大潟村カップリングイベント開催

 昨日秋田はこの夏最高気温を迎えました。

暑い中の農作業や野球観戦には、体調管理をしっかりとして望んでください。

この気温だと熱中症にかかりますよ、本当に。






さて大潟村ではカップリングイベントを開催するようです。

【日時】8月14日(日) 15:00〜18:00

【会場】大潟村役場となり ふれあい広場

【対象】20〜45歳ぐらいまでの独身男女

【参加費】男性4,000円、女性3,000円

詳しくはこちらへ→  http://www.ogata.or.jp/news/detail.html?id=1975






全国的に震災後の婚約が増えているようです。


ネットでは「未曽有の災害に直面して孤独感にさいなまれ、人との絆を持ちたいとの思いが

広がった、との見方もある。」
とのことです。

しかし出会いがないことには、何事も始まりません。

そんな出会いがない方々の為に、青空と星空の広い大潟村で出会いの場を提供いたします。








私たちの時代は、ねるとんパーティーなるものがよくあったような気がします。

今考えると、一度はパーティーに参加してみたかったと思います。

動かざるして幸せは来ませんよ!

パートナーの決まっていない方はぜひ参加してみては。


福島産牛肉

なでしこジャパン!優勝おめでとう!

とても明るい話題で勇気をもらいました。

今日は30度越えの予報の大潟村です。






この連休中に出たニュース、福島県において放射性物質を含んだ稲わらを

食べた牛の牛肉が秋田県内の店舗で販売された件。

私がそのニュースを聞いたのが金曜日の夜のニュースでした。

早速、生活課の職員に連絡し、牛肉について調べさせました。






その時の職員の説明では「県内産の牛肉しか取り扱っていないはずです」でした。

翌土曜日に課長から連絡が入ったときにも、同じ説明で店舗の入り口に張り紙を

張り出すことを了承し、あたかもアグリでその牛肉が販売されたかのような報道に抗議することに

しました。






いろんな方々から「アグリであの牛肉販売していたんだって?」と聞かれます。

その報道を見たり聞いたりすると、大潟村住民は「アグリしかない!」と思います。

一律「店舗」と発表するのではなく、大潟村では「飲食店」と発表して欲しかったです。






報道する方は「発表のままだ」というのでしょうが、せめて確認をして欲しいと思います。

その報道を打ち消すための労力の方が、はるか膨大で疲れます。






正確な数字を報道することは大切ですが、正しい知識も一緒に報道して欲しいと思います。

今後、日本の農産物には放射性物質が少なからず影響してくるでしょう。

しかし、その食品を口に入れたとしても影響がないことを、説明しないとパニックになります。

現に影響のない食品を探すために、情報が錯綜しています。






口に入れてしまった放射性物質をどのような食べ方によって排出できるのか?

と言った知識も必要になってきます。

日本人は自分で確かめもせずに、大衆心理に流されやすい国民のようです。

だからこそしっかりとした知識の情報が必要だとつくづく感じました。


農業近代化資金

曇り空の大潟村です。

どうやら台風が日本に迫っているようですね。

台風6号、アジア名「モーゴン」と言うらしいです。

アメリカでもそうですが、ハリケーンなどにも名前が付いています。

なぜ日本は名前を付けないのでしょうかね?

誰か知っている人はいるでしょうか。






さて農家にはとても有利な資金貸付制度があります。

その中に「農業近代化資金」というものがあります。

これはそもそも「農業近代化資金融通法」というものがあり

 農業者等の経営の近代化に資するため、融資機関が当該農業者等に対して貸し付ける資金

とあります。

長期的に低利で借り入れできる資金です。





今回の農業近代化資金は

利率は0.65%

9月15日以降導入するもので

○農舎○自脱コンバイン○運搬用器具(ダンプなど)○作業機○育苗ハウス○小土地改良

などが対象です。

受付期間は7月25日〜8月10日までです。


さらに(テレビショッピングではありませんが・・)

認定農業者で戸別所得保障制度に参加している方は

貸し付け当初から5年間に限り、特例利息なんと0%





詳しくは経営課へご相談ください。






昨晩は、高校野球界で引っ張りだこの指導者と話をしました。

高校野球に対する考え方や練習方法などを伺うことが出来ました。

また現プロ野球選手の裏話や大学生の事情など、ものすごい情報量です。

昨日は選手達に熱心に指導され、悪い点を修正してもらったようです。

そのまま良い結果となってくれるといいですね。

暑い夏開始

なでしこジャパン!やりましたね。

日本の国旗を背負って戦っている日本人を見ると感動してしまいます。

ここまで来たら優勝ですよ!がんばってください。






今朝草刈りをしていると、トンボが飛んでいました。

写真もなく種類も分からないのですが、季節が進んでいるんだと感じた瞬間です。

トンボと言えば赤とんぼで秋をイメージしますが、違う種類のトンボはどんどん飛び立ちます。

今度調べておきます。





先日お話しした米先物取引試験上場(2年間)が、8月8日からスタートするようです。

米の先物には、JA生産者団体から強い反発があるようですが

生産者としてしっかり見極めることが大切です。

JA大潟村でも、お盆過ぎに講師を招いて勉強会を行う予定です。

今までは、米の値段も決めずに契約栽培していたようなものですから・・・





今日からいよいよ甲子園予選秋田県大会が始まります。

大潟中学校出身の選手も3名ベンチ入りしています。

今年は予選の審判にはたちませんが、一大イベントです。

しっかりと目に焼き付けようと思います。


かけはし

今朝の大潟村は曇り空で過ごしやすいスタートです。

朝の草刈り時点の気温も昨日とは全く違います。






先日、JA秋田中央会から発行している「かけはし」と言う雑誌の取材がありました。

その日は日程が詰まっていたため30分の取材でした。

6月はJA組合長の改選期にあたるところが多いので、組合長を取り上げた記事を書くとか。

中央会の広報課の職員と、インタビュー担当、カメラ担当と三人が来ていました。







稲作専業地帯の専業農家群の大潟村の特徴や、組合員のJAに込める思いを伝えました。

可能な限り「合併せずに自主運営をする」と言う事が組合員の望みであること。

それには財務体質のさらなる強化と職員待遇見直し。

世代交代してきた後継者との情報共有強化と最新の農業情勢提供。

何よりも信頼関係強化を30分で説明しました。







また今のJA界の問題点も指摘しました。

農家のための行動なのか、組織を守るための行動なのかによって

行動の仕方が違うはずなのに、すべて上部団体で決定し議論をしていない!と。

そのほかにもかなり露骨に批判してしまったので、記事になるのか心配です。







JA大潟村は上部団体のためのそしきではありません。

大潟村組合員の為のJAです。




来月の「かけはし」が楽しみです。

米先物取引

 東北地方も昨日梅雨明けし、一気に外気温が上がりました。

JA会館内も今まで我慢していましたが、さすがに昨日からエアコンのスイッチを入れました。

おかげで会館内は外よりはかなり快適です。






先日新聞紙上で「米先物取引試験上場決定」とありました。

75年前までは堂島で米先物取引が行われていました。

その後の食糧難から廃止されましたが、農林水産省が認可しました。






これに対して一斉に反発しているのが我がJA界と自民党。

なぜにそんなに反発しているのでしょうか?

まだJA単協レベルでも議題に上っていないのに、いち早くデモ行進を行うらしいのです。

今までの価格形成に食管法下では政府が決めていて、その後はJA全農や卸の

流通業者が価格形成を行ってきました。






しかし、同業者ばかりでの価格形成は、上げならずっと上げ、下げならずっと下げと

極端な価格動向でした。

それをいろんな投資家の目や情報で、価格変動をなめらかにしてくれる期待があります。

よってまだ議論もせずに反対行動だけするのはどういうことでしょう。






私の感覚では、農家自体は契約栽培のような形で、もうけそこねはあるでしょうが

リスクは限りなく少ないように感じます。

今の米価は秋にならないと分かりません。

アメリカでは、秋の穀物価格も分からずに栽培するリスクの方が遙かに高いリスクだ!

と言って収穫量の半分は先物で契約しています。





すぐに反対だとは言わずに、自ら勉強してみましょう。

JA大潟村でも8月下旬に「米先物取引の勉強会」を開催する予定です。




〜進歩とは常識を疑うことから始まる〜(堺屋太一元大臣)




いろんな角度から意見交換することが大切だと思います。

言われるがままほど無責任なことはありません。

国を思う気持ち

 週末から寝苦しい日々が続いています。

我が家の寝室は、2階にあるため屋根の熱で夕方からは蒸し風呂状態です。

そのまま深夜を迎えるため、扇風機もかけていますが汗だくです。

とても気持ちの悪い寝起きです。





日本にとってとてもうれしいニュースが入ってきました。

なでしこジャパンがドイツを破りベスト4入りを成し遂げました。

0−0で延長戦に突入し、丸山選手が決勝のゴールを決め守り抜きました。





その丸山選手の試合後のインタビューで

「多くの日本人サポーターの応援があったので、日本のために頑張りました!

と言っていました。

今世界で戦っている日本人が日本のために頑張ると言う姿は

とても輝いて見え尊敬してしまいました。





「誰かのために頑張れる」そんな気持ちあるだけで仕事に張りが出ます。

モチベーションを高めていく為に必要なきっかけは、いろんな所にあるものです。

私たち上司からもそんなきっかけが作れるような言葉を伝えられるように勉強します。





サッカーも盛り上がってきました。

息子達の野球も甲子園予選が今週始まります。

親としても貴重な体験をさせてもらっていますので、応援も頑張ります。

息子達同時甲子園出場が希望です。

信頼の構築

曇り空の東京です。



7月に入り秋田も日増しに暑さが増していますが、


やはり東京は秋田に比べると別格の蒸し暑さがあります。




東京で感じた節電対策ですが、


昨日訪れた会社事務所ではエアコンの温度を高めに設定しながら、

扇風機も併用するなどの工夫をしていました。


駅構内でも冷房を切っているお店がたくさんありました。




暑さはこれからが本番ですが、皆さんの努力によりきっと乗り越えられると思っています。




 


さて、連日なにかとニュースで取り上げられている原発ですが、


ここにきて「やらせメール」「ストレステスト」など新たな火種が発生しています。




民意が偽装された「やらせメール」によって電力会社に対する不信感は、

一層拡大されたことでしょう。





また、一度は停止中原発に対して安全宣言を出した後の「ストレステスト」の実施は、

政府の方向性のブレを感じます。


 



組織を維持運営していく以上、地元住民・利用者との信頼関係は何よりも重要です。




それはJAも同じこと。




先日のJAの総会においても、組合員から、職員のコンプライアンスに対する質問と、

総会に臨む役職員の姿勢に対する意見が出されました。





信頼の構築は時間が掛かりますが、

なにか問題が起きると一瞬にして不信へと変わってしまいます。



JA大潟村としても、これからも組合員、利用してくださる皆様との信頼関係構築に

向け努力を続けてまいります。





震災復興と共に

 朝から気温上昇中の大潟村です。

田んぼで少し動いただけで汗をかいてしまいます。





今朝のテレビでは、2018年の冬のオリンピックが韓国平昌に決定したと報道されていました。

同じアジア地区としてとてもうれしいことです。

冬のソナタの舞台にもなった場所のようです。

東京も2020年夏のオリンピック誘致に精力的のようですが、ぜひ手を挙げて欲しいと思います。






特に今年の東日本大震災により、日本経済はかなりのダメージを受けています。

東京オリンピックが決まれば、震災復興にも弾み付くだろうし

何より目標と希望をもらえるような気がします。

そして復興を遂げた東北地方も観光地となり、東北の経済にも良い影響を与えると思います。

他の国も必死にアピールしてくるでしょうが、石原都知事に頑張ってもらいたいですね。





その前に日本の政治を何とかしなくては話も前に進みませんが・・・






今日はこれから出張で東京へ行ってきます。

東京は30度を超え、節電のためにエアコンも抑えていることでしょう。

どれだけ節電に努めているのか確認してきます。

ハンカチではなくタオルが必要かな?


農業融資

 昨日は、金融課経営課合同の祝賀会が行われ、招待頂きました。

5月に行われたJAバンクあきた推進大会において、わがJAが表彰されました。

「農業関連融資部門 最優秀賞」と「JAカード推進 優良賞」に副賞がつきました。





表彰当日感じていたのは、JAバンクに集まる預金は農家の大切な預金です。

本来であれば「農業関連融資部門」が一番最初に表彰され、一番良い融資だと思います。

しかしJAバンクの位置づけは、そんなに高くなく不思議に感じていました。

今現在は、農業を専業としてがんばっている農家が少なく、積極的に投資が出来るような

米価でもありません。

JAバンクとしては、集めた預金を運用しなくては利息を払えないのは分かります。

JA単独で運用できるような力もありません。

やはりJAバンクという巨大組織の力も必要です。

農家の大切な預金を安全に運用しながらしっかりと決まった利息をお支払いする事が

何よりも大切なことであり信頼だと思います。

が、農業融資の実績をもっと重要に扱ってほしいと感じました。





JA大潟村は合併せずに単独で運営していくという高い意識があります。

そのためにも農家に信頼され相談されるJAにすることが大切だと感じました。

本来の目的である「農家のためのJA」と言う事を忘れずにがんばります。





就任して1年がたちましたが、課の飲み会に招待されたのは初めてでした。

JA内部では積極的にメールを使った情報共有を心がけていますが

飲み会の席においても言い合える環境も大切な場だと感じました。

とても有意義な会でした。

ぜひ他の課も積極的に招待してください。

お待ちしております。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode