冬至

12月とは思えないほど、穏やかな天候の大潟村です。

 

風もないので、秋田では今年最後のゴルフができる日かもしれません。

 

フェアウェイを歩くのはとても気持ちがよいものです。

 

真ん中を歩くことはほとんどありませんが、健康維持にもつながっていると思います。

 

来年までお預けですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は冬至で、一番日が短い日です。

 

昔から冬至にはカボチャを食べるものと言われていますが、実は子供の頃カボチャ料理が

 

苦手で、進んで箸をつけることはありませんでした。

 

しかし、食べてみると美味しいものでついつい箸が進みます。

 

冬至はクリスマスとも関係があるようです。

 

【All about】

https://allabout.co.jp/gm/gc/220635/

 

「ん」のつくものを食べると、運盛といって縁起がよいのだそうです。

 

ではなぜ「カボチャ」かと言うと、「南瓜」を「なんきん」と呼び運気を上げている

 

と言う事のようです。

 

いろいろと勉強になります。

 

明日からは、徐々に日が長くなってくるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もあと少しですが、熊本での震災や台風被害など自然災害が多発しました。

 

そんな時の支援方法として、物より支援金の方が良いと言うことのようです。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161220-OYT1T50134.html?from=y10

 

よかれと思って送った物が、被災者に配られることなく倉庫に山積みになっている

 

と言う話を聞きますが、どこの被災地も同じようです。

 

東日本大震災の際に、知人から「ランドセルを送ろう」と言われてランドセルを調達

 

しましたが、結果的にランドセルが余ったという話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、文部科学省のHPに必要な物資と学校名が書かれた掲示板がありました。

 

それを見て、直接連絡を取り宮城県の中学校へスポーツ用品を届けた事がありました。

 

このようなマッチングができるような掲示板などがあれば、必要な場所に必要な物を

 

届けることができ、倉庫が物であふれかえるようなことがないと思いました。

 

これからの支援体制は、このようなマッチングが必要だと感じています。

 

大規模な自然災害が起きないことを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軟式野球のボールが変わるようです。

 

【時事通信】

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122100046&g=spo&google_editors_picks=true

 

12年ぶりにボールが変わるようですが、現場で混乱が起きているようです。

 

硬式野球につながるように、弾みすぎず飛びやすいと言うボールのようです。

 

軟式ボールは日本独自のボールで、アメリカにいた頃にお土産として持って行った事が

 

ありましたが、アメリカ人には「そんなの飛びすぎるだろ」と言われました。

 

しかり、芯に当たらないとボールがつぶれてフライになるため、遠くへ飛ばすのは難しい

 

競技になります。

 

硬式ボールよりは費用がかからないし安全なので、子供達が始めるにはちょうど良いボール

 

だと思います。

 

まずは、底辺拡大につながるように、指導者の資格を組み立てる必要があると思います。

 

最近は、サッカーに押され気味ですので、練習のあり方も考え直す必要がありますね。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode