役員改選選挙

毎日快晴の大潟村です。

水曜日に傘マークが付いていますが、降ってくれるか心配です。

タマネギの肥大期でもあるので、ある程度水分が必要な時期なので、もう少し降ってほしいところです。

6月に入りましたが、今月も平年よりも高温で小雨だと言う予報です。

あまりにも極端な天候なので、梅雨時期心配になります。

週間天気予報に注意しましょう。








先週金曜日に行われた役員改選選挙ですが、定数と同数の申し込みで終わり、無投票での再選となりました。

今年に入ってから準備してきましたが、予想された女性部からの立候補はなく、とても残念な結果となりました。

女性の声を農協運営に繋げると言う役割も重要なので、今後検討しないといけません。

新規に役員になられた方、再選された方とより良い農協づくりに向けて頑張ります。

特に全県1JA構想やタマネギ事業の確立など、幅広い議論が必要になります。

組合員と共に議論する機会も作っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

小林 肇

秋系821

風が強いですが、快晴の大潟村です。

 

火曜日の雨ですこしドロカナが沈みましたが、もうすこし強めの雨が欲しかったです。

 

大潟村の田植えも終盤です。

 

事故の無いように終えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は一日JAビルにて会議でした。

 

全農あきたの会合の直後に、秋系821の試食会が行われました。

 

 

あきたこまちよりも出穂で6日遅れとなっている点がが気になります。

 

 

見た目の白さは分かりましたが、炊きあがり直後の香りをかぐことが出来なかったため

 

良くは分かりませんでしたが、粘りがありました。

 

「のどごしが良い」と書かれていましたが、口に入れたときにツルツルとした感じが

 

しましたが気のせいでしょうか。

 

あきたこまちが有名になったのは、冷めた後でも美味しいということでしたが、

 

秋系821を冷ます前に完食してしまったので、確かめることが出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組合長の中では、「これをあきたこまちにして、今のこまちをあきたこまちクラシック

 

にしたら良い」という意見もありました。

 

なかなかおもしろいと思いましたが、採用にはならないでしょうね。

 

来年には名称も決定するようですが、栽培適地を探すのに晩生なため中山間地域では

 

ない場所になるだろうと言っていました。

 

全農へ出荷していることが前提になるため、大潟村での栽培はないと思いますし

 

ある一定の品質以外は、新しい名称を使わせないような工夫が必要だと言っていました。

 

圃場が特定されると抜き穂される可能性もあるため、神経を使っているようです。

 

秋田県の救世主となるのでしょうか。

 

注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人は天然ですが、マスコミの報道に悪意も感じます。

 

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190530/k00/00m/010/005000c

 

子供を多く産んで育てて欲しいと言う意味だと思いますが、マスコミが揚げ足を

 

取るような報道にまい進しているように感じます。

 

この元大臣は、別に悪い人ではないと思います。

 

しかし、マスコミがまた変なことを言っていると言うように、国民に対して印象操作

 

しているような報道が多いと思います。

 

選挙も近いので与党攻撃に出ているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はJAの役員選挙の公告日です。

 

朝7時から夕方5時までの受付となっています。

 

私ももう1期頑張ろうと思っております。

 

1JA構想やタマネギ事業など大きな課題が残っており、しっかりと方向性を出し

 

農家所得向上に努力していきたいと思います。

 

定数を超える申し込みがあれば、来週6日の投票となりますので、来週に情勢報告

 

したいと思います。

 

 


JA人づくり運動

快晴の大潟村です。

 

大潟村の田植えも終盤に入ってきました。

 

気温も上がり天気も良いのですが、風が強くドロカナ(表層剥離)が植えたばかりの

 

苗を押しつぶし、窒息しそうな状況になっています。

 

風下の苗がやられるのですが、排水路から水をくみ上げ散水してドロカナを散らす

 

作業をしていますが、どんどんドロカナが発生しています。

 

苗が小さい時期だけの心配ですが、最初が肝心ですが見守るしかありませんね。

 

早くひと雨が欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週横浜にて、JA人づくり運動のキックオフ会合が開催され出席してきました。

 

この二日間、今までの活動がいかに短期的な収支や活動だったか思い知らされ

 

基本的なJAの考え方や組合員教育について、とても重要だと言うことを痛感して

 

きました。

 

【日本農業新聞】

https://www.agrinews.co.jp/p47743.html?page=1

 

「農協とは何か?」「協同組合運動とはなにか?」基本的な考え方が一致していない

 

状況では、組合員の農協離れや職員のモチベーションアップにはつながらないという

 

ことを再認識してきました。

 

他のJAの取組がとてもすばらしく、とても勉強になりましたのでこれから実践に向け

 

協議を重ねていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「組合員教育」「協同組合人としての職員教育」「働き方改革と人材育成」という

 

まさに今のJAにとって重要な題材をあげてのディスカッションもおもしろかったです。

 

特に重要なのは「トップの決断」であり、JAとしての理念を明確に示すことが大切で

 

それがないと職員も付いてこないと言う事でした。

 

JAは株式会社ではなく、協同組合活動によって培われる地元農業活性化活動であり

 

職員は協同組合の運動者であり、組合員の目的を実行するための最大の奉仕者だと

 

言う位置づけが若ならければ、自分はなんのために活動しているのか分からなくなります。

 

組合員と職員との信頼関係を太くすることが事業にも結びついていくことなので、

 

絆を強くしていく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、JAで企画している研修会や座談会、総会など出席率が悪いため、昨年は住区の

 

座談会に時間を頂き、全県1JA構想などの説明を行ってきました。

 

直接説明できる機会はとても重要なことで、これからも工夫しながら接点を多くして

 

いきたいと思います。

 

また、3世代目も営農しに帰ってきている現状のなかで、JAの基本的な役割を学べる

 

ような組合員研修も企画していきたいと思います。

 

来年度50周年を迎えるに当たり、今後も日本の食糧基地としての機能を維持していく

 

ためにも組合員教育や組合員リーダーの育成に力を入れないとダメだと言うことに

 

気がつくことが出来ました。

 

我々だけで行うことが難しいので、中央会や先進JAなどの事例を学びながら進めて

 

いきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月なのにこの暑さ、もう真夏なのかと勘違いしてしまいます。

 

今年は2月の末には雪が消え暖かく、4月の初めには雪が降り、5月末で30度超えに

 

なるなど、今までの気象とは明らかに違っています。

 

この反動が6月に来るのではないかと心配なところがありますが、農地を持って移動

 

する事はできないので、この地域の気象とうまく付き合っていかないといけません。

 

あまりにも極端な気象なので想定がつかないのですが、いろんなことを想定して

 

動けるようにしておかないといけません。

 

最近、各地で地震も多くなってきているので、地震にも注意が必要です。

 

あまり心配しすぎて眠れなくなりますが、体調を整え頑張りましょう。


廃プラ処理

久々の雨が降る大潟村です。

 

昨日の風は一日ひどく、今朝まで強い風が吹いていました。

 

朝方から雨が降り出し、風が弱まった感じがしますが、雨も風もこれから強くなる

 

予報になっていますので、注意してください。

 

明日からは、また好天が続きそうですので、田植えも順調に進むと思われます。

 

 

事故なく田植えを進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有害物質の国境を越える移動を規制するバーゼル条約の対象に汚れた廃プラを

 

加えることが決まったようです。

 

【朝日新聞】

https://www.asahi.com/articles/DA3S14012998.html

 

さらに中国でもプラスティックゴミの輸入禁止をしたことにより、日本各地で

 

処理に対する要請を環境省が自治体にしているようです。

 

【日経新聞】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45041460Q9A520C1000000/

 

プラスティックゴミはリサイクル資源にもなるのですが、中身が残っていたりする

 

資源ゴミが問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAでも村の協力を得て夏と秋の2回、廃プラの収集を行っています。

 

収集する時の袋を購入してもらっていますが、処理費用の半額にもなっていないため

 

年々負担が増えてきています。

 

さらに、上記のような国際的規制が強まっているため、国内での処理費用が高騰して

 

きており、秋からの処理に対する袋の値段も上げざるを得ません。

 

JAでは、本荘クリーンセンターへ処理委託していますが、処理費用の値上げ交渉が

 

きており、大潟村から来る廃プラの分別にも苦情が出ています。

 

【本荘クリーンセンター】

http://honjoclean.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育苗ビニルハウスに使われている農ビは、再生処理をしていますし、その他の廃プラは

 

RPFという固形燃料に変化させ、焼却処理施設の補助燃料として利用しているようです。

 

最近、JAで収集している廃プラの中に、油類や金属類が混ざっているため返品される

 

のですが、分別が徹底されないと今後処理施設への搬入も断られることになります。

 

ポリタンクにアブラが残ったまま廃棄されたもの

 

 

余って使わなくなったグリスをそのまま廃棄したもの

 

 

噴霧器の金属噴口を着けたままの廃棄

 

 

最近多いのが、イボ竹の廃棄で、芯が鉄性なので廃棄できません

 

 

フレコンでの搬入を希望されますが、フレコンだけでなくいろんなものを入れて

 

来る組合員がいるため、フレコンには破損したフレコンだけを入れて搬入してください。

 

搬入先で際分別しているため、しっかりと分別して廃棄して欲しいと思います。

 

モラル低下は、廃プラ事業を困難にしかねませんので、協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年産米の田植えも、ゴールが見えてきました。

 

米先物取引の本上場か廃止かの判断が、この8月に行われます。

 

あきたこまちも上場されていますが、単位が204俵と大きいため活発な取引とは

 

なっていませんが、新潟コシについては1,000枚単位の取引が出来ており、農家

 

業者、投資家が動きながら値頃感を出しています。

 

あっても困らない先物市場を、より成熟化させるために本上場にすべきだと思います。

 

それには、もっとJAも勉強し組合員へ経営に必要な知識として周知するべきだと

 

思っています。

 

みんなで勉強してみましょう。


一秒を削り出せ

快晴の大潟村です。

 

まだまだ田植え最盛期ですが、今日は朝から強風です。

 

朝4時半に田んぼで会議をして、早々に今日の田植えを中止しました。

 

朝のうち風が弱いときに植えてしまおうと思っていましたが、かなりの強風に

 

明日の午後からやることにしました。

 

 

明日は1か月ぶりくらいの雨となりそうです。

 

ゆっくりと田植えをやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末も天候に恵まれ、最高の田植え日和となりました。

 

土曜日は弟が息子の野球でいないので、私が久々に田植え機を運転しました。

 

集中力が途中で途切れそうでしたが、何とか無事に終えることができました。

 

 

日曜日になると人があふれるくらいだったので、私が田んぼの対岸で田植え機を

 

待ち受け、ターンするときに同乗し苗の継ぎ足しを手伝うことで、運転手が30秒程

 

早く出発できます。

 

レースをしているわけではないのですが、日曜日は5枚ほど(6ha)田植えをする予定を

 

組んだため、どうやったら早く終われるかと考えた結果、対岸で待ち受けることに

 

しました。

 

その結果、朝5時から植えはじめて夕方5時には5枚の田植えを終えました。

 

最後は1枚2時間かからずに終わりました。

 

こんな高速な田植えを何歳までやることができるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年産米の田植え動画を撮影しました。

 

人がたくさんいて、余裕があると動画撮影の発想も出てきます。

 

 

風があったので水がよってしまい、マーカーも見えずらくなります。

 

こんな時、GPS田植え機があれば問題なく真っすぐに植えることができますね。

 

次回田植え機更新の時にはGPS田植え機となるでしょう。

 

クボタでは、10条植えGPS田植え機ができたようで、デモ機レンタルの話もある

 

ようです。

 

大潟村には必需品になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨がほとんど降らないため、タマネギの畑も乾燥している状況です。

 

 

何回も水を入れようかと思いましたが、営農指導員は「火曜日の雨を祈りましょう」

 

と勧めてくれたので、明日の雨を待つことにしましたが高確率なので恵みの雨と

 

なりそうです。

 

 

他の圃場でも生育が順調なので、収穫時期が楽しみです。

 

今年は県内においても販売開始しますので、お楽しみに。


キャンペーン終了

風もなく田植え日よりの大潟村です。

 

快晴で風もないのは何日ぶりでしょうか。

 

代かき作業をしている農家にとっては、最高の代かき日和だと思います。

 

軽トラに苗を積んで走っているのをみましたが、気温も上がるので田植え後の活着

 

が良くなり、稲にとっても最高だと思います。

 

苗を積んでいる軽トラは速度が遅いので、周りの車が気を遣ってあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100億円キャンペーンが終わってしまいました。

 

 

5月いっぱい続くのかと思っていましたが、昨日で100億円に達したようでキャンペーン

 

が終了してしまいました。

 

昨日、仕事終わりにローソンでビールなどを購入する際にPayPayを利用したら20回に

 

1回の確立で当たるPayPayチャンスが当たり、1,000円分のボーナスを獲得したばかり

 

だったので運が良かったのでしょう。

 

 

かなりPayPayにはお世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10連休のゴールデンウィークには、朝食からローソン調達だったので利用金額も

 

上がりました。

 

これまで4万円以上利用し、1,556円のPayPayボーナスがつきました。

 

これから還元されるボーナスもあるので、20%程のボーナスがつきました。

 

キャンペーンが終わっても3%相当のボーナスがあるようなので、他の電子マネー

 

よりも還元率は良いのではないでしょうか。

 

それにしてもいろいろな電子マネーがあり、どれを利用したら良いのか分からなく

 

なります。

 

かみさんにもPayPayアプリを入れようと思っていましたが、遅かったようです。

 

新紙幣も印刷されますが、どんどん電子マネーの利用が多くなるのは確かなようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米中貿易戦争がマーケットを直撃しています。

 

【朝日新聞】

https://www.asahi.com/articles/ASM5G2600M5GUHBI003.html

 

第4弾の追加関税3,000億ドルを13日に発表しました。

 

6月に公聴会を開くため、すぐに発動することはないようですが、最大貿易国の

 

アメリカ、中国の2国の戦いは世界経済を冷やすことになります。

 

アメリカ株式市場は今年2番目の下げ幅となり、日経平均株価も大幅に下げています。

 

追い打ちをかけるように、内閣府が3月の景気動向を発表し、景気後退している可能性

 

が高いことを示す「悪化」に引き下げました。

 

6年2ヶ月ぶりの「悪化」により、消費税増税判断は難しくなりました。

 

やはり衆参同時選挙でしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大谷選手に今季1号2ランが出ました。

 

だんだんエンジンがかかってきましたね。

 

今後の活躍が楽しみです。

 

我が家も明日から田植えを始めます。

 

トラブルなく終わることを願ってます。


ドローンの農業利用

快晴の大潟村です。

 

苗枠を付けた軽トラが走り始めました。

 

もう田植えを始めている人もいるみたいですが、今週多くの農家が田植えを始めます。

 

この1ヶ月、ほとんど雨が降っていない状況で、レベラー作業にはとても良い年です。

 

しかし、苗管理をしている婦人達は快晴と風で苗が乾き、大変だったと思います。

 

その作業も田植えが終わるまでですので、もうすこしです。

 

事故なく田植えを終わらせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年度、JAではドローン購入者に対して助成を行いました。

 

もうすでに現場ではドローンが活躍していました。

 

今さんはドローンを導入し、タマネギの葉面散布にドローンを利用していました。

 

 

しっかりとヘルメットをかぶって、父さんと息子が連携して散布しています。

 

 

息子がオペレーター

 

 

父さんが補助しています。

 

 

バッテリーは田んぼで交換し充電しています。

 

 

タマネギの除草作業や防除作業もドローンで出来たら最高なんですが、まだ課題が

 

あるようで農薬登録を待っている状況のようです。

 

もう2台導入されているので、作業風景をお届けしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消費税の再延期となるのでしょうか。

 

【現代ビジネスオンライン 高橋洋一】

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64584

 

米中貿易戦争が再燃し、世界経済が不安に陥っている中、6月末に行われるG20

 

サミットの議長国である日本が消費税増税を宣言出来るのでしょうか。

 

さらには、財政債権問題の件についてもバランスシートをみると、財政破綻する

 

ような危機的状況にないのに、財務省の出す情報は負債の部分しか出していない

 

ことに不満があるようです。

 

そして、消費税増税延期となると「国民の信を問う」と言う事で、衆参同時選挙が

 

行われる可能性が大きくなります。

 

消費税増税を延期し、国民の信を問うことで日本経済再生しデフレ脱却してから

 

増税議論をした方が良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田の「シルバーテツヤ」が大人気のようです。

 

【さきがけ新報】

https://www.sakigake.jp/news/article/20190513AK0003/

 

10連休中に東京から帰省した孫が、おじいさんにハイブランドの服を着せて

 

写真を撮り、それをツイッターに投稿したところ、4日で28万人のフォロワーを

 

獲得したようです。

 

こんな格好良いおとり寄りが沢山いたら、秋田も変わるだろうと思います。

 

目指せ!シルバーテツヤ!


オリンピックチケット

今日も朝から風が強い大潟村です。

 

今日一日ずっと風が強いようです。

 

代かき作業真っ最中の大潟村でも、防風林の近くは全く違います。

 

風の吹く方向によって違いますが、さすが防風林だけあります。

 

大潟村の防風林はポプラと黒松ですが、ポプラを植林してから50年以上経っており

 

台風が来るごとに倒木しています。

 

ポプラは根が浅いんですね。

 

それだけ強い風が吹く大潟村ですが、田植えまでもう少しですので代かき作業

 

頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックパラリンピックのチケット申し込みが始まりました。

 

【時事通信】

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050800845&g=spo

 

【公式チケット販売サイト】

https://ticket.tokyo2020.org

 

先ほど訪れてみましたが、アクセスが集中しすぎて画面が更新されません。

 

申し込みが5月28日までなので、それまでに申し込みをしておきましょう。

 

個人的には、開会式が見て観たいです。

 

当選後の支払いのために確認しておくべき事があるようです。

 

【マイナビニュース】

https://news.mynavi.jp/article/20190422-811878/

 

カード支払いはVISAカードだけなので、利用枠を確認しておかないと一括での

 

支払いが出来ませんし、支払えないと無効になってしまうようですので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大潟村の桜菜の花ロード、ソメイヨシノは葉桜になっていますが、八重桜が満開です。

 

 

約500mくらいでしょうか、まだ桜と菜の花を楽しめます。

 

 

菜の花はけっこう開花時期が長いんですね。

 

天気がよいのでドライブでもどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

この天候でタマネギも順調に生育しています。

 

 

新しい葉っぱが出てきて、茎も太くなってきました。

 

 

少し乾いてきたので雨が欲しいところですが、天候がよいことが重要です。

 

今年は全体的に生育が順調なので、目標数量達成出来るのではないかとわくわくして

 

いますが、天候勝負なので油断できません。

 

後は単価ももう少し交渉できるように考えたいと思います。

 

6月下旬から7月下旬に収穫作業に入りますので、視察に来てください。

 


クールビズ

快晴ですが風が強い大潟村です。

 

気温も上がり風が強いので、ハウス内の育苗は乾くため管理が大変です。

 

来週から田植えも始まるようですが、天気も良いようです。

 

 

後は風ですが、今日も8m〜9mと強く今後も風の強い日が続くようです。

 

代かき作業に強風は邪魔になります。

 

風の流れを見ながら、代かき作業を進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日からクールビズが始まりました。

 

【時事通信】

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050700150&g=soc

 

全国的にもクールビズがスタートしたので、JAでもクールビズを始めました。

 

女性の制服を夏服に替えるのはまだ寒いので、5月中は気温に合わせて調整する

 

事にしていますが、男性がネクタイを外せるのは助かります。

 

社会人の身だしなみですが、ネクタイを締めないだけで涼しくなりますし、苦しさ

 

もなくなり楽になります。

 

9月いっぱいまでノーネクタイになります。

 

昨年などは災害級の暑さがあったり、出張で東京へ行くと照り返しで汗だくに

 

なったりと暑さ対策が始まります。

 

体調管理を気をつけながら、暑さを乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種まきと同様、田植え時期も苗箱を運ぶので腰を大切にしましょう。

 

秋田県もパワースーツを開発し、売れているようです。

 

【日本農業新聞】

https://www.agrinews.co.jp/p47569.html

 

そんな物を開発しているとは知りませんでしたが、あったら楽だろうと思います。

 

種まきシーズンは箱並べ機があり、腰を曲げなくても良い機械があります。

 

水を含んだ苗箱を軽トラに積む作業はその逆の作業となり、腰への負担が増えます。

 

我が家には箱並べ機もないので腰サポーターで乗り切りましたが、パワースーツも

 

見て観たいところです。

 

 

一度痛めると、しばらく普通の生活が出来なくなるくらい重要な腰ですので、無理せず

 

注意をしながら田植え作業を終わらせ、楽しいさなぶりにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横手市でドローンによる受粉作業を高校生が行ったようです。

 

【ABS】

https://www.akita-abs.co.jp/news/news16231998.html

 

今まで手作業で行っていたものをドローンでの作業で、かなりの効率化が図られる

 

ようです。

 

大潟村でも今年3台のドローンが入っており、どのような作業に利用しているのか

 

作業風景も含めて調査させてもらいたいと思います。

 

最近、都内の飛行禁止区域でドローンの飛行が確認されているようですが、その

 

ような使い方をされると、人手不足解消や効率化に向けての利用促進が阻害される

 

可能性があるので、利用方法についてはしっかりと法律を守って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラクターでの代かき作業は忍耐だと思います。

 

あまり忍耐強くない私は、すぐに妥協してしまいますが、今日のような強風は忍耐力を

 

へし折るくらいの風になっています。

 

広い心を持って、忍耐強く頑張りましょう。

 

苗が急速に伸びてきていますが、急ぐほどうまくいかないものです。

 

忍耐忍耐・・・


令和元年

風が少し冷たいですが、快晴の大潟村です。

 

大潟村の田んぼにも水が入り、代かき作業が行われています。

 

来週になると一面水田となり、大潟村が湖に戻ったかのような景色となります。

 

隣町の寒風山に登るとその景色が望めると思います。

 

来週からは田植えもスタートします。

 

事故の無いように作業しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク10連休も終わり、この時期金融窓口に来る方は少ないのですが

 

今日は朝一混んでいました。

 

農家にはゴールデンウィークなどなく、この10連休中ずっとトラクターに乗りっぱなし

 

の状態で、代かき作業などは水の反射もあり自然と日焼けしてしまいます。

 

桜菜の花ロードも天候に恵まれ多くの観光客が訪れていたようです。

 

まだ菜の花が咲き続けており、もうすこし楽しめる状況です。

 

田植えが終わったら、ゆっくりとしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この連休中に元号が昭和から令和にかわり、天皇陛下も代替わりしました。

 

今回は譲位という形での代替わりだったので、自粛ムードではなくお祝いムードの

 

中で行われたため、清々しい気持ちで迎えられました。

 

この天皇制が千数百年続き、日本の象徴として存在してきた天皇がおられることに

 

より、日本人の心のよりどころとなっています。

 

天皇がおられることで日本人が1つになれるということは他の国にはないことで、

 

長年続いてきた伝統を踏襲しながら、これからも天皇制を維持していくことが

 

日本には必要だと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それを維持していくことは難しい問題があることもわかりました。

 

華族制度が廃止され女性皇族が嫁げば皇族から退くことになり、男系天皇維持が

 

途絶える可能性があると言うことです。

 

一時期、女性天皇制が議論されたことがありましたが、それを含めて天皇制を議論

 

していく必要があると思います。

 

「皇族」とはあまり身近な存在ではありませんでしたが、天皇制を維持していく

 

うえでは必要な存在でることがわかりました。

 

これからも、日本人の心のよりどころとなりつづけて欲しいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい時代を迎える日の前夜、テレビの前で寝ていた私を日付が変わる10分前に

 

家内が起こしてくれました。

 

しかし、そんなに重要だと感じていなかった私はすぐに布団に入り寝ました。

 

大晦日のような雰囲気があったのでしょうが、そんな感性が無かったので寝た私を

 

家内は「信じられない」と思ったことでしょう。

 

だってトラクターに乗りっぱなしで疲れていたんです・・・

 

 

10連休だった人は「連休で遊び疲れた」なんて言わない方が良いですよ。

 

仕事していた人もいるんですからね。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode