担い手アンケート

気温も上がり、曇り空の大潟村です。

 

今日は気温も8度まで上がる予報になっており、少ない雪がさらになくなりそうです。

 

明日からはまた気温も下がってきますが、本当に雪の少ない年となっています。

 

 

雪が少ないのは過ごしやすいのですが、異常気象に不安を覚えます。

 

あまり極端な気候にならないように、願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末に、ダイヤモンドオンラインからメールがあり、担い手アンケートを実施

 

しているという内容でした。

 

毎年農業に関する特集号が出ているのですが、アンケート参加人数が少なすぎ

 

ランキング形式などはあまり信用になりませんでした。

 

 

経営内容や経営方針、最後の方には農協に関する考え方の問いがありました。

 

私は農協の名前と役職名も出して回答しましたが、結果はまた春頃でしょう。

 

「組合員経営に積極的な職員名」と言うのがありましたので、うちの職員の名前を

 

出しておきました。

 

今後、問い合わせがあるかもしれません。

 

小さなJAだからこそ、組合員との信頼関係も強くする事ができます。

 

JA大潟村の財産は、職員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農協改革で、全国中央会組織の一般社団法人化、全農の株式会社化可能、公認会計士

 

監査導入などがうたわれ、来年度からは当JAにおいても公認会計士監査が始まります。

 

それにより経費が上昇するのですが、何よりも農協経営に公認会計士が入り監査する

 

と言う事は、より内部統制が整備されていないと経費増となります。

 

さらに低金利時代において信用事業利益が低下してきています。

 

信用で儲けた利益で経済事業の赤字を負担してきているJAにとっては、大きな痛手と

 

なり長期的な収益構造を変えていく必要が出てきます。

 

米の販売事業がないJAですので、新たな取り組みであるタマネギ事業が大きなカギを

 

握っており、安定的な産地化形成が必達となります。

 

組合員の所得向上と繋がり強化で、この難局を共に乗り切っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校でもe-Sports が始まっているようです。

 

【さきがけ新報】

https://www.sakigake.jp/news/article/20190110AK0005/

 

今年おこわなれる茨城国体では、このe-Sports が文化プログラムに始めて加わる

 

事になっており、競技としての広がりが始まっているようです。

 

コンピュータ販売会社も支援をしており、学校内でも部活動として戦い鍛錬して

 

いるようです。

 

そのような部活動が、他の高校や中学校にも波及するのはアッという間だと思いますが

 

体育会系の今年か知らない私としては、とても複雑な心境になります。

 

体を動かしている方が、心身ともに健全だと思っているのは、年寄りの見方でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始の挨拶に来られる企業が多いのですが、皆さん今年の雪の少なさを話題に

 

出されています。

 

特に大潟村は少ないようで、県南県北とも降っているところにはきちんと降ってる

 

ようですが、それでも例年に比べると少ないようです。

 

屋根の雪下ろしの事故が新聞に載っていました。

 

くれぐれも雪下ろし作業の際には、命綱などの対策を取って欲しいと思います。

 

雪がお金に見えるスキー場などは、どんどん降って欲しいでしょうね。

 

ZOZOタウンの社長のように、100万円のお年玉をくれる気前の良い社長はいませんか?

 

お待ちしております。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode