終わらせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は第140回種苗交換会最終日となります。

 

多くの農家の注目は、最新の農機具だと思いますが、今回はGPSを利用した農機具が

 

多く展示されていたようです。

 

さらにドローンの農業利用も進んできており、若い農家の注目度も上がっています。

 

毎年3地域9地区の持ち回りで種苗交換会を行っていますが、来年は秋田市です。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20171106AK0002/

 

農業の祭典でもありますが、各商工会議所もこれだけ集まるイベントを見逃しません。

 

すでに、商工会議所の事業ではないかとも言われていますが、140年続いている

 

農業の祭典とその意義を後世につなげていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年いろんなものが進化してきていますが、今年度のヒット商品は「任天堂スイッチ」で

 

来年は「AIスピーカー」と予想されています。

 

【日経トレンディ】

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/?P=3

 

 

なんのことかさっぱりと見当が付かない商品もありますが、親心をくすぐる「走って戦う

 

ジュニアシューズ」はヒットしそうですね。

 

個人的には、アイロンのいらない乾燥機ですね。

 

【日経トレンディ】

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1032181/103000098/

n_cid=nbptrn_googlenews&google_editors_picks=true

 

毎日アイロンかけている私には、ヒットの予感がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

AIスピーカーは、今後一家に一台となるのでしょうか。

 

【東洋経済オンライン】

http://toyokeizai.net/articles/-/195526

 

あらゆるものがネットと接続され、便利になっていく世界の入り口なのでしょう。

 

まだまだ想像力が足りず、どんな世界になっていくのか分かりませんが、音声での

 

指示にスピーカーが反応し他の機器に接続し動き出します。

 

今後は、自動車のエンジンをかけてくれることなどが考えられると言われています。

 

すでに室内のライトやテレビの電源などは、つながっているようです。

 

冷蔵庫に入れる前に食品を撮影し、残っている食品を認識して献立を考えてくれる

 

冷蔵庫が出ると奥様方はうれしいのではないでしょうか。

 

AIが無くても、家内に指示され行動している私は、進化している証拠でしょうか・・・


作況指数「100」

穏やかな秋晴れの大潟村です。

 

あっという間に11月に突入し、今年もあと2ヶ月となりました。

 

天気を見ながら暗渠作業を進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

昨日から第140回種苗交換会が始まりました。

 

その前日には、常勤役員研修会が行われジャーナリストの萩谷順氏から講演を頂きました。

 

 

さすが新聞社からテレビコメンテーター、大学教授をやられているので、聴衆をあきさせ

 

ないトークであっという間の1時間半でした。

 

1970年代から今までの世界政治の流れから、今の日本社会に重要な提案をしていました。

 

労働生産性を上げる事は重要だと理解出来ましたが、今までの日本社会の働き方を変える

 

のは、並大抵の作業ではありません。

 

長時間の仕事は会社に貢献している姿勢だった評価が、時間内に仕事を終わらせる働き方

 

が評価される時代に移っていますが、仕事の中身が重要です。

 

仕事ができる人間にはそれなりの給与を払いたいのですが、年功序列定期昇給が当たり前

 

の時代において、一気に変えることが理想ですが混乱が起きる可能性が大だと思います。

 

労使の話し合いが重要ですが、早くそういった評価制度に変われるようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は開会式終了後、収穫感謝祭と開会式が行われました。

 

 

初めて由利本荘市のカダーレに入りましたが、とても立派な文化施設でした。

 

【由利本荘市文化交流館カダーレ】

http://kadare.net/wpress/

 

図書館やスタジオ、会議室が整備され芸術館あふれる施設でした。

 

開会式の前に行われる神事は、毎回厳かに行われ心が洗われるようでした。

 

140年続いた歴史ある行事をこれからも継承していかないといけないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年29年産米の予想収量調査が発表され、全国的に平年並み「100」となりました。

 

【農林水産省】

http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-35.pdf

 

1ヶ月前の発表から台風の影響もあり、下方修正した県は16県あり東日本に影響がでた

 

結果となりました。

 

 

報道等では、太平洋側にヤマセの影響が出ている言われていましたが、結果はあまり

 

影響が無かったと発表されましたが、今回の作況指数よりも多くの農家は「低い」と

 

感じているのではないでしょうか。

 

あれだけ余っていると言われた主食用米もち米も、上昇してきています。

 

年間通して販売されいる企業にとっては、高米価による販売不振が心配されます。

 

収量性のある品種と産地の確保が、これからの経営に必要になってくるでしょう。

 

12月1日に組合員向けの「米戦略セミナー」を開催し、実需者との情報交換を行い

 

たいと思いますので、多くの方の参加をお願いします。


第140回種苗交換会

台風22号崩れの温帯低気圧の影響で、雨風が強い大潟村です。

 

昨晩から結構な降水量と風がやまず、被害が出ていないことを願っています。

 

JA会館前の桜の木も、綺麗に紅葉していましたが、強風により散ってしまいました。

 

2週連続の台風の影響で、農作物の被害が拡大しないと良いのですが心配です。

 

大量の雨により、外作業もなかなか進まない時期となりました。

 

天候を見ながら進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から由利本荘市において、第140回種苗交換会が行われます。

 

【第140回種苗交換会】

http://shubyo.wixsite.com/140shubyo

 

 

来年から米政策が変更になるため、今後の米作りを考える懇話会が行われます。

 

11月1日午前9時半からJA秋田しんせい本店で開かれます。

 

暗渠作業で忙しいかもしれませんが、ぜひ足を運んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の稲刈りも、土曜日にやっと終わりました。

 

晩生品種ミルキープリンセスが残っていたのですが、水分が26%でもう少し置いても

 

良い感じでしたが、台風が迫っていたので急いで刈り取りをしました。

 

登熟が遅れているのは認識していましたが、天候不順もありなかなか進みませんでした。

 

稲刈り最終日に宮城県JAみやぎ仙南の青年部が視察に来てくれました。

 

我が家の田んぼと新格納庫、産直会社大潟村同友会を見学してもらいましたが、稲刈り

 

最終日の午後と言うこともあり、短い時間でしたが見学してもらいました。

 

稲刈りが終わっていたらいろいろと意見交換もしたかったのですが、次回はしっかりと

 

時間を取って案内したいと思いますので、ぜひまた視察に来てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこれからフォレスタ鳥海において、JA常勤役員研修が行われるため出発します。

 

明日の種苗交換会も風が強そうなので、防寒対策をしていこうと思います。

 

雪の予報ではないので少し安心ですが、山の上なので少し心配です。

 

あっという間に11月になってしまいます。

 

やらなければいけないことがたくさんありますが、1つずつしっかりと進めていきます。

 

ご協力をよろしくお願いします。

 


神の左手

秋晴れの大潟村です。

 

今週に引き続き、来週初めにまた台風が日本に接近します。

 

 

今回は本州上陸はないようですが、今後の情報に注意してください。

 

雨に当たる前に稲刈りを終わらせたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は運命のドラフト会議が行われました。

 

【日刊スポーツ】

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2017/

 

私の他にもドキドキしていた方が沢山いたでしょうが、なんと言っても注目は早稲田実業

 

の清宮選手です。

 

【日刊スポーツ】

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710270000068.html

 

7球団が競合の末、木田GM補佐が左手で引いた封筒に交渉権が入っていました。

 

さんまさんから「左で引くように」と助言されたようで、その左手が強運を引き寄せました。

 

日本ハムは、選手育成がうまく高校生でもどんどん試合で使ってくれます。

 

ダルビッシュはじめ、多くの高校生が成長し大物になっているので、ぜひ日本球界で活躍し

 

メジャーから誘われる選手になって欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田県からプロ志願届けを出していた大曲工業の藤井選手も指名を受けました。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6014742861.html

 

広島カープから育成指名を受けました。

 

広島も投手育成が上手なチームですので、一軍で活躍できる選手になって欲しいと思います。

 

さらに、プロ志願届けを出して指名されなかった秋田市出身の仙台育英高校長谷川投手は

 

秋田県社会人野球チームTDKに進み、3年後の指名を待つと言っています。

 

最近のTDKは、高卒選手を獲得し試合でどんどんつかっていますので、秋田に戻り秋田で

 

プロ野球選手を目指して欲しいともます。

 

秋田の選手がプロ野球で活躍し、子供達に夢を与えて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田醸しまつりが週末にアルヴェで行われます。

 

【秋田経済新聞】

https://akita.keizai.biz/headline/2868/

 

酒蔵や味噌、納豆などの発酵食品会社に声をかけ、毎年開催しているようです。

 

イベントも行われ飲食以外は無料のようですので、お出かけください。

 

飲食ブースでは、創作料理も出されるようですので、お酒に合う新しい料理も味わえます。

 

私は稲刈り中ですのでいけませんが、ぜひ楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は理事会で、終わってみると6時を迎えるくらいになっていました。

 

内容も盛りだくさんで、理事役員の認識を統一するには時間が足りなかったかも

 

しれませんが、組合員、経営者両方の意見を持ちながら利用しやすい体制づくりと

 

生産性向上を図るためにいろんな意見を頂きました。

 

大潟村農業の方向性を大きく左右するような大きな事業となる可能性がありますので

 

年末までの短い期間にさらに議論を重ね、組合員にも報告したいと思います。

 

農家の所得向上に向けて、農協も頑張ります。


新政権

台風一過、快晴の大潟村です。

 

昨日は強風と大雨で大荒れの天候でしたが、今日は気持ちの良いくらいの天気です。

 

今週いっぱい好天が続きそうですので、この期間に稲刈りを終わらせましょう。

 

JA会館前の桜の木も紅葉してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小池劇場から始まった衆議院選挙も、終わってみれば「希望の党」失速により与党自民党

 

の圧勝で終わりました。

 

民進党から希望の党へ移動した議員の方々も、風が吹かず合流しなかった立憲民主党の方が

 

勢いが増し、合流しない方が良かったと思っているのではないでしょうか。

 

安倍首相に対する批判ばかりで、将来的な政策論争にはなっていなかったように思います。

 

そんな中で、農産物輸出を10倍にすると言う方針が出ていました。

 

コメについても、少子高齢化による消費減退を見据えて輸出を強化するため、加工用米と

 

同じような補助金2万円/反を付け「新規開拓米」として進めるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、飼料用米制度により需給を引き締めたことにより米価が上昇する状態になって

 

いますが、米価が上昇すると輸出競争力が弱まります。

 

輸出を強化するのであれば、米価を下げて市場開拓する必要がありますが、その逆の

 

政策を行っており、矛盾するような感じがするのは私だけでしょうか。

 

キャノングローバル研究所の山下一仁先生も同じような事を言っています。

 

【キャノングローバル研究所 山下一仁】

http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20171011_4511.html

 

農林族である西川公也先生が落選してしまい、農業関係に詳しい議員が少なくなることは

 

農業界にとってマイナスです。

 

再選された斉藤健農林水産大臣と近いうちに面会したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

残業には、いろんな理由があるのですね。

 

【Life Hacker】

https://www.lifehacker.jp/2017/10/171023_book_to_read.html

 

とてもおもしろい内容でしたので、ぜひ呼んで頂きたいのですが、「残業しないチームは

 

よく考えてから行動し、残業だらけのチームは考えずにまず行動する」ということには

 

同感です。

 

困難な仕事ほど段取りをよく考えておかないと、無駄な作業に終わることが多いと思います。

 

チームとして取り組む以上、効率的な仕事を常に心がけることが必要だと思います。

 

心がけ次第で残業が変わるのですから、良い心がけになるように考えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の台風による強風で、農協でも被害が出ました。

 

 

JA会館の駐車場横の看板が折れ、JAの公用車の上に倒れました。

 

看板自体古くなっており、経年劣化が激しい状態でしたので、同じような看板も撤去

 

する事にしました。

 

組合員の車でなくて良かったですが、傷ついた車は共済課の車ですので、速やかに修理

 

に回すことでしょう。


食欲の秋

秋晴れとはいきませんが、曇り空の大潟村です。

 

昨日から気温も下がっていましたが、明日以降気温も上がる予報です。

 

それにしても、台風21号の動きが気になります。

 

 

台風直撃の前に稲刈りが終わると良いのですが、刈り取りを早めた方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田の酒蔵5社でつくる「NEXT5」のお酒が11月上旬発売されます。

 

【秋田経済新聞】

https://akita.keizai.biz/headline/2862/

 

 

このボトルデザインもかっこいいです。

 

一本8,200円とお高いのですが、一度飲んでみたいお酒です。

 

こんなデザインのお酒をもらったらうれしいでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食欲の秋ですが、摂取すると太りやすいと言われているアブラとうまく付き合うことが

 

太りにくい体質を作るようです。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171011-OYT8T50046.html?page_no=1

 

糖質、炭水化物、オイルなどを、極端に減らすのではなく、うまく組み合わせないと

 

体重減が維持できないようです。

 

特に不飽和脂肪酸のアブラは、コレステロールを調整してくれる作用があるようなので

 

どうせ取るならこのようなアブラを利用する方が良いようです。

 

旬のものを旬の時期に美味しく食べるのが、日本食の醍醐味ですので、美味しい日本酒と

 

ほどよいアブラを取りながら秋の味覚を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝テレビでAIスピーカーが話題になっていました。

 

【日経新聞】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21913680V01C17A0MM0000/

 

GoogleやLINEからAIスピーカーが日本市場に投入され、話題になっています。

 

質問に対して的確に答えてくれるようで、一人暮らしの人も会話を楽しんでいるようです。

 

メーカーでは、今後各家電との連携を強めていく方針で、ゆくゆくは日用品の注文や出前

 

などにも対応できるようにするようです。

 

一人暮らしのお年寄りの生活確認などにも役立つかもしれません。

 

どんどん進化しているAI(人工知能)に注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちでも欲しいと話題になっているAIスピーカーですが、旦那にいつ帰ってくるか

 

LINEで送信させることもでき、返信を読み上げてくれるようです。

 

人工知能ですので、いろいろと質問し続けるとその人の傾向がつかめるようになり、

 

興味のある話題や音楽を提供してくれるようになるようです。

 

旦那が帰ってきてから、家内は一日何をしていたか質問をすると「昼寝してました」

 

と言う返事が来るかもしれませんね・・・



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode