支店代理店化

一面真っ白な朝を迎えた大潟村です。

 

いつの間に雪が降っていたのだろうと思うくらい、シンシンと雪が降っていたのでしょう。

 

まだ雪が降る季節で、もう少しゆっくりしなさいと言ってくれてると解釈しましょう。

 

こんな事では、西日本の農家の方に怒られそうですが、雪国は大変なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の日本農業新聞一面に、山本農林大臣が「信用事業譲渡・代理店化」を真剣に検討

 

するように要請したようです。

 

【農業協同組合新聞】

http://www.jacom.or.jp/column/2017/03/170301-32143.php

 

先日、奥原農林事務次官にお会いしたときにも「まだ農協で信用事業続けるんですか?」

 

と頭を殴られたような回答をされていましたが、それを裏付けるような大臣の発言です。

 

大臣も言っているのは、「あくまでも農協の選択に基づくべきもの」と指摘していますが

 

実際は、公認会計士監査を義務付けした時から、農協金融を農林水産省から金融監督庁

 

管轄に譲渡してしまい、それによる金融マニュアルの厳格化や体制整備に多額の労力を

 

迫り、単協では運営できないような体制にしていく可能性が大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、規制改革推進会議で提案された「クミカン廃止」は与党により廃止になりましたが

 

裏には農林中金による代理店化を進めるために布石を打っている可能性があります。

 

こういった部分については、郵政民営化により地域金融がずたずたになった歴史があり

 

そのにの前にならないように訴えていく必要があります。

 

農林中金の資金を利用して、全中が言うことはしっかりと言うという仕事をして欲しい

 

と感じています。

 

農林中金は損をしないので声を上げないのか分かりませんが、もう少し声を上げるという

 

姿勢を見せて欲しいですね。

 

JA金融が、地域で何か悪いことをしているのでしょうか。

 

地銀も合併していく中で、誰が地域金融を賄っていくのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日行われた台湾視察団の写真を入手しました。

 

JA会議室にて

 

意見交換会終了後

 

この交流を経済につなげていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

球春到来、選抜高校野球の組み合わせが決まりました。

 

【毎日新聞】

http://mainichi.jp/koshien/articles/20170310/k00/00e/050/164000c

 

いきなり優勝候補大阪履正社と東京日大三校が激突します。

 

WBCで日本も頑張っていますが、高校野球はさらに盛り上がります。

 

秋田から出場していませんが、東北の高校を応援したいと思います。

 

楽しみです。


日台農業交流プロジェクト

寒波到来で、少し春が遠くなりました。

 

先週末から行事満載で、更新出来ませんでした。

 

しかし、内容がとても濃く充実した日程をこなしてきました。

 

あっという間に、3月上旬が過ぎてしまっています。

 

来週には座談会もありますので、多くの組合員の参加をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのメインの事業は、「食のインフラ輸出に関する日台農業交流プロジェクト」でした。

 

昨年から、台湾の農協や農業地域視察を行ってきましたが、視察先の農業者や関係機関の

 

方々に実際に日本農業を視察してもらい、農産物や農業技術の台湾輸出につながればよい

 

と言う事から、愛知県の秀農業の加藤社長が中心となり、今回大潟村視察となりました。

 

前日に、台湾から直接秋田に入っていただき、早朝から大潟村に来ていただきました。

 

大潟村が昔、湖だったことを理解してもらう為に、日本一低い山に登ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に訪問したのが、米粉の皮を使って米粉餃子を生産している餃子計画さんを訪問し

 

コメの利用価値を理解してもらいました。

 

さらに、コメを利用したグルテンフリーパスタや米粉商品を生産している涌井社長に

 

コメによる産業発展事業について説明を受けました。

 

 

東南アジア含めて米産地で発生する破砕米の利活用により、健康志向に対応したコメ商品

 

の提案があり、台中二林地区の精米会社の社長はかなり食いついていました。

 

午後からは、JAにおいて大潟村農業を開村当初から説明しました。

 

 

サンフランシスコ平和条約に八郎潟干拓事業が貢献した歴史や、米政策に翻弄された歴史

 

後継者確保でも面積を増やせない課題などを意見交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

その後は、現場の資材課や整備課、三菱農機、クボタ農機、大潟村同友会の低温倉庫や

 

精米工場などを視察させてもらいました。

 

 

 

夕方からは、大潟村村長にも来ていただき、大潟村の輸出事業について説明してもらい

 

各精米工場の代表にも来ていただき意見交換しました。

 

 

活発な意見交換の後は、交流会に突入し夜遅くまで新興を深めました。

 

 

特に、今年1月には大潟村青年部も訪台しており、すでに交流があるためか台湾式の

 

乾杯でつぶされていました・・・

 

今回の交流を機会に、大潟村の農産物輸出に進展があることを願っています。

 

特に、台湾関係者の中には、台湾農産物の輸出を手がけている方もおり、そのルートに

 

大潟村農産物などを乗せてもらうことも可能です。

 

利用するかしないかは大潟村次第ですが、この機会を有効に利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々は一日の対応で良いのですが、台湾視察団はこの後、東京、富山、愛知の農家や

 

農業関係団体との交流が続く予定であり、毎晩交流会が行われると体調が心配です。

 

日本式の日程をこなすだけでも大変ですが、初めての雪も体験してもらえ楽しんで

 

帰ってもらいたいと思いました。

 

今後とも台湾視察団の方々と連絡を取り合い、事業につなげていきたいと思います。

 

 

 

 


ビタミンB群

ここ数日快晴でしたが、今日は曇り空の大潟村です。

 

風も強くなっていますが、気温も上がっているため雪も残りません。

 

今年の冬は沿岸地域に雪が多く降ったおかげで、雪かきをする回数が増えました。

 

それも遠い昔のように感じるくらい、春めいてきています。

 

明日は、3男の卒業式があり花巻に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンB群が歯周病を抑える効果があるようです。

 

【ダイヤモンドオンライン】

http://diamond.jp/articles/-/119941

 

ここでは、「玄米」「小松菜」と書いてありますが、玄米食についてはメリットデメリット

 

があるようなのでビタミンB群としました。

 

歯科医師が言っているのですから説得力がありますが、この年齢になると歯周病が心配に

 

なってきます。

 

年少期に歯の大切さを認識せずに暮らしてきましたので、今では後悔しています。

 

歯が悪いと食事も楽しくありません。

 

歯を大切にし、健康に生きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

国会で森友学園への国有地売却の件が問題になっています。

 

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170302-OYT1T50179.html

 

愛国精神を植え付けるのは大切ですが、極右的な教育は行きすぎだと思います。

 

正しい認識を判断できるように、視野を広げる教育方針でなくてはいけないと思います。

 

今回は、教育方針よりも国有地売却の経緯に政治家の圧力があったのではないかという

 

報道がなされていますが、もともとゴミ捨て場のような湿地であったようですから、

 

値下げはあって当然のように感じます。

 

それよりも、これから教育を積み重ねていく子供達が、中国や韓国の認識を否定する

 

発言を一斉に唱和させている事の方が教育施設として問題だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨晩、熊本や大分、宮崎で震度4の地震があったようです。

 

いつまでもおさまらない地震に不安が残ります。

 

6年前、次男が花巻の高校に進学を決め、余震の中で入学式をしたのがこの間のように

 

感じます。

 

3男も同じ高校にお世話になり、6年間岩手に通い続けました。

 

岩手の方には大変お世話になりました。

 

いつが恩返しができれば良いのですが、ぜひ秋田にお越しください、お待ちしてます。


対応力

3日続けて快晴の大潟村です。

 

気温も上がっていますので、かなり雪解けも進みそうです。

 

まだ3月に入ったばかりですが、田んぼまで行けるようになると資材課も混み合います。

 

籾殻さえあれば、暗渠作業もできますので雪解けが早まった方が良いかもしれません。

 

ゆっくりと準備しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマト運輸の労働組合が、取扱に持つの抑制を要求しましたが、経営者側も動きました。

 

【日経新聞】

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01I4I_R00C17A3MM8000/

 

残業代抑制のために再配ゼロを目指すことや、総量規制や運賃の値上げに踏み切ります。

 

企業としては物量を増やしていくのが普通ですが、人員不足や残業時間の増大、取扱荷物

 

の増加など現場ではお手上げ状態だったようです。

 

それに経営陣が素早く対応しました。

 

守るべきは社員だと言うことでしょう。

 

すばらしい会社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

築地市場の土地にも危険性があるようです。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170228/k10010893931000.html

 

80年あまり前のことが今クローズアップされ、豊洲市場以上の問題になりかねません。

 

そういった場所に市場を設けたこと事態、緊急に対応するべきですが、歴代都知事や

 

関係者の責任問題だけでは解決出来ません。

 

今の築地市場よりは、豊洲市場の方が地上空間として安全なのでは無いでしょうか。

 

この問題への対応力もどこか欠けているように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

東芝が半導体事業の切り売りをするようですが、台湾・鴻海が名乗りを上げました。

 

【フォーサイト】

http://www.fsight.jp/articles/-/42059

 

シャープに続き、東芝半導体事業も手に入れると言うことになると、大きな事業展開に

 

発展しそうです。

 

シャープを黒字化させた企業のさらなる日本企業再生に目が離せません。

 

中国や韓国企業に買われるよりも、台湾・鴻海に買ってもらった方が安心します。

 

日本企業の技術をしっかりとした企業に継承してもらう方が、日本にとっても安心です。

 

2兆円とも言える買収額ですが、その対応力に感服です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対応力は、対応と応対にあるようです。

 

どちらも同じような感じですが、問題解決に向けた行動が対応で、相手の意志に沿い

 

言葉を選んで答えることを応対と言うようです。

 

どちらも最初の対応で問題をこじらせたり、感情的にさせてしまう事が多いので注意が

 

必要ですが、組合員サービスも同じです。

 

良くやったと言われて当たり前、それ以上の対応や応対を求められることがありますが

 

それが農業協同組合の仕事ですので、頑張りましょう。

 

決算まで1ヶ月、新年度の事業計画もありますが、まずこの1ヶ月頑張りましょう。


流通・加工の構造改革

穏やかな天候の大潟村です。

 

昨日は快晴で、2月とは思えないほどでした。

 

そんな中、県内の防雪棚の撤去が始まったようです。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20170228AK0018/

 

田んぼまでの道路も溶けてきたようです。

 

そろそろ農家も動き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業競争力強化プログラムの中に、「流通・加工の構造改革」が2番目に来ていますが

 

全農も攻められっぱなしではなく攻めていくようです。

 

【農林水産省 農業競争力強化プログラム】

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/attach/pdf/nougyo_kyoso_ryoku-7.pdf

 

【日経新聞】

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H62_Y7A220C1MM8000/

 

大手回転寿司チェーンの「あきんどスシロウ」を傘下に持つスシローグローバルホール

 

ディングスへ40億円出資するようです。

 

中小コメ卸が多すぎるという指摘がありましたが、農協集荷のコメを実需者へ販売する

 

方針のようです。

 

まだまだ実需先としては小さいのですが、集荷力のある全農が直接販売となれば、単協も

 

業務用米の作付け誘導や買い取り販売につながる可能性があります。

 

大手コメ卸との提携の話も聞こえてきますが、農家手取り最大化へ努力してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、全農の東北担当常務の話を聞くことができましたが、全農の子会社は120社ほどあり

 

全農の連結決算利益200億円のうち150億円が子会社の利益だと言うことです。

 

利益の出るところは子会社化しているようですが、それがコスト上昇につながらないか

 

心配するところです。

 

考えられるのは、子会社への天下り先となって競争力が働かなくなり、コスト意識が無く

 

子会社が大幅な利益を上げてしまうことが懸念されます。

 

私が情報を得られることはないのですが、そういったことにメスを入れる役員が出て行って

 

改革を行うことが必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、福島県沖でまた地震が発生しました。

 

震度5弱という揺れだったようですが、いまだに東日本大震災の影響が残っています。

 

秋田県沖には地震の空白地帯があり、日本海沖地震から30数年経過しています。

 

いつ起こるか分からない地震ですが、たまには家族で相談しておくことも必要だと

 

思います。

 

連絡先の確認、避難先、食糧の確保。

 

連絡などはLINEなど便利になっていますが、食料やインフラの確保はその時にならないと

 

分かりません。

 

たまには、そうなったときにどうするか、考えておく必要がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、これから村議会の全員協議会へ要望しに行ってきます。

 

村のインフラをになってきた農協の立場と、これからの村づくりに農協も参画しながら

 

進められるようにお願いしてきます。

 

よろしくお願いします。


大潟村4団体連絡協議会

小雪のちらつく大潟村です。

 

もう除雪車の音に気づいて起きることもなくなりました。

 

これからは、徐々に雪解けが進んでくると思われます。

 

あっという間に今週から3月に入ります。

 

年明けたばかりだと思っていたのは、私だけでしょうね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末、大潟村4団体連絡協議会主催の「平成30年問題を考える」と題して行われた

 

パネルディスカッションは、多くの方に来場いただき盛大に行われました。

 

 

それぞれの立場で、この問題について語ってもらいましたが、最初にコーディネーター役

 

をしていただいた県立大学の津田教授から、大潟村の課題を説明してもらいました。

 

 

全国的に進んでいる少子高齢化であっても、大潟村は別格だと言われていてもその傾向は

 

同じであるが、労働人口は他に比べて整っている方であるが、それを外国人労働力で賄う

 

提案を特区として提案しており、それが実現するかどうか興味を持っていると言う内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、丸果青果の高橋さんから、地元スーパーのバイヤーとして働いていた後に

 

東京へ出て行ったが、また秋田に来ることになり大潟村の良さを再発見していただき

 

大潟村に期待する農産物品目も上げてもらいました。

 

 

カントリーエレベータ公社の小玉社長からは、カントリーエレベータ公社としての取組や

 

今後の戦略などを話してもらい、コメの売り先は安定しており、30年以降にその変化が

 

出てくるのではないかと言う事でした。

 

 

 

 

 

 

 

実際にかぼちゃを作付けし、生産者を増やしてきている吉原かぼちゃ生産組合長からは

 

その取り組み方について報告があり、大潟村産かぼちゃ価格を上げるために努力していく

 

方針を説明しました。

 

 

法人を立ち上げ、すでに米価下落に対応した生産活動を行っているベジタブルスタイル

 

代表の信田君からは、言葉を選びながらも未来を見据えた発言をしてもらいました。

 

 

農協も後押しをしているタマネギ生産者から、前田君がなぜ取組を始めたのかという

 

話をしてくれました。

 

コメに対する危機感からタマネギ栽培に興味を持ったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、若手農業経営者がどのような未来を考え、取り組んでいくのかという宣言を

 

してもらったと思っています。

 

常に稲作専業農家が自分の経営を直視し、将来を切り抜けていくためにどのような対応を

 

考えて行くべきか、いろんなヒントをもらったと思います。

 

それを自覚しながら進んでいく農家が、大潟村を引っ張ってくれることと思います。

 

20代30代の青年層が少なかったのですが、このような若手経営者の感覚を見習って欲しい

 

と思いました。

 

相談できる同年代が多くいる大潟村は恵まれており、一緒に未来を語り合いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の懇親会、2次会と盛り上がり、そちらの話の方がおもしろかったのですが、

 

ここではあまり書きません。

 

4団体への要望など、積極的に組織を利用しながら、大いに儲けて欲しいと思います。

 

若手農業者も必ず興味を持ち始め、人も集まってくるでしょう。

 

一人ではなく、3人あたりから儲けるための悪巧みを考えられるようになると、おもしろい

 

活動につながるのではないでしょうか。

 

ぜひ農協の営農指導を積極的に利用してください。


インターネット通販

小雪のぱらつく大潟村です。

 

なかなかブログ更新の時間が取れず、申し訳ありません。

 

今朝も先ほどフレッシュミズの総会の挨拶を済ませてきました。

 

どこの組織も参加人数が少なくなっており、運営が厳しくなってきているようです。

 

負担を少なく楽しめる組織にしていく必要があると思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネット通販が普及し、買い物が楽になりましたが、増加した荷物の処理に

 

会社の体制が追いつかず、ヤマト運輸では取扱量抑制の要望が出されました。

 

【朝日新聞】

http://www.asahi.com/articles/ASK2R5WFCK2RULFA03S.html

 

運送システムを改善しながら、再配を少なくしていますが、さらなる改善が必要に

 

なってきています。

 

この責任を全て運送業界に押しつけるのではなく、販売業者も消費者に再配しないよう

 

にする方法を考えないといけないと思います。

 

再配する消費者が出た場合は、販売業者の負担にするとか、あらかじめ負担料を頂き

 

再配がないときには負担金を返すとか、双方で改善を行わないと通信販売が成り立たない

 

状況がくると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人員不足を解消するために技術開発が行われ、機械化やAI利用などが進みます。

 

これがドローンであれば解決するのか分かりませんが、それを見越した新しい技術も

 

魅力的な部分がありベンチャーに期待したいと思います。

 

農業も人員不足と言われ、収穫機械の開発やドローンの利用が考えられています。

 

そこに法整備が追いつかず、自動運転実用化が進まない状況もあります。

 

ぜひ便利になる物の法整備など、日本が積極的に進める方向でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3Dプリンターが凄いのは分かっていましたが、医療用3Dプリンターがあるんですね。

 

【毎日新聞】

http://mainichi.jp/articles/20170224/k00/00e/040/163000c?google_editors_picks=true

 

すでに神経細胞再生に成功しており、人間への治療にも活用されるようです。

 

事故を起こした人の早期復帰に利用されそうですが、他にもこういった技術を利用した

 

医療再生が期待できますね。

 

凄い技術でベンチャーが活躍できる分野ですので、株でも買っておきましょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北朝鮮は何でもありなんですね・・・

 

【ロイター通信】

http://jp.reuters.com/article/idJPL4N1G90GX

 

死体からVXガス成分が検出され、国際的に非難される大量殺戮化学兵器につながります

 

ので国際社会から非難は必至です。

 

北朝鮮外交員の関与も確認されており、逃げようにないと思われます。

 

しかし、それを認めないような発言が相次いでおり、韓国の陰謀だと言っています。

 

誰か、ドローンで仕留めてください。

 

腹が立って仕方ありません!!

 

逆に、ねらわれるかもしれませんね・・・


30年問題を考える

気温も下がり、雪のちらつく大潟村です。

 

昨日は一日雨が降っていましたので、雪も少なくなりました。

 

昨日、秋田市で会議があり向かう道路に大量の水たまりがあり、ハンドルが取られ

 

危ない状況がいたるところにありました。

 

今日はそのような場所はないと思いますが、安全運転をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週24日(金)に、「30年問題を考える」というパネルディスカッションを行います。

 

コーディネーターに県立大学の津田先生をお願いし、村内若手経営者に参加してもらいます。

 

野菜栽培に力を入れている(株)ベジタブルスタイル代表信田君、かぼちゃ生産組合組合長

 

吉原君、タマネギ栽培を始めた前田君、米販売カントリーエレベータ公社の小玉社長、

 

市場から丸果秋田県青果社長付推進役の高橋さんをお呼びし、米政策が変わる平成30年

 

からの大潟村農業をみんなで議論しようと思います。

 

村内4団体の持ち回りで情報交換を行っていますが、今回はJAが担当と言うこともあり

 

若手農業者の意見を聞く場を持ちたいと言う気持ちで開催いたします。

 

多くの村民の参加をお待ちしております。

 

【平成30年問題を考える】

■ 平成29年2月24日 午後3時から

■ ホテルサンルーラル大潟にて

■ 無料

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケモンGOが大幅改良されたようです。

 

【日経トレンド】

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/021700784/?ref=nbptrn_top_new

 

80種類以上の新しいポケモンを追加したようです。

 

発表当初、初日にダウンロードして話題に付いていこうと思いましたが、田んぼを

 

歩いてもポケモンが見つからず、放置状態になっていました。

 

 

いまだにピカチュウ ゼロですがなにか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

任天堂さん、ポケモンGOで日本食文化を発信するために、日本食レストランに行くと

 

おにぎりアイテムがゲットでき、進化速度が速まると言う機能をつけてくれると、おにぎり

 

文化が広がりお米が輸出しやすくなると思うのですが、どうでしょう。

 

海苔の色が、黒や金などでパワーが違ったり、中身の具材で進化が早まったりなど。

 

日本の得意分野であるアニメコンテンツを利用して日本食文化を広められると一石二鳥

 

だと思いますが、農林水産予算で何とかなりませんかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、JAビルにて一日会議です。

 

朝早く出発しなくてはいけませんが、安全運転で行こうと思います。

 

早くも夏タイヤの予約注文の取りまとめ文書が組合員へ配布されます。

 

今年の履き替え時期はいつになるでしょうか。

 

日中は良くても夜凍っている場合がありますので、注意しましょう。


玉砕

先週末に気温が上がったので、雪解けが進んだ大潟村です。

 

出張中から帰って来ると、雪の量が少なくなっておりビックリしました。

 

昨日からまた気温が下がって雪が降っていますが、そんなに積もらない予報です。

 

気温の寒暖差が激しくなってきており、春に近づいている感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の出張は、気持ちの浮き沈みが激しくなる出張でした。

 

まずは、農林水産省奥原事務次官の元を訪問し、今後の農協運営や地方農業について

 

意見交換しました。

 

その中で、以前にも要望した「農協金融」について意見交換しました。

 

現在、農協金融で課題になっている農業融資の「スーパーL資金」についてです。

 

農家の為に考えれば考えるほど、スーパーL資金を導入するのですが、それが農協金融

 

利益を削っていることにより職員のモチベーションが上がりません。

 

よって、スーパーL資金の原資を農協のプロパー資金を利用することにより、農家にとっても

 

農協にとっても良い運営ができると提案させてもらいましたが、開口一番に「農協は

 

まだ信用事業を続けるのですか?」と言われ代理店化を進めるべきだと言われました。

 

これには、頭を殴られたくらいの衝撃が走り、目の前が真っ暗になるほどでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の農協金融は、フィンテックなどの新規IT企業による金融進出や、体制整備による

 

コスト上昇により成り立たなくなるのが見えているので、早めに代理店化を検討する

 

必要があると言うことでした。

 

米の販売事業も持たず、ここに来て信用事業利益も代理店化を進めるとなると、農協の

 

存在意義さえ失われるほどの衝撃でした。

 

今いる職員含めて、路頭に迷わすことはできません。

 

そんなに利益が出ないのか、不安になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日には、新世紀JA研究会の勉強会に参加しました。

 

農協が直面している課題について、独自に勉強会を開催しており初めての参加でした。

 

ここでは、政府の推し進めようとしている農業改革の中の農協改革について、法律的な

 

面からの見解も含めていろいろと意見交換がありました。

 

入澤肇先生から、今の強硬的な奥原事務次官先頭の改革について、批判がありました。

 

さらに、農中総研の斉藤常務からは、准組合員制度がなぜ始まったのかと言うところから

 

説明を頂き、基本的な情報も頂きました。

 

最後には、JA山形市の佐藤参事から「JAにとって信用事業はなぜ必要なのか」という講演

 

を頂き、組合員との信頼関係づくりが農協事業にとって重要だと実感させられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

奥原事務次官の向かう方向性と、自ら農協が進めている改革には開きがあるかもしれません。

 

しかし、農業者のためにどうしたらよいかという考え方は一緒です。

 

進め方には、地方独自の課題もあり一概に全て一緒に改革できない部分もあります。

 

農業という産業発展のために農協はできましたが、より良い組織になるためにどのような

 

改革が必要なのか、今一度立ち止まって冷静に考える必要があると感じました。

 

そのためには、もっと全中が全面的に声を出して発言して欲しいと思います。

 

今回の出張では、両局面から勉強することができました。

 

心が折れそうな事もありましたが、いろいろな方と意見交換しながらJA大潟村の進むべき

 

道を探していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Wikipedia 入澤肇】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E6%B2%A2%E8%82%87

 

東京大学法学部卒ですので、法律にもとても詳しい方でした。

 

懇親会では、冒頭の挨拶まで任されてしまい緊張しましたが、これからも新世紀JA研究会

 

の勉強会に参加しようと思いました。

 

これからも頑張ります。


聖徳太子

朝方太陽も顔を出していましたが、小雪のちらつく大潟村です。

 

今日明日と気温も上がるようですので、雪解けも進んできます。

 

逆に夜などは凍る可能性もあるので、運転には気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史も当時の実態に即して改訂していくのですね。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170214-OYT1T50142.html

 

次期学習指導要領改定案では、江戸時代の「鎖国」表記をやめ「幕府の対外政策」とし

 

聖徳太子は、没後100年以上経ってからの呼称であるため「うまやどの王」に改訂します。

 

没後100年以上経ってからの呼称だとは知りませんでした。

 

数年後には「聖徳太子」と言っても通じない時代が来るのでしょうね。

 

竹島も従軍慰安婦もしっかりとした歴史を勉強する必要がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

グローバル教育も必要ですが、秋田に魅力的な大学があります。

 

【ダイヤモンドオンライン】

http://diamond.jp/articles/-/117975

 

国際教養大学ですが、公立の大学であり秋田県にあるというのはとても魅力的な大学です。

 

しかし、県内出身入学者の割合は8.8%にとどまり、全国から受験希望者が殺到しています。

 

その中でも、母校秋田南高校からの入学者が最高の6人となっており、うれしく思います。

 

残念ながら、秋田の大学でありながら就職先がグローバルな企業に集中し、地元就職先が

 

ほとんどないというのが問題です。

 

育てるだけでなく、起業させる人間育成も必要難でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各地で首長選挙が動き出していますが、秋田知事選に前知事が出馬するようです。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170214-OYT1T50006.html

 

寺田前知事は、知事から参議院を務めていましたが、再出馬の意向を固めました。

 

年齢は関係ないと言いますが、76才と言う年齢で現職も69才ですので高齢対決ですね。

 

もう少しフレッシュな顔ぶれになってほしいという願望がありますが、こればかりは

 

いろいろな動きも兼ねて慎重に検討した結果なのでしょう。

 

民進党には、寺田前知事の息子もいますので、民進党も相乗りするのでしょうか。

 

あまり盛り上がらないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

金正男氏が殺害されました。

 

気にくわない人間は、殺害することで北朝鮮は成り立っているのでしょう。

 

これに対して中国などはどのように反応するのでしょうか。

 

暗殺者と仲良くやるのでしょうか。

 

こんな指導者をそのままにして良いと思ってはいないと思いますが、誰かヒットマンを

 

送り込んでください。

 

お願いします。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode