A型

気温も上がらず曇り空の大潟村です。

 

「本当に雪の少ない年だ」と、JAを訪れる方々が言うくらい雪が少ないです。

 

その分、移動は楽ですがたまに慎重な車がいるので、移動には十分時間的余裕を

 

もっておかなければいけません。

 

朝から救急車やレスキューが出動した音がしました。

 

雪道の運転は十分気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月に長男と三男が帰ってきました。

 

千葉県にある長男のアパートへベットを持って行く途中、学生時代お世話になった

 

宇都宮で級友と会うらしく途中下車して、我々夫婦だけで千葉に行って掃除をして

 

帰ってきたのですが、昨日LINEで「体調が優れないので病院へ行く」と連絡があり

 

ました。

 

検査の結果、「インフルエンザA型」だったようです・・・

 

秋田県内の病院でも院内感染し死亡者が出ているようです。

 

【河北新報】

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190107_43039.html

 

東京では2週間も雨が降っておらず、インフルエンザ流行の兆しがあると言われています。

 

長男は、宇都宮で感染したのでしょうか?

 

車に乗っているときに「枕が合わなかったのか、体全体が筋肉痛だ」と言っていました。

 

まさか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャイアンツの巨額補強も凄かったですが、その代償にショックです。

 

【Yahoo news】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000013-sanspo-base

 

中島、炭谷、丸といった脂ののっている選手を獲得したのはいいのですが、生え抜きの

 

選手を簡単に流出させてしまうのは、ファンの方々にとってどうなのでしょうか?

 

FA選手を獲得にいくのはよいのですが、ドラフトで毎年良い選手を獲得しているのに

 

育成に重点を置かずにFA獲得で済ませるのであれば、ジャイアンツにドラフトは

 

いらないのではないかと思ってしまいます。

 

MLBのように選手の移動が当たり前のような市場ではなく、地元密着型のプロ野球で

 

簡単にベテランを放出している球団は、好き嫌いがハッキリすると思われます。

 

私は日本ハムの育成を評価していますので、金足農業吉田投手は良い球団に行ったと

 

思っています。

 

昨年の甲子園で急に注目を浴びた選手ですので、焦らずしっかりと足腰を鍛えてから

 

活躍できる選手になって欲しいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末も、秋田県の高校スポーツは例年になく活躍していました。

 

サッカーでは13年連続初戦負けでしたが、ベスト8まで勝ち上がりました。

 

バレーでも雄物川高校もベスト8まで勝ち上がりました。

 

秋田県もやれば出来ると意識が高まれば良いと思っています。

 

正月の箱根駅伝でも、優勝した東海大学のキャプテンは秋田工業出身の湊谷選手でした。

 

そういった選手が卒業後、秋田で活躍できる場所があれば良いのですが、そういった

 

環境は難しいので指導者を積極的に育てるようにして欲しいと思います。

 

トップレベルで戦った経験はきっと後輩にも役立つことがあります。

 

そういった視点で、教員採用を行って欲しいですね。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode