信頼

気温が下がり曇り空の大潟村です。

 

最高気温も14度ほどとなっており、肌寒いですが稲刈りに向かえます。

 

来週にかけて台風接近の情報もありますので、その前に稲刈りを終わらせたいものです。

 

今後の情報に注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

日産に続き神戸製鋼でも長年の不正が発覚しました。

 

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/articles/20171018/k00/00m/020/098000c

 

かなり以前からデータ改ざんしていた可能性もあり、企業の検査業務に対する考え方が

 

一般の企業とはかけ離れていた可能性があります。

 

今までの検査業務においても、問題を指摘されたときにすぐに対応したため問題の発覚が

 

起きなかったようですが、問題解決せずに業者対応だけにしていたツケが噴出しました。

 

これほどの大企業であれば法令遵守に対する部署もあるはずで、それも機能していなかった

 

となれば、相当な隠蔽体質の企業と言えるのではないでしょうか。

 

一度失った信頼を回復させるには、長い時間がかかります。

 

日本を背負っている大企業は、日本の信頼を回復させるためにももう一度法令遵守の企業

 

体質改善を行って復活して欲しいともいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風21号の情報が出ていますが、来週には本土上陸となるのでしょうか。

 

【Weather News】

https://weathernews.jp/s/topics/201710/180015/

 

世界の情報機関が予測進路図を出しています。

 

 

米軍の最新予想進路情報はこうなっています。

 

 

どう見ても本州直撃のようです。

 

こんな進路予想情報は外れて欲しいものですが、信頼できる情報ですので困ります・・・

 

うちの稲刈りはどうしましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衆議院選挙も後半戦に入りましたが、選挙演説会においての妨害は法律違反です。

 

【BLOGOS】

http://blogos.com/article/252837/

 

ある組織が積極的に選挙演説会に集結し、選挙妨害を行っていますが、それはれっきとした

 

法律法律違反であることを理解しないといけません。

 

街頭演説とは違い選挙演説での妨害行為は、法律でもしっかりと違反であると明記されて

 

いますので、それを知らないのかあおっているのか分かりませんが、見苦しいものです。

 

選挙公示前、野党再編だと言って盛り上がっていた「希望の党」ですが、公認を受けた

 

元民進党議員が署名した公約に反した主張を選挙戦で繰り広げていると言うニュースもあり

 

選挙後の再々編が起きそうな雰囲気です。

 

ニュース報道も各社いろんな見方を魅せていますので、有権者はしっかりと見極めながら

 

投票しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末、格闘系のテレビを見ていますが、どうしても見ながら力が入ります。

 

今週末にも、オリンピック金メダリスト村田選手の因縁の対決が行われます。

 

ダウンを奪いながら判定負けという不可思議な試合で負けてしまい、コミッショナー

 

からも再戦を指示された試合です。

 

圧倒的な勝利で美味しい酒が飲みたいと思います。

 

日本プロ野球も、下克上が続いています。

 

2位が3位のチームに負け、優勝チームに挑戦します。

 

これも目が離せませんね。


週末は嵐に注意

秋晴れの大潟村です。

 

大潟村の稲刈りもだいぶ進みましたが、今日も稲刈り日和となっています。

 

遅い品種をのぞいては、あきたこまちもほとんど終わってきたのではないでしょうか。

 

今後の天候も安定しています。

 

 

この時期に稲刈りが終わるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

台風21号が発生し、週末投票日あたりに日本に北上してきそうです。

 

【Yahoo!天気】

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

 

それに伴い台風21号に着けられた名前が「ラン(嵐)」と言う事で、選挙も含めて

 

大荒れの日本にならなければ良いなと思っています。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

週末に、地元秋田2区の立候補者の立会演説に行ってきました。

 

「2区の与党が安定」という新聞記事は、地元有権者に油断をさせる意図が見え見えで

 

ここでしっかりと引き締めないといけないと危機感を持っていました。

 

今回の選挙、突然の選挙となりましたが、劇場型新党「希望の党」や排除されてできた

 

「立憲民主党」などがあります。

 

最新の情報では、自民党の支持率が高いものの政権不支持率も高いという状況です。

 

【MBS.JP】

http://www.mbs.jp/news/national/20171016/00000006.shtml

 

排除された立憲民主党が、もしかすると台風の目になるのではないかと言われています。

 

【東洋経済オンライン】

http://toyokeizai.net/articles/-/193142

 

選挙戦まだ1週間ありますので、しっかりと政治を見つめてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年行われる選抜高校野球の選考大会が各地で行われていますが、久々に秋田県チームが

 

活躍しています。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6014731371.html

 

ベスト8に2チーム勝ち残り、そのうち第一代表能代松陽高校が勝ち上がっています。

 

甲子園常連校青森の八戸学院光星高校を破り、勝ち上がっており福島の聖光学院を破ると

 

選抜甲子園確定です。

 

来年は記念大会となっており、東北から3校枠があるようなので、敗れてもこの準決勝の

 

戦い方が重要になります。

 

久々に秋田県チームの選抜甲子園出場を願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の稲刈りも、あきたこまちを昨日刈り終え、残りは晩生種ミルキープリンセスだけ

 

となります。

 

台風を控えていますので、良い時期に刈り取りを終えたいのですが、その前に籾スリを

 

しないと入りませんので、まずは籾スリ作業となります。

 

加工用米のモチを籾スリし、ミルキープリンセスに向かいたいと思います。

 

昨日は早く終われると思ったのですが、コンバインの故障があり2台で進めようと思って

 

いましたが、1台で何とかこまちを刈り終えました。

 

整備に来てくれた作業員も頑張ってくれていましたが、部品が足りず間に合いませんでした。

 

稲刈り作業ももう少しです。

 

事故無く進めましょう。


稲刈り加速

珍しく快晴の大潟村です。

 

毎日雨が降っていますが、そろそろこの時期を逃すと刈り遅れになってくると思われます。

 

週間天気予報も変わってきました。

 

 

この1週間で刈り取りを進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、秋田市で組合長会議が行われました。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20171013AK0005/

 

概算金の追加払いを決定し、うるち米に対して追加1000円をJAに対して支払います。

 

すでに各JAでは、米価高騰を受けて農家への概算金を上乗せしているJAもあるので

 

一概に追加で1000円が農家へ支払われるか分かりません。

 

全農の販売価格を14,889円/俵と変更していますので、かなり強気の様相です。

 

作況指数も100と出ていますが、刈り取り終了後にはそこまで行かないというのが大方の

 

考え方で、民間在庫がさらに圧縮されると見ていますが、米価高騰は需要を減らす可能性も

 

あります。

 

ここ10年で2番目に高い価格となっている事から、来年以降米価の変動が危惧されます。

 

大規模農家ほど、安定的な取引と価格を望んでおり、一時期の米価高騰が需要にどのような

 

影響を及ぼすか知っています。

 

飼料用米制度は、何とかなりませんかね・・・

 

 

 

 

 

 

 

できるトヨタの職員は、こういった考え方が身についているんですね。

 

【東洋経済オンライン】

http://toyokeizai.net/articles/-/191561

 

「困りごとは、改善できる”金の卵”」だそうです。

 

毎日行っている仕事でも、「ラク」に仕事をすることを考えることで、常に改善という

 

トヨタスタイルが出来上がっています。

 

困難に立ち向かおうとする姿勢がないと、いつまで経っても解決されずラクになりません。

 

困難を解決してやろうという姿勢と、常にラクに仕事をするためにどうしたらよいかという

 

姿勢をもちながら仕事を眺められるようにしたいと思います。

 

それには、1人だけでなく会社全体がそういう雰囲気を創っていく必要があります。

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この週末は稲刈りを頑張りたいと思います。

 

今年から100石3代の乾燥機を入れましたが、使い方が難しいです。

 

1台の乾燥機を満タンにするのに時間がかかれば、火を入れる時間も遅れます。

 

すると翌日の仕上がり時間も遅くなり、次の日に影響が出てしまいます。

 

天候も眺めながら、効率よく刈り取りを進めるために改善中です。

 

まずは、こまちの刈り取りを終わらせましょう。

 

その後に、ミルキープリンセスが10haありますが、立っているので安心しています。

 

これから好天が続くように願っています。


副業許可

曇り空の大潟村です。

 

風もあり、朝早くから稲刈りができるかと思えば、9時前に通り雨が降りました。

 

出鼻をくじかれるような天候に怒りを覚えますが、怒ったところで太陽が出てくる

 

事はありません。

 

グッと怒りを抑えながら、収穫を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクが副業を許可しました。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/economy/news/171011/ecn1710110032-n1.html

 

JA大潟村では副業を認めておりません。

 

組合長が認めるときは許可すると言う部分もありますが、基本的に副業を認めません。

 

全国的にヤミ残業などが問題になり、労働基準監督署が厳しく労働時間をチェックして

 

いる中で、副業を認めるというのは時代に合った流れなのでしょうか。

 

実際に、JAでも残業時間圧縮に努めた結果、給料がかなり減り仕事を続けていけないと

 

やめる臨時職員が出ています。

 

実際に、もらっていた給料が減ると言うことは仕事に対する情熱が奪われてしまいますが

 

副業を認めると言うことであれば、残業を認めた方が良いような感じがします。

 

田んぼを持っている職員は、早朝から草刈りやトラクター作業を行ってから出勤する者も

 

いると思いますが、農業は副業には入らないのでしょう。

 

そこら辺、「本業に影響が出ない範囲で副業を許可する」の判断は誰が行い、事故ある時

 

に誰が責任を負うのか、監督署の意見を聞いてみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県内2JAの合併調印式が行われました。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6014579191.html

 

当初3JAでの合併でしたが、6次産業化事業の赤字があることが問題視され、2JAの

 

先行合併となりました。

 

赤字解消後には、残りのJAも合併する方針ですが、いろいろと言い分もあるようです。

 

県内では、このほかJAあきた白神とJA秋田やまもとが合併の予定で、来年4月を予定

 

していましたが、延期になっています。

 

県北のJAかづの、JAあきた北、JA鷹巣町も話を進めていますが、予定時期はまだ

 

分かりません。

 

農協改革の中で公認会計士監査による監査費用増大や低金利時代の信用事業など、今後の

 

課題が多い中、しっかりとした財務体質を整えながら頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャープも農業関連機器の研究を進めているんですね。

 

【シャープライフサイエンス株式会社 土壌診断装置】

https://www.slsjp.co.jp/soil-analyzer

 

確かに、土壌診断を外部委託すると結構な時間が借ります。

 

それを自前で判断できるのであれば、相当使い道が出てきそうです。

 

特にいろんな作物を少ない面積で栽培している人などは、作物ごとに肥料設計を

 

考えなくてはならず、それを指導する側も大変です。

 

とても興味を持ちましたので、営農支援課とも相談したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかパッとしない天候です。

 

 

刈り取りできるときに、刈り取りしましょう。

 

10月中に終われると良いなぁ〜・・・


意欲があるかないか

小雨の降る大潟村です。

 

毎日、雨マークが付いており、なかなか稲刈りが進みません。

 

先週末刈り取ったあきたこまちは、水分が29%もありましたが賑やかになっていたので

 

刈り取ってしまいました。

 

この天候にやきもきしても始まらないので、コンバインの整備や籾スリに励みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事を見るとうれしい限りです。

 

【TABI LABO】

http://tabi-labo.com/284217/throughme-farmer

 

「本気で農業に向き合うようになったらおもしろくなった」と言っています。

 

後継者として帰ってきても、経営自体親が口うるさく言ってしまうと、農業に向き合う

 

と言うよりもただの労働者になってしまいます。

 

早いうちに経営者として農業に向き合うようになれると、いろんな発想が生まれチャレンジ

 

する気持ちも出てきます。

 

そんな自分に意欲があるか無いかで、全く経営が変わってきます。

 

「どういう農家になりたいか」という楽しいビジョンを持てるように、農協も一緒に

 

後押しできれば良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤字のハウステンボスが黒字化した理由がおもしろいです。

 

【ダイヤモンドオンライン】

http://diamond.jp/articles/-/145027

 

2回の打診を断り、3回目に背負った課題を従業員と共に解決していったようです。

 

その前に、かなりの負債を棒引きしてもらっていますので、解決が早かったのでしょうが

 

「負け癖文化」の解消が重要だったようです。

 

そこで働く従業員の体質を変えていかないと、何も変わらないと言う事が分かったようです。

 

改善した結果、ボーナスという給料に跳ね返る事が、改善の第一歩となり集客力アップと

 

次なる投資可能な好循環を生み出しています。

 

そして、黒字化するとさらなる挑戦が生まれ、地域循環につながっています。

 

さすがHISの社長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から衆議院選挙が始まりました。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171009-OYT1T50037.html?from=ytop_ylist

 

希望の党も話題性抜群ですが、中身がどうなのか判断しなくてはいけません。

 

首班指名も「選挙結果が出てから判断する」では、有権者の判断材料にはなりません。

 

もっと断言しても良かったと思いますが、どうでしょうか。

 

22日に結果が出ますので、注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本版GPSが強化されます。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/life/news/171010/lif1710100005-n1.html

 

これにより、数mの誤差が数cmにまで精度が上がります。

 

GPSの農業利用にも寄与してくれると思います。

 

それだけでなく、無人運転などの精度も上がってくると思われ、いろんな面で生活向上に

 

つながる技術革新も出てくると思われます。

 

ぜひ、大潟村の農業にも貢献してくれるような利用方法を検討していきたいと思います。

 

それに付随する機器の価格も下がって欲しいですね。


日本の技術

曇り空の大潟村です。

 

稲刈りの終わった田んぼがどんどん増えてきました。

 

もう暗渠作業を始めている組合員もおり、段取りの良さを感じます。

 

まだ条件の良い時期に暗渠作業を終わらせたら良いのですが、籾スリ作業後となるので

 

なかなか早い時期にとはなりません。

 

何事も段取りが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPS創薬治験1例目がスタートするようです。

 

【共同通信】

https://this.kiji.is/288623824717939809?c=113147194022725109

 

今回は、骨の難病の治療宇薬候補による世界初の治験になるようです。

 

iPS細胞を使った実験が進む中で、発見される治療薬が実際に使用されるのが

 

世界初と言う事は、日本の技術が進んでいる証拠でうれしく感じます。

 

まだ治療薬や治療方法が見つかっていない難病も、このような発見で完治に向かう

 

事が望まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

近大マグロが世界へ輸出されるようです。

 

【共同通信】

https://this.kiji.is/288596143449031777?c=113147194022725109

 

以前から、近大による完全養殖マグロは有名でしたが、世界に輸出するくらいの生産量

 

担っていることに驚いています。

 

世界でマグロのおいしさが知れ渡ることにより、日本に入ってくるマグロの量も減少し

 

高値になってきている状況で、安定的な金額で安定供給出来るシステムができたのは

 

とても高い技術力のたまものだと思います。

 

これからも、安定的に美味しいマグロが食べられるようにして欲しいと思います。

 

資源を創出するという、日本の技術は凄いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

連日、「希望の党」の報道が過熱しています。

 

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171006/k00/00m/010/197000c

 

小池知事は、衆議院に出馬しない方向のようですが、首班指名に誰を書くのでしょうか。

 

党首を名前を書くことのできない党議員は、どうするのでしょうか。

 

今後、その方針は示されるでしょうが、希望だけが高まり安定的な党運営がなされる

 

ような対策も考えなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

その「希望の党」の公約原案が見えてきました。

 

【Share News Japan】

https://snjpn.net/archives/32652

 

なんと「ベーシックインカム」という政策が出てきました。

 

高負担高福祉政策であり、最低限必要な収入を給付すると言う制度となります。

 

「言うは易く行うは難し」という言葉もありますが、詳細がなければ判断つきません。

 

聞こえの良い政策は風を呼びますが、言うだけ番長にならないようにして欲しいと思います。

 

安倍首相は嫌いだが、自民党とは連携も模索するというスタンスのようです。

 

二大政党実現に向けて動き出しましたが、立憲民主党という政党とも小選挙区で戦わ

 

なくてはいけなくなりました。

 

安倍首相卸だけでは戦えないので、しっかりとした公約で戦いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は雨の予報なので、今日中に稲刈りを区切りよくしておきたいものです。

 

しかし、その前に段取りがうまく整わないといけません。

 

日頃から段取りを考え、進めておかないといけませんね。

 

反省しております。

 

我が家の稲刈りは、やっと半分終わりましたが、まだまだ稲刈りは続きます。

 

ケガなく安全に作業しましょう。

  • 2017.10.06 Friday
  • -
  • 10:04
  • -

リモートセンシング

雨の降らない予報でしたが、朝から雨の降った大潟村です。

 

風もあり曇り空だったので、早くから稲刈りができると思っていたのですが、雨で出鼻を

 

くじかれた感じがあります。

 

まだまだ稲刈りが残っていますので、雨はもういりません。

 

先ほど、ドクターヘリが大潟村に来ていましたが、安全優先で作業を行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローンの農業利用が進んできています。

 

【MONOist】

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/02/news032.html

 

ヤンマーとコニカミノルタが会社を立ち上げ、農業リモートセンシングサービスを

 

展開しようとしています。

 

ドローン搭載カメラにより圃場を撮影し、その画像を元に生育を判断し、追加の施肥や

 

収量均一化に向けて指導を行っていくようです。

 

このカメラ画像と実際の収量とが一致するかどうかは、そのサンプルを積み上げるしか

 

方法はないようですが、それも積極的に展開していく方向です。

 

ヤンマーは無人ヘリでシェアトップですが、若者の興味はドローンに移りつつあり、市場

 

開拓を含めた大幅な投資となるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国産ドローンDJIは、障害物回避レーダーと粒剤散布装置を追加し、農業分野に出ています。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/economy/news/171003/prl1710030222-n1.html

 

液体散布装置はすでにあるので、粒剤まで播けるようになると利用幅が広がります。

 

無人ヘリと違い、折りたたむと1人で運べるほか、自動操縦も将来は可能になっていくと

 

考えられ、GPS機能をフル活用した農業機械になる可能性があります。

 

そこには、まだ規制があるようですが、安全を重視した体制が組めるようにして、安く

 

農家に提供できるようにして欲しいと思います。

 

イスラエルで行われた最新ドローン見本市では、700kg掲載可能のドローンも出ています。

 

【News Web Easy】

https://newswebeasy.github.io/news/web/2017/09/19/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%A6%8B%E6%9C%AC%E5%B8%82-%E9%87%8D%E3%81%95700%E3%82%AD%E3%83%AD%E9%81%8B%E6%90%AC24%E6%99%82%E9%96%93%E9%A3%9B%E8%A1%8C/

 

人を乗せ自動で目的地まで移動させるようなドローンもあるようですので、どこまで

 

進化するのかワクワクしますね。

 

 

 

 

 

 

 

血液1滴でガンの種類を特定しようと、研究が進んでいるようです。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0930.html?utm_int=detail_contents_tokushu_001

 

体調が悪くなってから病院へ行っても手遅れになる可能性があるので、初期段階で数種類の

 

ガンが特定できるのであれば、こんなに画期的なものはありません。

 

以前、シリコンバレーのベンチャー企業が同じような事業を立ち上げると言っていましたが

 

うまくいかなかったようです。

 

今回は、ベンチャー企業ではなく国立がん研究センターの報告ですので、実用化に向けて

 

着々と進んでいるようです。

 

期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月には健康診断が行われます。

 

病気の早期発見は負担が少なく、大事にいたることはありません。

 

定期的な検診を受け、健康寿命を延ばしましょう。

 

まずは、稲刈り頑張りましょう。


リモートセンシング

雨の降らない予報でしたが、朝から雨の降った大潟村です。

 

風もあり曇り空だったので、早くから稲刈りができると思っていたのですが、雨で出鼻を

 

くじかれた感じがあります。

 

まだまだ稲刈りが残っていますので、雨はもういりません。

 

先ほど、ドクターヘリが大潟村に来ていましたが、安全優先で作業を行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローンの農業利用が進んできています。

 

【MONOist】

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/02/news032.html

 

ヤンマーとコニカミノルタが会社を立ち上げ、農業リモートセンシングサービスを

 

展開しようとしています。

 

ドローン搭載カメラにより圃場を撮影し、その画像を元に生育を判断し、追加の施肥や

 

収量均一化に向けて指導を行っていくようです。

 

このカメラ画像と実際の収量とが一致するかどうかは、そのサンプルを積み上げるしか

 

方法はないようですが、それも積極的に展開していく方向です。

 

ヤンマーは無人ヘリでシェアトップですが、若者の興味はドローンに移りつつあり、市場

 

開拓を含めた大幅な投資となるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国産ドローンDJIは、障害物回避レーダーと粒剤散布装置を追加し、農業分野に出ています。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/economy/news/171003/prl1710030222-n1.html

 

液体散布装置はすでにあるので、粒剤まで播けるようになると利用幅が広がります。

 

無人ヘリと違い、折りたたむと1人で運べるほか、自動操縦も将来は可能になっていくと

 

考えられ、GPS機能をフル活用した農業機械になる可能性があります。

 

そこには、まだ規制があるようですが、安全を重視した体制が組めるようにして、安く

 

農家に提供できるようにして欲しいと思います。

 

イスラエルで行われた最新ドローン見本市では、700kg掲載可能のドローンも出ています。

 

【News Web Easy】

https://newswebeasy.github.io/news/web/2017/09/19/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E8%A6%8B%E6%9C%AC%E5%B8%82-%E9%87%8D%E3%81%95700%E3%82%AD%E3%83%AD%E9%81%8B%E6%90%AC24%E6%99%82%E9%96%93%E9%A3%9B%E8%A1%8C/

 

人を乗せ自動で目的地まで移動させるようなドローンもあるようですので、どこまで

 

進化するのかワクワクしますね。

 

 

 

 

 

 

 

血液1滴でガンの種類を特定しようと、研究が進んでいるようです。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0930.html?utm_int=detail_contents_tokushu_001

 

体調が悪くなってから病院へ行っても手遅れになる可能性があるので、初期段階で数種類の

 

ガンが特定できるのであれば、こんなに画期的なものはありません。

 

以前、シリコンバレーのベンチャー企業が同じような事業を立ち上げると言っていましたが

 

うまくいかなかったようです。

 

今回は、ベンチャー企業ではなく国立がん研究センターの報告ですので、実用化に向けて

 

着々と進んでいるようです。

 

期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月には健康診断が行われます。

 

病気の早期発見は負担が少なく、大事にいたることはありません。

 

定期的な検診を受け、健康寿命を延ばしましょう。

 

まずは、稲刈り頑張りましょう。


希望の党

曇り空の大潟村です。

 

朝から風が吹いていましたので、朝早くから稲刈りを始めた組合員もいたようです。

 

今日の夕方から雨が降る予報になっていますので、刈れるうちに刈った方が良さそうです。

 

 

明日以降は天候も安定しそうですので、一気に稲刈りも進みそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

安倍首相が衆議院解散を決め、小池新党「希望の党」が設立されました。

 

政権選択選挙に打って出たのかと思いましたが、政権選択は次の次という話もあり

 

民進党全員の受入を拒否し、踏み絵を踏ませることに反発したリベラル派が新党結党の

 

噂もあり、混沌としてきました。

 

【東京新聞】

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017100202000117.html

 

第一次推薦候補の発表が先延ばしにされ、民進党212人のうち約130人程度が「希望の党」

 

の公認を受けるのではないかと言われています。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171001-OYT1T50116.html?from=ytop_main1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「希望の党」ができる前に、民進党議員は「政権を取った際に安保法案廃止する」と

 

いっていましたが、簡単に考え方を変えて「希望の党」に入党するのは有権者にどう

 

説明するのでしょうか。

 

さらに、「希望の党」のうち2/3は民進党出身者であり、小池党首は衆議院に出馬しない

 

となると複数名の代表で党運営を行い、民進党出身者が副代表で国会議論を行う可能性が

 

あります。

 

若狭前衆議院議員は、民進党からの選挙資金は入れずに選挙を戦うといっていますが、

 

民進党出身議員は民進党からの選挙資金を当てにしながら選挙を行うでしょう。

 

これらの矛盾をどうやって国民に説明していくのか、都政運営と二足のわらじが国民に

 

どう映るのか、選挙でハッキリと結論が出ると思います。

 

この選挙期間、いろんな情報を得ながらしっかりと投票しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月26日に行われるドラフト会議に向けて、高校生のプロ野球志望届がどんどん出ています。

 

【日本高校野球連盟 プロ野球志望届】

http://www.jhbf.or.jp/pro-aspiring/2017.html

 

秋田県からも大曲工業高校藤井投手が志望届を提出しています。

 

その中で、夏の選手権を制した花咲徳栄高校からは3名も出ています。

 

それだけ良い選手がいたからこそ、夏の選手権大会を制することができたのでしょう。

 

岩手県の花巻東高校からは、ベンチ入り外の選手が志望届を提出しました。

 

いろんな事情でベンチ入りがかなわなかったのでしょうが、挑戦することは良いことです。

 

4年前の高校三年生であった、花巻東高校から日本大学に進学した千葉翔太選手はまだ提出

 

していないようです。

 

【SPORTIVA】

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2013/08/20/post_280/

 

あのカット打法は、プロでも通用すると思うのですが、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲刈り中のケガは、大事故につながる可能性があります。

 

籾積載車の運転や機械整備、コンバインの詰まりなど機械を止めてから行いましょう。

 

この秋もケガなく収穫作業を終われるようにしましょう。


ウルトラC

気温も下がり、小雨の降る大潟村です。

 

明日も傘マークが付いており、週間天気予報も安定しません。

 

 

日に日に天気予報は変わりますので、天気予報を睨みながらの稲刈りとなりそうです。

 

籾を積んだダンプの運転には気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、衆議院を解散し選挙戦に突入しますが、大きな動きがありそうです。

 

【日経新聞】

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H69_27092017EA2000/

 

民進党は今回の選挙において、党の公認候補は出さない方針のようで、解党に近い分裂

 

となりそうです。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/politics/news/170927/plt1709270100-n1.html

 

自民党も一番良いタイミングで解散を行いたいと今の時期にしたと思いますが、ウルトラC

 

により選挙戦苦戦しそうです。

 

本当に実現するのか、今日行われる民進党の両議員総会において結論が出るようですが

 

そう簡単にはいかない気もします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほども、秋田選挙区2区の秘書の方が来ていましたが、今回の動きにビックリしてました。

 

先日行われた理事会においても、農政連支部推薦をどうするかという議題に、現職の応援を

 

決めさせて頂きましたが、地域としても変な風が吹きそうな感じがします。

 

安倍政権を倒すためだけに野党集結をはかっており、政権交代に迫りそうな雰囲気ですが、

 

その後の政党運営に課題は山積していると思います。

 

先日民進党党首選挙が行われたばかりですが、支持率も上がらず選挙の受け皿にもなれない

 

と言う現状を、政党乗り換え議員多数の新党「希望の党」で戦おうとしています。

 

民進党のイメージは、政権を任せられないというマイナスイメージが定着しており、このまま

 

ではじり貧と見た前原党首の解党的集結で乗り切れるのか、民進党では改革できなと離党した

 

議員がすんなりと受け入れられるのでしょうか。

 

感情的なものよりも選挙当選を優先させるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日夕方、雨が降る予報でその前に終わらせようと、皆さん稲刈りを頑張ったようです。

 

我が家でも、たつこもち7.2haをちょうど刈り取り終わりました。

 

最後の2.7ha分は、水分が30%を大きく越えていましたが、倒伏していたのと今後の天候

 

をみて発芽の危険性があったので、刈り取ってしまいました。

 

今年から乾燥機を更新し、格納庫を大きくしたのでフルにその機能を使わせて頂きました。

 

そうでなければ、一日刈り取りを休みこの雨のあとに刈り取りを行わなければならない

 

状況でした。

 

あきたこまちの収穫をいつから始めようかと思案中ですが、天気が安定しないのでなかなか

 

予定が立ちません・・・

 

楽しみながら稲刈りしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウルトラC」という言葉は、おじさん世代の用語のようです。

 

【NEVERまとめ】

https://matome.naver.jp/odai/2146741515291820401

 

もともとは体操競技の用語だったようで、C難度のひねり技が当時の最高難度だったため

 

使われていたようですが、今ではとっておきの秘策という意味で使われています。

 

今現在の最高難度はI難度だそうで、C難度では時代遅れになっています。

 

よって、若い世代には通用せず、おじさん用語になっているのを今日知りました。

 

I難度ってどんだけのひねりを加えないといけないのでしょうか・・・

 

私には必要ありませんが、気になりました。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode