震災復興と放射性物質処理

 今日も稲刈り日よりの大潟村です。

昨日、米の作況指数が101と出ました。

平年作といった状況で、需給動向から行っても不足になることはないようです。

よって過剰感が出てくるものと思われます。

秋田県ではやや不作から作況指数99の平年作になりました。

大潟村では組合員によっての情報がまちまちで、10月中旬にならないと真相は判明しません。






さて昨日はJAビルにて連合会や組合長会議が行われました。

その席で私からも要望しました。

【内容】

秋田県による米の放射性物質検査の結果、全ての地域において不検出となった。

このことにより秋田県産米の安全性が確保され消費者に良いアピールになった。

ここへ来て、震災被災地のがれき処理を県内で行うという報道がなされた。

これに消費者が敏感に反応し、産直で購入されている顧客から不安の声が上がった。

放射能物質が付着したがれきを、秋田県で処理することにより汚染に繋がる。

すでに「秋田県で処理するのであれば、お米は買わない」という声がある。

せっかく安全宣言を出したものの、このような対応を間違うと農産物の風評被害になる。

よって放射性物質を含むがれき処理には、細心の注意を払っていただくように要望する。







震災支援については、JAグループとしても頑張っているところだし必要な事です。

しかし、放射性物質の処理については国による適切な処理が必要です。

震災復興と分けて考える必要があると思っています。

消費者あっての農業です。








大潟村産米収穫後の放射性物質調査結果が出ました。

JA大潟村のHPにおいて放射性物質調査結果に追加しました。

村内8地区において、放射性物質は全て不検出となりました。

調査結果はこちらをご覧ください。

http://www.ja-ogata.or.jp/radiogen/










さて米先物取引については、値下がりが止まりません。

昨日発表された作況指数などいろいろな状況を見ても、買いが薄いようです。

もう2週間前に売れたら良かったのですが・・・

現地の置き場価格よりも下げて売る必要もなくなってきます。

こちらも様子見です。






関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode