高収益作物1,000ha

曇り空の大潟村です。

 

すでに気温も上がってきており、朝からジメジメとしていましたが、出勤前に一雨

 

降り益々ジメジメとしています。

 

今週は仙台、東京と出張に行ってきましたが、仙台は梅雨空で霧雨が降っており

 

肌寒いような感じでした。

 

東京に行っても同じような天候で、東北太平洋側や関東地方では日照不足も報道

 

されており、野菜などには影響が出ているようです。

 

稲への影響はまだ報じられていませんが、これからの天候が収量に影響するので

 

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北農政局農村振興部に陳情要請活動をしてきました。

 

高居部長からは「大潟村が今後どのような農業をするのかが重要であり、そのための

 

整備事業であるという位置づけである」と言う今まで通りの説明がありました。

 

将来的な高収益作物1,000haを実施してどのような未来を描くのか、今後我々が説明

 

するときに必要な部分だと感じてきました。

 

まだまだたまねぎ事業が始まったばかりであり、実質2年目ですが思い通りにいかない

 

部分が分かってきましたので、課題を整理し来年の収量向上に向けてがんばります。

 

まず畑作には、暗渠排水と土づくりが重要な要素となるため、有機質肥料などの選定を

 

行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り際に、農業短大卒業以来の同級生に再会しました。

 

最初は誰だか思い出すのに時間がかかりましたが、東北農政局農村振興部設計課課長補佐

 

となっており、頑張っているようでした。

 

大学では農業工学科を専攻しており、寮では私の部屋の近くでしたのでしょっちゅう

 

会っていました。

 

もう50代ですので責任ある立場となり重要なポジションを任されるような年齢になって

 

いるんだと思いました。

 

今後とも連携を取りながら、大潟村農業発展のために頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京では、選挙が終わったばかりの秋田県選出国会議員の金田勝年衆議院議員と

 

懇談を行い、選挙結果と今後の影響についていろいろと意見交換させて頂きました。

 

陳情要望活動を行う上で重要なのは、与党の先生の後押しを頂きながら農林水産省

 

への陳情要望活動をおこうなうことが大きな力になり、予算獲得に向けての説得力

 

となります。

 

団体のトップとしては、そういった力を借りないと進まないこともあります。

 

今回は、農村振興局の次長や局長が代わったので、牧本局長と奥田次長に今後の

 

予算獲得に向けて陳情要望をしてきました。

 

どこへ行っても、大潟村がたまねぎ事業に取り組み始めたことに注目をしており

 

着実に結果を出さないといけないという思いを強くし帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1,000ha規模の高収益作物を推進するために、「何が必要か」村と土地改良区、JA

 

が一体となって考えて行く必要があります。

 

「予算が付いたから後はJAがんばれよ」では済まされません。

 

そんな考え方では、今後他の予算獲得に支障が出てしまいます。

 

そんな中で、タマネギは機械化一体体系を取れ面積拡大も目処が立つようになりました。

 

大潟村の特産であるかぼちゃやメロンは、人手が必要となるためその時期の人の確保

 

が重要になります。

 

JICAにも話を聞きに行き、いろんな情報を頂いてきました。

 

安い労働力確保のための外国人労働力確保ではなく、相手国の地域農業発展もあわせた

 

展開を考えられるように調査を行っていきたいと思います。

 

どうやって高収益作物1,000haを達成するか、みんな責任があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣岩手県はとんでもない選手の出現で、注目度ナンバーワンになっています。

 

【日刊スポーツ】

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201907240000067.html

 

160km/h男、佐々木投手を花巻東高校が攻略できるかポイントです。

 

全国の高校野球ファンは大船渡の甲子園出場を待っているでしょうね。

 

泣いても笑っても後1試合しかありません。

 

全力で頑張って欲しいと思います。


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode