タマネギ植え付け2019

秋晴れの大潟村です。

 

稲刈りも順調に進み、暗渠作業が始まっています。

 

田んぼの堅いうちに作業を進めると、来年春の田んぼを傷めずに進められます。

 

 

ここ数日天候が安定していますので、暗渠作業日和です。

 

機械作業ですので、事故の内容に進めてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲刈り作業と並行して、タマネギの植え付け作業の準備を進めました。

 

まずはタマネギの葉切作業。

 

 

今年は長めにして2回目の葉切作業でした。

 

 

葉切作業をしていても、タマネギを輪切りしていいるような刺激が目に来ます。

 

同じタマネギなので、何かしらの成分が出ているのでしょうね。

 

田んぼでは、必要な肥料成分をまきました。

 

たい肥や石灰、リン酸など数日間かかって田んぼにまいたので、土壌の酸性化を

 

防いでくれることでしょう。

 

 

この3mライムソアは、岩手の友人から借りてきました。

 

 

2年目の田んぼは、昨年と比べてかなり砕土率が上がりました。

 

やはり、土づくりは重要です。

 

 

田植え機のようなものですが、スピードが違います。

 

今年は、2haのタマネギ植え付けとなりました。

 

苗づくりは重要ですが、家内がこの2か月間しっかりと管理してくれました。

 

来年は、今年以上の大きいタマネギになるように肥培管理に励みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

来週には種苗交換会が始まります。

 

このころは天候が荒れ、みぞれになることもあるのですが、今年は天候が安定している

 

ようなので楽しみにしています。

 

【種苗交換会 大館市】

https://shubyo-odate.wixsite.com/home

 

【種苗交換会 JA秋田中央会】

http://www.ja-akita.or.jp/syubyo/konkai

 

大館市が会場となっています。

 

多くの方々の来場をお願いします。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode