平成を振り返る

まぶしい朝日が差し込んでいますが、外は一面真っ白な銀世界となりました。

 

 

昨晩から湿った雪が降っていましたが、一面真っ白になるくらい積もるとは思って

 

いませんでした。

 

4月に入っても雪の降るときはありますので、天気を見ながら仕事を進めてください。

 

今日はこれからJAビルにて、各種団体の総会ラッシュに参加してきます。

 

車のスタットレスタイヤ交換しなくて良かった・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週をもって今年度が終わります。

 

と共に元号も変わるのですが、どんな元号になるのかワクワクする気持ちです。

 

この平成31年間、人生の大半を平成時代で過ごしました。

 

アメリカ農業研修へ出発したのは、平成元年の年で丸々2年間の農業研修を終えて

 

平成3年に帰国してからすぐに就農しました。

 

平成5年の米騒動では、大潟村の産直が全国に広まるきっかけとなりました。

 

それから10年は農業をしていたのか野球をしていたのか分からないくらいの生活

 

でしたが、その後、農業政策や村農業について考えはじめ平成10年に農業委員に

 

立候補し13年には農協理事に立候補しました。

 

16年から3年間は専務理事を務め、米販売会社の社長時代に「シブヤ米事業」を

 

やりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、平成20年には突如村長選挙に立候補し落選しましたが、とても良い経験を

 

させて頂きました。

 

民主党に政権交代したときに、戸別所得保障制度が始まり米だけの生産では米価下落

 

により所得を落とす事から、もち加工用米作付誘導を行い所得確保し85%の農家が

 

生産調整に参加することになりました。

 

その年から組合長を拝命し早9年がたち、今年農協の理事選挙が行われます。

 

振り返るといろんな事がありましたが、やはりコンビニ事業とタマネギ事業で大騒ぎし

 

2回の臨時総会を行った29年度は忘れられません。

 

これからは、タマネギの産地化に向けて最大限の努力をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの平成時代は、どのような時代でしたか。

 

家族の話題が全く無いのですが、ほとんど子供達は自分で目標を定め、突き進んで

 

くれたため親の仕事はあまりせず、妻に任せっきりだったかもしれません。

 

男3兄弟全て野球に打ち込み、その頑張りを応援することしか出来ませんでした。

 

おかげで甲子園にも行かせてもらい、岩手県の方々にもお世話になりました。

 

今でも当時の父兄の方々と懇意にさせてもらっていますが、その当時の楽しい思い出が

 

よみがえります。

 

それぞれ社会人になり、給料をもらいながら人生設計をおこなっていくでしょう。

 

陰ながら応援していこうと思います。

 

皆さんも振り返ってみると、良い思い出がよみがえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にもお知らせしましたが、今週末農協の年度末になり棚卸し作業がおこなわれます。

 

3月31日(日)は休業となりますので、ご了承ください。

 

必要な資材は、土曜日までに調達をお願いします。

 

4月1日からは通常営業となります。

 

よろしくお願いします。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode