さくら前線

気温も上がり、快晴の大潟村です。

 

昨日は心配された強風もたいしたことが無く、ハウスビニルの被害も出ていません。

 

毎年4月上旬に春の大風が吹き、ハウスにかけたビニルを外すかそのままにするか、

 

決断を迫られることがありました。

 

 

週末雨が降るようですが、それ以降晴れ間が続きそうですので、種まきも一気に進む

 

感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

さくら前線も秋田県に入りました。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/20180411/6010000476.html

 

JA会館前の桜も、つぼみが色付き始めました。

 

 

 

ここの桜が大潟村で一番先に咲き始めますが、桜菜の花ロードの桜はつぼみのようです。

 

【大潟村役場 開花情報】

http://www.ogata.or.jp/sightseeing/2018nanohana.html

 

この気温で一気に桜前線も上昇しそうです。

 

大潟村の組合員はハウス管理や田んぼ作業で忙殺され、花見所では無いでしょうが

 

忙しいときこそ時間を作り花見を楽しむ事も必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国会が紛糾しています。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180412-OYT1T50005.html

 

「疑念を払拭せよ」との見出しですが、疑念だけでここまで国会時間を使うのは

 

どうなのでしょうか。

 

確実な証拠があり、それを元に追求するならまだしも、疑念だけを並べて憶測で物事を

 

でっち上げ追求しても、無いものを無いと証明する「悪魔の証明」にも限界があります。

 

重要法案審議も進んでいません。

 

そろそろ落としどころを見つけないと、この国がどうにかなりそうな気がします、

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、とんでもない事件が起こりました。

 

【産経ニュース】

https://www.sankei.com/west/news/180412/wst1804120012-n1.html

 

地域住民の安全を守る事が仕事の警察官が、自分の欲望のために拳銃を利用するという

 

事件が起こってしまいました。

 

シリアでは化学兵器を利用した爆撃が行われ、アメリカとロシアの関係が急速に悪化

 

しているし、北朝鮮の戦略の中に日米韓の分断がある中で、どのような外交戦略をとるのか

 

重要な時期にもかかわらず、国会も公務員も倫理観が薄れてきているのは、平和ボケ

 

なのでしょうか。

 

全く危機感がないことに、危機感を覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週上京しますが、国に対して大潟村が良い問題提起出来ていることが分かりました。

 

それをどう解決出来るか、探ってきたいと思います。

 

大谷選手の活躍が止まりません。

 

またタイムリーヒットを打ったようです。

 

結果を残せないと、地元からひどいブーイングがおこりますが、そのプレッシャーを

 

はねのけて結果を出しています。

 

世界で日本人が活躍しているのを観ると、とてもうれしくなりますね。

 

 


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode