岩盤規制

穏やかな曇り空の大潟村です。

 

大潟村の田植えも9割方終了したようです。

 

4月は周期的な雨で田んぼが乾かない日が続きましたが、5月に入り晴天が続き田植え時期

 

は風が強い非もありましたが、例年になく順調な天候でした。

 

苗の活着は良好で、たまに強い雨でドロカナを散らして欲しいです。

 

さあ、さなぶりの時期になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田植えで忙しく、政治の話から遠ざかっておりましたが、森友学園問題から加計学園問題

 

が浮上してきました。

 

【ZAKZAK】

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170526/dms1705260730007-n1.htm

 

獣医学部新設について、最高レベルの意志について大騒ぎしていますが、森友問題と違い

 

不正な補助金申請があるわけではなく、岩盤規制を早めたことが問題にされています。

 

岩盤規制に穴を開けることに最高レベルの意志があっただけで、なかなか進まない改革に

 

官邸の意志を伝えただできはないでしょうか。

 

野党の議員も獣医学部新設に向けて賛成の立場で国会答弁を行っており、獣医学部新設に

 

反対の勢力が問題視するように仕向けているようにしか見えません。

 

もっと重要な審議があるのではないでしょうか、野党の先生方・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに手が悪いのは、それを審議して岩盤規制を守ってきた文部科学省の前事務次官が

 

自分のメモを公表し問題をあおっています。

 

自分の出世を考えず勇敢な官僚だと言われているでしょうが、逆に岩盤規制が破られ

 

天下り問題で辞めたくない事務次官職を辞めされられたという腹いせに、自分のメモを

 

公表したのではないかと感じます。

 

女性の貧困問題調査をしていたと言う説明も無理があります。

 

【ITメディア】

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/30/news049.html

 

この前事務次官も問題人物ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

山菜のシーズンになりましたが、熊の被害が出てしまいました。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170528/k10010997351000.html

 

秋田県仙北市の山林に山菜採りに入った女性が、熊の被害に遭い亡くなりました。

 

昨年は、青森との県境のタケノコ群生地で数人の方が熊の犠牲になりました。

 

人里ではなく、山という熊のテリトリーに入っていくには、相当な準備が必要です。

 

音を出し続けることや、遭遇した場合の対処を考えて入山した方が良いと思います。

 

美味しい山菜ですが、命がけになってきました。

 

その点、大潟村にも少なからず自然の恵みがあり、安心して収穫できます。

 

安全第一です。

 

 

 

 

 

 

 

 

土日子供の野球がなくなったので、弟の代わりに田植機に乗りました。

 

久しぶりの田植機では、真っ直ぐに走るのが大変でしたが、今はGPS田植機があります。

 

風で水がよってマーカーが見えなくても水を落とさなくても真っ直ぐ植えてくれます。

 

次回はGPS田植機ですね。

 

水の調整をしなくてもどんどん植えることができます。

 

後は値段です・・・


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode