備蓄米

気温が上がらず、寒い朝を迎えた大潟村です。

 

今日が最高気温11度で明日が9度という予想になっており、ハウスに入った苗も

 

一休みと言ったところでしょうか。

 

今日はこれから雨が降る予報になっており、明日の朝方まで降るようです。

 

まだ田んぼ耕起終わっていませんが、この連休でやっつけます。

 

 

ずっと赤いよう日になっているのもびっくりしますが、農家にゴールデンウィークは

 

ありません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝の桜菜の花ロードですが、満開状態で少し花びらが散り始めてきました。

 

 

この気温なので、少し長く見られるのではないでしょうか。

 

 

見頃となっていますので、ぜひお越し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、JAビルにて組合長会議が行われ、備蓄米の積み上げ要請がありました。

 

県農林水産部次長も参加し、現在の備蓄米積み上げ状況の中で秋田県の進捗状況が

 

進んでおらず、危機感を全面的に出しながらの説明会でした。

 

備蓄米の落札価格が13,850円/俵くらいとなっており、税込み14,958円/俵です。

 

あきたこまちのようなメジャーな品種ではなく、B銘柄で良いとなっているため

 

多収品種を渡せることになります。

 

B銘柄で14,958円はとても魅力ですが、30年から国による生産目標数量配分が

 

廃止され、実需との繋がり強化をうたってきましたが、ここへ来て備蓄米への出荷

 

要請となったことに反発している発言も分かります。

 

一度取引を開始し始めている業者をここできるわけにいかないため、悩ましいことも

 

分かりますが、国や県はそんなことお構いなしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで出てきた案は、全農あきたへ委託販売契約したお米の中からB銘柄を全農自体が

 

備蓄米の入札価格で買い取りし備蓄米へ出荷すると言う案でした。

 

全農も販売先との契約が進まず、苦労している状況や販売状況に減速感がうかがえるため

 

平成25年・26年産米のような大幅な米価下落になった年と同じような兆候が見えるという

 

事でした。

 

国として水田面積を減らさず米価を維持する為に、備蓄米と並び飼料用米を米の消費先

 

として多額の補助金を着けて来ました。

 

備蓄米を増やしても飼料用米が減っていてはなんにもなりませんが、実際飼料用米が減り

 

その分備蓄米に回っているようです。

 

いずれB銘柄が備蓄に回ると低価格米が無くなるという状況になり、また米価が上がる

 

こと消費が減退します。

 

米価が下がると離農者が多くなるのも問題だという話も出て、一体どうなるのかわから

 

ない状況です。

 

国が関与しすぎると市場形成がゆがんだ形となり、誰も得せず米農家が消滅するのでは

 

と心配になってきます・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週はとても忙しい日々でした。

 

土曜日までに種まきを終わらせ、日曜日に愛知県の加藤君の結婚式に出席しました。

 

 

中国、台湾など海外を飛び回り、私にも大きな刺激を与えてくれます。

 

今後は奥さんと2人で、愛知県のみならず日本農業に新風を吹かせてください。

 

月曜日の早朝に秋田に帰り、JA秋田園芸事業キックオフ大会に出席しました。

 

 

佐竹知事も園芸メガ団地のさらなる推進に力を入れているため、大変上機嫌でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火曜日に理事会をこなし、水曜日には農政要請活動のために上京し、県選出国会議員

 

の方々と意見交換させて頂きました。

 

 

大潟村の土地改良事業である用排水施設更新のための設計費参入のお礼と、水質改善

 

に対する意見交換をさせて頂きました。

 

その後、食料・農業・地域政策確立全国大会へ出席しました。

 

 

次の日の朝一の飛行機で秋田へ帰り、中央会理事会や組合長会議をこなしました。

 

今日はこれからJA共済事業スタートフォーラムへ出席してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨晩は、農林水産省杉中予算課長と村長を含めてお酒を飲む機会があり、いろいろと

 

意見交換させて頂きました。

 

水田農業に対して意見もいただき、いろんな農林水産省意見もあるんだと思いました。

 

大潟村は国との繋がりも重要なので、これからも訪問していきたいと思います。

 

10連休ってなに?

 

この連休中でうちで仕事体験してみたい方は、いつでもご連絡ください。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode