あれから7年

朝起きると一面真っ白でしたが、あっという間に雪も溶けました。

 

明日以降、気温も上がるようですので、農作業も始まってきます。

 

 

 

暗渠の埋め戻し作業がまだですので、今月中にやれたらと思っています。

 

天候を見ながら進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災から7年が経ちました。

 

【Livedoor news】

http://news.livedoor.com/article/detail/14417040/

 

7年経って戻ったもの戻らなかったものがいろいろとあり、それぞれの地域で悩みは

 

続いています。

 

テレビでも、商店街の方々の悩みが出ていましたが、「住民帰宅が先か商店街が先か」

 

「誰かが損をしないと解決しない」と言っていました。

 

時間をかけないといけないものと、時間をかけるほど難しくなるものがあります。

 

巨大な堤防の建設が良いのか、住宅地域かさ上げで良いのか、短期間で見極められない

 

事なのでしょうが、時間をかける暇もなく仕事や子供の学業環境は待ってくれません。

 

帰宅したくても帰宅できない環境により、将来設計が出来ていない地域もあります。

 

まだまだ復興したとは言えない状況であり、忘れてはいけない出来事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、組合員研修と座談会を行いました。

 

まずは収入保険について、秋田県共済連合会柏木課長から説明を受けました。

 

 

今後も収入保険についての説明を行っていきます。

 

次に大阪堂島商品取引所から正木部長にコメ先物取引について説明してもらいました。

 

 

この夏にも「秋田県産あきたこまち」の上場を検討していますので、大潟村の農家や

 

集荷業者にとってもいろいろな指標として使える可能性があります。

 

広く情報収集できる機能があると思いますので、勉強はしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

組合員研修の案内には乗せていませんでしたが、東光鉄工の新型ドローンについて

 

説明を受け、今後の「自律走行」について説明を受けました。

 

 

バッテリーの脱着のスムーズさや、重さなども確認しました。

 

 

1機250万円ですが、自律走行についてはさらに機能の追加が必要なようです。

 

農協としての女性も考えたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この時期の開催となりますが、今回は特に参加人数が少なくお叱りを受けました。

 

中学校の卒業式と重なっていたようです。

 

 

気になったのは、全く女性がいなかったことです。

 

来年度に向けて組合員の意向を聴取する場ですので、今後の啓蒙活動に留意しながら

 

参加人数を増やしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末、次男の引っ越し作業があり車で上京してきました。

 

630kmほどの距離でしたが、だんだん慣れてきたこともありあっという間に着きました。

 

さらに長男も月末に引っ越ししなくてはなりません。

 

今後は、しばらく引っ越し作業もなく数年は落ち着きそうですが、1人では賄いきれません。

 

早く結婚してくれると出る幕はないのでしょうが、それもいつになることやら・・・

 

春作業も目の前に来ているのでムズムズしてきますが、計画を立てて進めていきたいと

 

思います。

 

これだけ走っても、1つも故障を起こさない車も凄いなと感じています。

 

安全運転に心がけます。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode