天然暗渠

穏やかな天候の大潟村です。

 

大潟村の田植えもスタートしました。

 

今週末には田植えのピークを迎えそうですが、気温も上がってきているのでちょうど

 

良さそうです。

 

 

気持ちに余裕を持って、田植えを終わらせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代かき真っ最中の我が家ですが、田んぼの水回りをしていたら漏水を発見しました。

 

早速、ユンボを持ってきてあたりを掘り返したり、出口をふさいだりしましたが、

 

どうしても漏水が止まりません。

 

長年ザリガニが活躍していた穴は一つではなく、複数の穴が出来ているようなので

 

簡単に止めることは困難と判断しました。

 

その田んぼは、今年の秋にタマネギを作付けする予定の田んぼなので、排水が命です。

 

よって、この田んぼはこのままザリガニの穴を利用することにして、タマネギの排水に

 

役立てることにしました。

 

ザリガニ対策を何とかしながら、田んぼに開けられた穴を踏んづけて対応します。

 

ザリガニの穴を天然の暗渠として利用しることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大潟村の構造上の欠点を、何とか改善しようと知恵を絞っています。

 

【河北新報】

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201805/20180514_43005.html

 

無落水水田の実証が進んできており、その推進役がGPS田植機です。

 

水を落とさずに真っ直ぐ田植えが出来ますし、濁った水を排水しなくても良いため

 

一石二鳥となります。

 

さらに、無代掻き田植えには県と村からも補助金が出されることになっており、注目を

 

集めています。

 

無代掻き田植えの課題は漏水対策ですので、後ろをしっかりと踏みつけるなど対策が

 

必要です。

 

少しずつ意識を高め、取組を拡大していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

29年度補正予算を利用した産地パワーアップ事業の「一般競争入札」の公告をしました。

 

【JA大潟村 新着情報】

http://www.ja-ogata.or.jp/news/2018/20180514.html

 

一般の方が入札できる代物ではありませんが、来年2月末の完成に向け動いています。

 

良いものを適正価格で建設してもらうため、多くの企業に注目して欲しいと思います。

 

すでに2社が入札申し込みをしているようです。

 

協力できる方は、どうぞ入札申し込みをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェアプレー精神のかけらもない選手は、この世界から退場願います。

 

【TBSNEWS】

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3369283.htm

 

アメリカンフットボールは私も大好きなスポーツですが、プレーが終わった選手に対して

 

後ろからタックルをしているプレーは、批判を受けても仕方ありませんし、厳罰ものです。

 

それが、監督の指示だったと言うことになれば言語道断で、アメリカンフットボール界から

 

追放するべきです。

 

映像を見れば見るほど危険なプレーで、傷害事件にしてもいいのではないでしょうか。

 

アメリカンフットボール界は、もっと問題視して厳罰に処するべきだと思います。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode