三日ボーイ

正月休みが終わり、仕事始めをしたとたん連休に入りましたが、穏やかな連休でした。

 

成人の日、関東では大雪の影響で事故も発生しているようですが、秋田は明日から大荒れ

 

の予報が出ており、本格的な冬に突入となりそうです。

 

通勤など、時間に余裕を持って移動しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラスベガスでは、家電業界が主催のCES 2017が開催され日本メーカーも頑張っています。

 

人工知能(AI)や自動運転、VR(仮想現実)などの分野が人気を博しているようです。

 

その中でも、ホンダの「倒れないバイク」が人気のようです。

 

【ITメディア】

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/10/news036.html

 

二足歩行ロボットアシモの技術がバイクにも使われており、前輪が常に動きバランスを

 

取っているようです。

 

低速での安定性が不安だったバイクですが、これで低速でも安定した走行が可能です。

 

トヨタも人工知能を利用した車を出品し注目を浴びていますし、ソニーも有機ELテレビを

 

投入し、スピーカーがなく画面から音を発するテレビを出品しています。

 

日本の技術力の高さは、まだ健在ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校サッカー決勝が行われ、青森県の青森山田高校が初優勝しました。

 

【日刊スポーツ】

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1763047.html

 

2006年の大会では、岩手県の盛岡商業が優勝しており、東北のレベルも上がっています。

 

秋田県代表は残念ながら12年連続初戦敗退という結果で、なかなか盛り上がりません。

 

秋田県は、私立高校が少なく人材を集めることが難しくなっており、有望選手が県外に

 

流出している現状があります。

 

勉強も大切ですが、全国レベルで戦える高校スポーツにも力を入れて欲しいです。

 

昔は、サッカー・ラグビー・野球・バスケットと東北ではずば抜けていた競技も、だんだん

 

他の県に圧倒されてしまっています。

 

スポーツ立国秋田復活を願わずにいられません。

 

 

 

 

 

 

 

年末から正月にかけて、何かと飲み会が続いており体調管理ができていませんでした。

 

この連休に、数年前に購入していたウォーキングマシンを引っ張り出し、歩いていました。

 

なかなか外を歩くには勇気がいるもので、室内で歩いておりました。

 

今朝も歩いてから出勤しようと思っていましたが、挫折してしまいました。

 

妻からは「三日坊主!」と言われましたが、「三日ボーイだ!」といい訳にもならない

 

返答していました。

 

今日は、夜の会議もないので夕食前に歩こうと思います。

 

傾斜が付いていると、結構きついものがありますよ。

 

体調管理に励みます(やりたいと思います・・・)


仕事始め

気温も下がり、真っ白な朝を迎えた大潟村です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

正月休み中は、雪もなく移動も楽でしたが、今朝は道路も凍っていたようです。

 

さらに来週から、寒波が入り込み本格的な冬になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝は、年始の挨拶を行いました。

 

給与改定から職場内の働きやすい環境作り、担い手組合員との連携強化など、今一度

 

組合組織を理解してもらい、相談しやすい環境作りをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

昨年は、農協改革が叫ばれ、農協の資材価格引き下げのために全農解体論まで出ました。

 

そんな中でも当農協では、全農も一つの卸として商系と比較しながら仕入れを行っています。

 

さらに資材価格が下げられるように努力を続けていきます。

 

報道などから農協組織の資材は高いという情報だけが伝わっているようですが、村外農家が

 

現金で購入しに来るくらい、他の農協よりは安く提供できています。

 

我々からも、正しい情報を伝える努力が必要だと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30年産米からは、国の生産調整関与が廃止され、正しい情報により経営戦略を立てる

 

事が求められます。

 

農家所得を確保するために、新しい保険制度もスタートします。

 

本当に有益な物なのか、大潟村の農家に当てはめて検討していきます。

 

全国一低コストでの稲作経営が行える利点と、安全安心・高品質・大ロット対応可能な

 

産地をアピールしながら実需企業との連携強化を図っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の先進的な農家とも情報共有しながら、大潟村農家に還元できるように頑張ります。

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

                   小林 肇

 

 

 

 


仕事納め

朝起きたら、一面真っ白な世界になっていた大潟村です。

 

あっという間に年末になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

今年を振り返ると、ずばり選挙の年でした。

 

JAの選挙では、女性の動きがすばらしく、私自身も冷や汗をかく事になりました。

 

女性の関心が高まったのは、とても良かったともいます。

 

さらに参議院選挙では、秋田県農政連では自主投票という形になり、地元の与党議員

 

への応援表明は、JA大潟村とJAあきた湖東だけという結果でした。

 

TPP交渉含め農協改革など、農業の転換期に政府からJAに対し厳しい声が出ているので、

 

北海道東北では与党には逆風が吹いたため、与党議員が当選したのは秋田県だけでした。

 

また村長村議会選挙も行われ、女性議員が3名誕生するなど女性が躍進しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業改革として始まった規制改革推進会議では、全農が矢面に立ち経済事業を中心に

 

改革を迫られましたが、与党内の調整により現在進行中の農協改革の進捗状況をチェック

 

すると言うことで落ち着きました。

 

平成31年までに、経済事業改革の実行を確実な物にする必要があります。

 

TPP交渉は、アメリカ大統領選挙の結果停滞していますが、日本農産物の海外輸出には

 

アンテナを張りながら、大潟村をアピール出来るつながりを探っていきたいと思います。

 

30年産米に向けては、国による米生産調整関与廃止が明言されており、現場の混乱が

 

予想されます。

 

実需先と綿密な連携を取りながら、大潟村の安心安全・高品質な農産物の安定的な流通を

 

目指すことが必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

流動的な農業情勢ですが、農家の所得確保に向けて最新の農政情報を提供しながら

 

一緒に進んでいきたいと思います。

 

今年一年大変お世話になりました。

 

来る年も、よろしくお願いします。

 

よいお年をお迎えください。

 

 

 

※ 年末年始の営業については、こちらをご覧ください。

http://www.ja-ogata.or.jp/news/2016/20161226.pdf

 

 

 

 

                     大潟村農業協同組合 

                       代表理事組合長 小林 肇


働き方

冷たい雨の降る大潟村です。

 

昨日降った雪も、この雨で少しずつ溶けています。

 

この年末年始、雪も降るようですが気温も高そうなので雪も少なそうです。

 

夜は道路が凍っていますので、注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の理事会では、JA大潟村始まって以来の大きな改正を行いました。

 

職員の給与規定の見直しです。

 

昨年来、労働基準監督署から管理職の考え方の指摘や、残業のとらえ方などの指摘があり

 

農協内でいろいろと議論してきました。

 

管理職については、農協始まって以来、肩書きが付いた職員には残業代が出ないという

 

事できていましたが、係長や主任は管理職ではないと言う考え方を統一しました。

 

よって今後考えられる残業代の増加に対応するための改正を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、その考え方を正職員に説明し、理解を得られたので理事会で決定頂きました。

 

農協の事業は、農家の農繁期と連動しており、一年間の変形労働時間制を取っています。

 

よって農繁期には、月に26日出勤日となり4日の休日がありますが、農閑期には月に

 

17日の出勤で半分近く休日にしなくてはなりません。

 

休日に出勤すると休日出勤手当を払わなくてはならず、管理職などでは数万円の日当と

 

なり、経営を圧迫する可能性が大きくなります。

 

残業代はしっかりと払わなくてはなりませんが、時間内に仕事を終わらせる事が必要に

 

なってきます。

 

このように、残業代や休日出勤をさせないような労務管理が必要になり、課長の管理が

 

農協運営にとって重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業量が伸びない中、費用削減に努めなくてはなりませんが、労務管理が一番重要に

 

なってくると思われます。

 

そんな中、過労死する職員が出るほどの会社もあり、社長が辞職します。

 

【東京新聞】

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201612/CK2016122902000112.html?ref=rank

 

長時間労働をしないためにも、心がけないといけないことがあります。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20161028-OYT8T50033.html?page_no=1

 

農協の良さを殺さないような労働管理に努める必要がありますし、組合員にもその点を

 

理解してもらう必要がありますので、ご理解ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、急きょ首相官邸を訪問がきまり、3回目の訪問となりました。

 

首相がハワイに行っているせいか、官邸のロビーに記者がとても少なかったです。

 

官房長官と農林事務次官との面会でしたが、今後につながる話ができたと思います。

 

30年産からは、米生産が混乱する可能性があり、その準備が必要です。

 

稲作専業農家群のリスクを減らしながら、挑戦できる環境作りをしていきたいと思います。

 


リニューアル

快晴の東京です。

今週は何かとドタバタしておりまして、ブログ更新出来ませんでした。

昨日は、理事会後に上京しました。

この太陽を秋田にもって帰りたいです。







今日からJA大潟村のHPを更新しました。



スマートフォン対応をしましたので、スマートフォンからも情報をとりやすくなりました。

是非、活用してほしいと思います。







午前中、首相官邸に行って来ました。





大きな繋がりが出来たので、来年からもこの繋がりを利用して勉強したいと思います。

夕方には秋田に太陽を背負って帰ります。

ノロウイルス

どんよりとした曇り空の大潟村です。

 

今日明日と、10度以上になる予報ですが天気は良くありません。

 

雨が降り風も強くなりそうですので、外出時は注意してください。

 

雪が降り始め、風が強いとホワイトアウトなど視界が確保できなくなる恐れがあります。

 

そこまで雪が降っていないので、すぐにはその危険性はありませんが不安です。

 

この時期、運転には注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

全国的にノロウイルスが発生しています。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161221/k10010815641000.html

 

見た目では分かりづらいのですが、調理員がノロウイルスに感染している可能性があり

 

見極められない分拡大する可能性があります。

 

年末になると行われる餅つきの中止が相次ぐなど、伝統行事にも影響が出ているようです。

 

今回のノロウイルスだけでなく、感染の危険性が叫ばれ、餅つきの中止要請があります。

 

そこまでしなくても良いのではと思いますが、主催者も頭を悩ませています。

 

人間だけでなく、宮城県のカキの出荷も自粛されています。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/region/news/161222/rgn1612220073-n1.html

 

美味しいカキが食べられる時期に出荷できないなんて、地元経済に影響が出ますね。

 

手洗いうがいを徹底しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローンの中継基地に、自動販売機が活用されるようです。

 

【東京新聞】

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201612/CK2016122202000146.html

 

電池での飛行時間に限りがあるので、自動販売機に充電設備を設置するのは妙案ですね。

 

全国的にも設置されている自動販売機を利用するのは、とても可能性が広がります。

 

いろいろな物に活用できるドローンの可能性が広がる技術ですので、期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指導の仕方も注意しなくてはいけません。

 

【朝日新聞】

http://www.asahi.com/articles/ASJDP6D75JDPOIPE020.html

 

2時間立たせて説教していたことが、パワハラと訴えられています。

 

2時間も説教された内容も気になりますが、ハラスメントは受け取り側が判断する事

 

なので、そう感じたらそうなります。

 

パワハラ、セクハラ、マタハラとハラスメントが注目されていますが、加害者も被害者に

 

なりますので、注意しなくてはならない問題です。

 

簡単に判断してはいけないのでしょう。

 

私も注意します。


冬至

12月とは思えないほど、穏やかな天候の大潟村です。

 

風もないので、秋田では今年最後のゴルフができる日かもしれません。

 

フェアウェイを歩くのはとても気持ちがよいものです。

 

真ん中を歩くことはほとんどありませんが、健康維持にもつながっていると思います。

 

来年までお預けですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は冬至で、一番日が短い日です。

 

昔から冬至にはカボチャを食べるものと言われていますが、実は子供の頃カボチャ料理が

 

苦手で、進んで箸をつけることはありませんでした。

 

しかし、食べてみると美味しいものでついつい箸が進みます。

 

冬至はクリスマスとも関係があるようです。

 

【All about】

https://allabout.co.jp/gm/gc/220635/

 

「ん」のつくものを食べると、運盛といって縁起がよいのだそうです。

 

ではなぜ「カボチャ」かと言うと、「南瓜」を「なんきん」と呼び運気を上げている

 

と言う事のようです。

 

いろいろと勉強になります。

 

明日からは、徐々に日が長くなってくるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もあと少しですが、熊本での震災や台風被害など自然災害が多発しました。

 

そんな時の支援方法として、物より支援金の方が良いと言うことのようです。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161220-OYT1T50134.html?from=y10

 

よかれと思って送った物が、被災者に配られることなく倉庫に山積みになっている

 

と言う話を聞きますが、どこの被災地も同じようです。

 

東日本大震災の際に、知人から「ランドセルを送ろう」と言われてランドセルを調達

 

しましたが、結果的にランドセルが余ったという話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、文部科学省のHPに必要な物資と学校名が書かれた掲示板がありました。

 

それを見て、直接連絡を取り宮城県の中学校へスポーツ用品を届けた事がありました。

 

このようなマッチングができるような掲示板などがあれば、必要な場所に必要な物を

 

届けることができ、倉庫が物であふれかえるようなことがないと思いました。

 

これからの支援体制は、このようなマッチングが必要だと感じています。

 

大規模な自然災害が起きないことを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軟式野球のボールが変わるようです。

 

【時事通信】

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122100046&g=spo&google_editors_picks=true

 

12年ぶりにボールが変わるようですが、現場で混乱が起きているようです。

 

硬式野球につながるように、弾みすぎず飛びやすいと言うボールのようです。

 

軟式ボールは日本独自のボールで、アメリカにいた頃にお土産として持って行った事が

 

ありましたが、アメリカ人には「そんなの飛びすぎるだろ」と言われました。

 

しかり、芯に当たらないとボールがつぶれてフライになるため、遠くへ飛ばすのは難しい

 

競技になります。

 

硬式ボールよりは費用がかからないし安全なので、子供達が始めるにはちょうど良いボール

 

だと思います。

 

まずは、底辺拡大につながるように、指導者の資格を組み立てる必要があると思います。

 

最近は、サッカーに押され気味ですので、練習のあり方も考え直す必要がありますね。


周年農業

気温も上がり、12月には珍しく穏やかな天候の大潟村です。

 

先週末の寒波で積もった雪も、昨日からの気温上昇で消えてしまいました。

 

気温が高い状況は、続きそうです。

 

 

水曜日には、最高気温16度まで上がるようです。

 

やっぱり暖かい方が良いなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

秋田県農業試験場で21日に「冬の参観デー」が開催されます。

 

【秋田経済新聞】

http://akita.keizai.biz/headline/2642/

 

県内冬期間の農業の現状や、周年農業を進めるために実践農家からも話が聞けるようです。

 

どうしても気になるのが、冬期間の暖房費です。

 

首都圏向けには送料もかかりますが、県内需要に合わせた栽培だと送料も抑えられます。

 

県内需要調査を重要視し、加温しなくても安定的に栽培出来る作物の選定が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り組む人が一気に増えると、県内市場がパンクし価格下落になりますが、やれる人から

 

コツコツと進めることが重要だと思います。

 

今の所得で家族を養えるか?もう少しゆとりのある生活を送るにはどうするか?

 

と言う観点から、考えて欲しいと思います。

 

そのためには、JAで情報を収集していますので、相談に来て欲しいと思います。

 

自ら問題意識を持つか、みんな苦しいのだから俺も苦しいで良いのか。

 

大きな違いになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カジノ入場にマイナンバーを活用する案が出ているようです。

 

【日経新聞】

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H1M_Y6A211C1MM8000/?dg=1

 

ギャンブル依存症の方やそれにより家族が苦しんでいる方は、入場規制をするのは

 

当たり前で、同じようにパチンコにも導入するべきだと思います。

 

カジノだけが賭博ではなく、公営競技全体を含めて考えるべきだと思います。

 

カジノ法案に反対だった、民進党の蓮舫党首に産経新聞がかみついています。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/premium/news/161219/prm1612190003-n1.html

 

女性党首として頑張っているのは分かるのですが、矛盾を理解しないと笑われます。

 

選ばれる政党になって欲しいともいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中VR技術で盛り上がっていますが、スマートグラスも進んできています。

 

【EPSON】

http://www.epson.jp/products/moverio/bt300/

 

大画面テレビよりも、スマートグラスを買った方が使い勝手が良いかもしれません。

 

持ち運びもできますし、一人でどこでも大画面が楽しめます。

 

VRも今後普及してくるのでしょうが、まずはスマートグラスに利用価値がありそうです。

 

視界が確保出来れば、画像を利用してうまく除雪ができたり、草だらけになった場所でも

 

以前の状況が分かれば危険を回避出来ます。

 

視界に現れる情報システムが普及してくるのでしょうね。

 

楽しみです。


庭用ルンバ

10cmほどの積雪になった大潟村です。

 

今まではうっすらと白くなった程度でしたが、今朝は除雪車が走り回っています。

 

急な積雪だったので除雪車が間に合わず、店舗駐車場も除雪されていません。

 

ご迷惑をおかけしますが、ゆっくりとお買い物に来てください。

 

どうやら大潟村に雪が多く降ったようで、他は半分以下のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな朝は、雪かきルンバがあれば最高ですね。

 

【News Picks】

https://newspicks.com/news/1855578/body/?ref=index

 

この一台で、草刈り、雪かき、枯れ葉処理を行ってくれるようです。

 

まだまだ家庭用ですが、農作業用に改良される事を願っております。

 

豪雪地帯でも、除雪ルンバがあれば大助かりの地方があると思いますが、寄せた雪を

 

運び出さないといけませんので、その場で溶かしてしまう必要があります。

 

水を流し続けると積雪には対応出来ますが、排水対策をしっかりしておかないといけません。

 

人手不足は、イノベーション機械を利用して解決するしかないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日も、ドローンを販売してる方がJAに来てくれましたが、操作無しの自立飛行をさせる

 

ためには国による認証が必要ですが、まだ信頼性を確証するための実績がないので許可が

 

おりない状況のようです。

 

自立飛行ルート設定だけで、自動的に作業を行うことができれば、画期的なことです。

 

田んぼ畦畔の草刈りも、GPSを利用して自立走行でやってくれれば、大助かりです。

 

燃料もなくなれば自動的に給油場所に戻ってきて、故障したり走行できなくなったら

 

連絡をよこしてくれるようになれば、草刈り作業も楽になります。

 

中山間地域の法面の草刈りなど、このような草刈りルンバができれば楽になります。

 

ぜひご検討をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深夜にカジノ法案が成立したと報道されています。

 

これにより、カジノが建設されるのではなく、カジノ建設整備するための法案ができた

 

だけに過ぎません。

 

民進党党首も与党時代にIR法案を進めていましたが、成長戦略ではないと批判しています。

 

それに橋下徹氏も皮肉っています。

 

【NetGeek】

http://netgeek.biz/archives/89058

 

献金をもらっているため、パチンコの廃止論には発展しないようです。

 

誰でも出入りできるようなギャンブル施設を、そのまま放置している方が問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末や1月の衆議院解散説が流れていましたが、どうやら断念したようです。

 

秋田選出国会議員の先生も、今回の農協改革ではかなり攻められていますので、今すぐ

 

選挙となれば厳しい結果になるかもしれません。

 

しかし、対抗馬が見当たらないのも事実ですので、選択肢がないのも困ったものです。

 

ゆっくりとした年末年始を迎えたいものです。


カジノ法案成立へ

どんよりとした曇り空の大潟村です。

 

風もなく、外仕事をするにはちょうど良いかもしれません。

 

今年もあと半月となりました。

 

やれることは、今年のうちにやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

カジノ法案が成立する見通しです。

 

【日経新聞】

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS13H4I_T11C16A2MM8000/

 

ギャンブル依存症対策をしっかりとすることで一部修正し、民進党も委員会採決に

 

参加し委員会では可決されました。

 

学生の時から、ギャンブルをしっかりと理解する機会を設ける必要があると思います。

 

【ダイヤモンドオンライン】

http://diamond.jp/articles/-/111236

 

カジノよりもパチンコ禁止にした方が、依存症患者は減るのではないでしょうか。

 

【ZAKZAK】

http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20161213/wat1612130810001-n1.htm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競馬は農林水産省管轄で、競艇は国土交通省管轄、競輪とオートレースは経済産業省、

 

パチンコは警察庁と他省庁に渡って所轄され、官僚の天下り先になっています。

 

今回のカジノは、経済産業省あたりが所轄するのでしょうか。

 

韓国などの例を見ても、安易にカジノに手を出してしまい、破産する人も出ていますので

 

誰でも参加できるようなシステムにしないようにする必要があります。

 

その前に、ギャンブルは胴元が儲かるシステムで、手数料が大きな収入になることを

 

しっかりと理解する事が大切だと思います。

 

それを理解してからでないと、参加できないようにするべきだと思います。

 

ギャンブルとは言いませんが、株式投資や先物取引、FXなどはもっと大金が動きます。

 

インバウンドと雇用創出という面では、大きな産業になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、各生産班の方々と話し合う機会を設けました。

 

今年の作柄、品質、価格などの状況と、課題を出して頂き、面積拡大に向けてどのような

 

支援が必要なのか、JAへの要望なども聞くことができました。

 

その中で、県農業試験場の現状や体制縮小の状況も報告され、伸ばしたい産業にブレーキが

 

かかりそうな事も分かりました。

 

良い苗が良い作物ができる条件ですが、その提供が滞りそうだという懸念がありました。

 

県が、今後どのような体制にしていくのか把握し、JAからも要望を出したいと思います。

 

かぼちゃ生産者は、笑顔でしたので利益が出ている証拠でしょう。

 

米以外の収入で、もう少しゆとりのある生活にすると言う雰囲気を盛り上げたいと思います。

 

初めての機会でしたが、とても勉強になりました。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode