一秒を削り出せ

快晴の大潟村です。

 

まだまだ田植え最盛期ですが、今日は朝から強風です。

 

朝4時半に田んぼで会議をして、早々に今日の田植えを中止しました。

 

朝のうち風が弱いときに植えてしまおうと思っていましたが、かなりの強風に

 

明日の午後からやることにしました。

 

 

明日は1か月ぶりくらいの雨となりそうです。

 

ゆっくりと田植えをやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末も天候に恵まれ、最高の田植え日和となりました。

 

土曜日は弟が息子の野球でいないので、私が久々に田植え機を運転しました。

 

集中力が途中で途切れそうでしたが、何とか無事に終えることができました。

 

 

日曜日になると人があふれるくらいだったので、私が田んぼの対岸で田植え機を

 

待ち受け、ターンするときに同乗し苗の継ぎ足しを手伝うことで、運転手が30秒程

 

早く出発できます。

 

レースをしているわけではないのですが、日曜日は5枚ほど(6ha)田植えをする予定を

 

組んだため、どうやったら早く終われるかと考えた結果、対岸で待ち受けることに

 

しました。

 

その結果、朝5時から植えはじめて夕方5時には5枚の田植えを終えました。

 

最後は1枚2時間かからずに終わりました。

 

こんな高速な田植えを何歳までやることができるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年産米の田植え動画を撮影しました。

 

人がたくさんいて、余裕があると動画撮影の発想も出てきます。

 

 

風があったので水がよってしまい、マーカーも見えずらくなります。

 

こんな時、GPS田植え機があれば問題なく真っすぐに植えることができますね。

 

次回田植え機更新の時にはGPS田植え機となるでしょう。

 

クボタでは、10条植えGPS田植え機ができたようで、デモ機レンタルの話もある

 

ようです。

 

大潟村には必需品になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨がほとんど降らないため、タマネギの畑も乾燥している状況です。

 

 

何回も水を入れようかと思いましたが、営農指導員は「火曜日の雨を祈りましょう」

 

と勧めてくれたので、明日の雨を待つことにしましたが高確率なので恵みの雨と

 

なりそうです。

 

 

他の圃場でも生育が順調なので、収穫時期が楽しみです。

 

今年は県内においても販売開始しますので、お楽しみに。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode