タマネギ収穫スタート

久々に曇り空の大潟村です。

 

気温もいつもより低く風があります。

 

半袖だと寒い感じがします。

 

先週から雨マークがついては消え、ついては消えでタマネギの田んぼもカラカラです。

 

田んぼの水も泥カナとアオミドロで表面が覆われている状況です。

 

水を落として乾燥させることにしました。

 

こんな小雨は今までありませんでしたが、梅雨入りした後が怖いと感じています。

 

そろそろ雨降っても良いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

タマネギが乾燥施設に搬入されました。

 

 

一番先に播種され植え付けされたタマネギです。

 

マルチもしていたので、生育が良すぎるくらい成長しトウ立ちしたタマネギも多い

 

圃場からの収穫だったようです。

 

昨年に比べるとタマネギの大きさは格段に違います。

 

 

昨日で1泥灰鵐謄複苅圧,曚鋲ったきたようですが、これから10日ほどで乾燥が

 

終わり調整作業が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテナを4段積み上げるのですが、4段目にフォークリフトが届かないため

 

3段目と4段目を一緒に積み上げているようでした。

 

 

総会が終わると固定資産の取得が行われますので、その時には4段目に届くフォーク

 

リフトが活躍してくれると思います。

 

田んぼ条件によって生育がバラバラなため、来年の作付けに向けての検証が必要に

 

なってきます。

 

 

まずはこの乾燥施設を一杯にして、どんどん出荷できるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防衛省の不始末で、計画は白紙になってしまいました。

 

【産経ニュース】

https://www.sankei.com/politics/news/190610/plt1906100011-n1.html

 

データ間違えに居眠り、伸長に慎重を期さなければいけない事案に対して、あまりにも

 

軽率な行動に誰も何も信じられなくなってしまうのは当然かもしれません。

 

自衛隊マニアと言われる佐竹知事も怒っている状況では、なかなか前に進めることも

 

ままなりません。

 

最近は、国会議員や国省庁の重みが無くなってきていると感じるのは私だけでしょうか。

 

隠蔽、不祥事、不適切発言、批判ばかりの野党などなど、国民が誇れる議員、組織から

 

かけ離れてきているように感じます。

 

しかし、国防は国を守る重要な案件ですので、住民にも説明は必要ですが、国に奉仕

 

する気持ちも少しは必要だと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢の対決が実現しました。

 

【HUFFINGTONPOST】

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cfc86bae4b04e90f1ca8378

 

花巻東先輩後輩対決がMLBで実現し、大谷翔平選手が先輩の菊池雄星投手から6号

 

ホームランを打ちました。

 

試合後、そのホームランボールを「学校に送りたい」と言っていたので、佐々木監督の

 

元へ対決の結果が届けられるのでしょう。

 

教え子がMLBにいくだけでも凄いのに、しかも2人のMLB選手対決が実現し、本塁打

 

がでるとは監督にとってもうれしいことだと思います。

 

これからも日本の野球少年に夢を与えて欲しいと思います。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode