役員研修 JAびえい

秋晴れの大潟村です。

 

今日は一日好天が続き、暗渠作業に最適な日になりそうです。

 

早めに外作業を終わらせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

役員研修二日目は、観光地で有名なJAびえいにお邪魔しました。

 

【JAびえい】

http://www.ja-biei.or.jp/

 

美瑛町では、ブランド力強化のために大手広告代理店へ職員を派遣し、美瑛選果という

 

集客施設を作りました。

 

 

6・7・8月のトップシーズンには、大勢の観光客が訪れているので、美瑛選果にも

 

たくさんの観光客が訪れ売り上げも上がるようです。

 

さらに、千歳空港店や都内にもテナント店を出展して、情報発信しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クミカン制度の研修では、熊谷組合長、浦島専務や担当部長などに出席頂き、運営内容を

 

説明して頂きました。

 

 

JAびえいでは、クミカン制度を北海道信連のシステムを利用しているようですが、組合員

 

から営農計画をしっかりと提出してもらって、営農指導部がしっかりと管理しています。

 

 

同じく1月末決算なので12月末には口座を整理し、マイナス残高を精算してもらいます。

 

それでもマイナス残高が残る場合は、別途資金に借り換えを行います。

 

確実に管理されています。

 

 

 

 

 

 

 

今現在、規制改革推進会議では、クミカン廃止を提言しています。

 

農家経営の手助けになっているクミカン制度を、どのような理由で廃止しようとしているのか

 

地元のJAと議論したものでしょうか。

 

JAを利用していない農家、農業法人からの聞き取りだけで提言しようとしているのでしょうか。

 

昨日は、自民党内でも議論をしたようです。

 

【テレ朝ニュース】

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000088069.html?google_editors_picks=true

 

クミカン制度の廃止や信用事業の事業譲渡など、JA経営に関わる大きな問題になります。

 

とりまとめに注目しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、クミカン制度廃止を提言されている中でのクミカン制度運用の研修でした。

 

北海度をまねて作った、当JAの総合口座のあり方の議論を進めていこうと思っていますが

 

北海道のクミカン制度よりも厳しく管理しているわけではないので、2,500万円までの

 

枠を都合の良いように利用してもらっています。

 

その中で、米の収入時期が米販売会社によって違うため、12月末に全てを精算できない

 

農家が出てきているのも事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

分類債権認識において、このような事例をどのように区分していくのかが当JAの課題です。

 

あまり管理しすぎると農家の自由な経営判断が邪魔されると苦情が出そうですが、マイナス

 

残高が恒常化している農家には、管理の手をかけていくべきかもしれません。

 

規制改革推進会議の提言内容が、どこまで盛り込まれるのか注視していますが、改革は

 

必要だと感じています。

 

 

二つのJAを訪問しましたが、しっかりと農家の経営を把握しクミカン制度を運用しています。

 

総合口座改革は組合員にしっかりとした説明が必要になってきますし、平成30年以降も

 

力強い農家づくりのために新しい資金創設も必要だと感じました。

 

お忙しい中、丁寧に対応して頂き感謝しております。

 

 

 

 

 

 

 

二泊目は層雲峡大雪ホテルに泊まりましたが、真冬でした。

 

帰り道、流星・銀河の滝を見に行きました。

 

 

写真では分からないと思いますが、横殴りの雪が降っていました。

 

今回の役員研修では、珍しく役員参与含め全員が参加できました。

 

何事もなく、研修が終えられホッとしています。

 

今回の研修を、今後のJA運営に活かしていきたいと思います。


役員研修 JAながぬま

どんよりとした曇り空の大潟村です。

 

月曜日から3日間、役員研修で北海道へ行ってきました。

 

2日目の宿が層雲峡のホテルだったので、朝は吹雪でした。

 

気分がすっかり真冬モードになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の研修は、JA改革などで課題が大きくなっている中の、「クミカン廃止」という

 

北海道管内のJAにとっても重大な課題が突きつけられています。

 

今回の役員研修のメインは、「クミカン制度の運用について」という内容でしたが

 

廃止という提言が出されるという時期には、タイムリーな議題で訪問することができました。

 

一日目は、JAながぬまを訪問しました。

 

【JAながぬま】

http://ja-naganuma.whitesnow.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAながぬまの柴田専務、飛谷常務ほか担当職員に対応して頂きました。

 

北海道管内の108JAのうち、8割以上のJAがクミカン制度を利用して運営しています。

 

 

今回出された規制改革推進会議の提言書は、なんら組合員の自由な経営の妨げになって

 

おらず、組合員の健全な経営に役立っていると言う同じ認識でした。

 

運用内容は、我々の総合口座よりもはるかに厳格に運用されており、我々の運用が組合員の

 

経営判断に任せているところが大きく、勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

JAながぬまでは、1月末決算なので12月末までに口座残高をゼロにしなくてはなりません。

 

柴田専務より説明がありました

 

ほとんどの組合員は、計画の沿った運用をしておりゼロにするのですが、できなかった

 

組合員については、新たな資金を貸付て新年度からはゼロスタートにしています。

 

大潟村も年末にはゼロにする運用でしたが、米販売が多様化し収入が年間を通じて入る

 

ようになったため、年末にゼロにできずそのまま運用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような事ができるのも、土地の価格がまだ高いままで維持できているためで、

 

不良債権化しないために運用を組合員に任せているという感じです。

 

その残高が繰り越されていくので、ゼロにする意識が薄れマイナス運用が日常化して

 

しまっているのが現状です。

 

組合員もフリーローン口座のように利用しており、普通の銀行では10数パーセントの

 

利率がかかりますが、当JAでは良心的な利率で運用しています。

 

他の資金よりも利率が高いため、他の制度資金を利用する方が利息がかからないのですが

 

証書を書く手間や相談が面倒なことがあるためか、簡単に総合口座で支出してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

経営意識を高めるためには、組合員への運用方法見直し提案をしていきたいと思います。

 

 

特にこれから経営を始める後継者世代に、総合口座のあり方や他の制度資金の説明を

 

行いながら、個人の経営意識を高めさせたいと思います。

 

2時間ビッシリと役職員の方々には感謝しかありません。

 

とても参考になる研修先でした。

 

 

 

 

 

 

 

かつての名門校も、迷走しています。

 

【報知スポーツ】

http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20161116-OHT1T50088.html

 

秋田県の明桜高校が、野球部の監督を公募しています。

 

ここ数年、毎年監督が替わっており在学の選手にとっても迷惑な話です。

 

「勤務実績により定年まで勤務可能」とありますが、結果を残せないとすぐクビです。

 

これで良いのでしょうか?

 

理事長の考え方が分かりません。

 

 

 


クミカン廃止

どんよりとした曇り空の大潟村です。

 

これから雨が降る予報ですが、気温も上がるため雪にはならないようです。

 

いつ天候が荒れるか分からないので、タイヤ交換はお早めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

規制改革推進会議の農業ワーキンググループがとりまとめる提言が判明しました。

 

【日本農業新聞】

https://www.agrinews.co.jp/p39419.html

 

その中で注目は、北海道で定着している組合員勘定「クミカン」の廃止です。

 

当JAでも同じく組合員勘定「総合口座」を運営しており、信用事業の中では大きな

 

ウエイトを占めている部門です。

 

一方的な廃止と言われていますが、今後北海道を中心に混乱が起こる可能性があります。

 

年に一度しか収穫できない作物の経費をまとめて払うための口座として運用しています。

 

その枠を勘違いして、生活資金もまとめて使ってしまうため経営感覚が麻痺してしまう

 

可能性も秘めているため、利用者も注意して管理する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つ、信用事業を行うJAを半減させ、農林中央金庫に事業譲渡提言もあります。

 

さらに、准組合員利用調査を加速させ、利用規制をかける狙いがあるかもしれません。

 

JA組織として准組合員の割合が大幅に多い農協には、信用事業を強制的に農林中金へ

 

事業譲渡させる方針です。

 

准組合員も組合員であり、農協運営に理解を示している組合員ですが、農家というくくり

 

から大きく外れた運営では、農業協同組合組織としてはなじまないと言われます。

 

地域を支えている地方の農協と、都市部の准組合員が多い農協とは違うと思いますが

 

これも大きな問題となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

いずれ全農も大きくメスを入れるような改革提言ですので、それがそのまま政府の方針

 

として示されるのかは分かりませんが、農林水産省も農協組織とは距離を置き始めている

 

ので、この提言がそのまま示される可能性もあります。

 

大潟村農協にとって、運営に大きな支障が出ると同時に、組合員が一番利便性を感じている

 

総合口座を廃止すると言うことになれば、大きな混乱になりかねません。

 

来週から、北海道へ役員研修に行くのですが、目的は組合員勘定の運営状況の意見交換です。

 

意見交換どころか、廃止となったときの影響の話になるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルグループTOKIOの城島山が、日本農業新聞の定期購読が話題になっています。

 

【J-cast news】

http://www.j-cast.com/2016/11/08282845.html

 

テレビのダッシュ村企画の冒頭で、城島さんが日本農業新聞を観ている姿が放映されました。

 

それが大きな反響となり、日本農業新聞に問い合わせや定期購読希望者が出ているようです。

 

農業に関心持ってもらうには、日本農業新聞が手っ取り早いかもしれません。

 

アイドルの力、恐るべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプショックで日本市場が混乱しましたが、あっという間に回復しました。

 

投資家も冷静になってきたのでしょう。

 

TPPも衆議院を通過しましたが、アメリカ大統領選挙ではトランプ氏が即刻離脱を

 

表明していました。

 

選挙戦の発言がそのまま実行されるとは思いませんが、アメリカ以外は大筋合意して

 

批准に向けて動こうとしています。

 

他が批准して、あとからアメリカが修正を求めてもアメリカは弱い立場になります。

 

大きな経済圏となりそうなので、トランプ氏の本心をすぐに確認する必要があると

 

思いますが、皆さんはどう思われますか。

 

日本がリーダーシップを発揮しましょう。


トランプショック

気温も上がらず、曇り空の大潟村です。

 

屋根の上には、雪が少し残っていました。

 

昨日は大荒れで、秋田市から帰って来るのに横殴りの雪と強風で、車の速度を落とさざるを

 

得ない状況でした。

 

今日は荒れない予報ですが、太陽を観る時間が短くなってきます。

 

寂しい季節ですが、楽しく過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日行われたアメリカ大統領選挙ですが、大方の予想を裏切りトランプ氏が勝利しました。

 

【Buzzfeed】

https://www.buzzfeed.com/daisukefuruta/last-message-to-young-girls?utm_term=.leMjXKEer#.lpmnle0MR

 

敗戦の弁を述べたクリントン氏は、若者に希望を持つように語りかけました。

 

メディアが伝えていた世論調査の結果は、何だったのでしょう。

 

日本経済市場は、大混乱の円高株安に変動しました。

 

今日のNY市場では、大幅な円安に動いているようです。

 

日本市場でも、昨日とは逆で高騰しています。

 

今までのトランプ氏の発言を観ると、不安になると思いますが真実でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のメディアは報道していませんが、クリントン財団の悪事についてアメリカ国民は

 

理解しており、過激発言よりも隠れた悪事に嫌気を感じた行動がこの結果のようです。

 

日本のメディアは不安をあおるのが大好きですが、大統領権限よりも議会権限の方が

 

より重大ですので、今までの発言通りの行動にはならないと言う評論家もいます。

 

アメリカ自体を変えて欲しいと言う国民の願望が勝った結果ですので、新しい政権と

 

十分に協議する必要があると思います。

 

あとは、日本が対応する力をつけなければなりません。

 

日米安保や自衛隊のあり方、外交対応についてアメリカ同盟のあり方も戦略見直しが

 

迫られると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、TPP法案が今日衆議員を通過する予定です。

 

【テレ朝ニュース】

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000087457.html?google_editors_picks=true

 

トランプ氏はTPPに参加反対の立場を取っていますが、アメリカ抜きの経済圏を確保

 

するための対策も必要になってきます。

 

今こそ、日本のリーダーシップを発揮する時ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、第一次入植者が訓練所に入って50年目になります。

 

私の父親も一次入植で新潟から訓練所に入所しました。

 

これからホテルで行われる祝賀会に出席してきます。

 

 


年金受給者との懇談会

冷たい風が強く吹く大潟村です。

 

今日はこれから気温が下がり、昼過ぎからミゾレになりそうです。

 

天気予報でもミゾレの予報でしたので、自動車整備課のタイヤ交換は大忙しです。

 

すぐに溶けるでしょうが、これからの季節早めに交換しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、年金受給者との懇談会が行われました。

 

年々対象者が増えてくる中で、参加者も増えてきています。

 

今年初めて参加したという方も多くおり、周りの方を誘っての参加が増えてきそうです。

 

年金受給口座を持っている方の1/3しか参加していませんので、増え続けると2日間に

 

分けての開催も検討しなくてはいけないかもしれません。

 

多くの方に楽しんでもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私からは、「今年の作柄」「上半期の事業実績」「農協改革」「30年問題」を説明させて

 

頂きました。

 

 

世代交代が進む中で、なかなか多くの入植者組合員が集まる機会が少なくなりました。

 

しかし、この会だけはどの行事よりも多くの参加を頂いており感謝しております。

 

アトラクションでは、大潟村の方がマジックを披露してくれましたが、大潟村の方とは

 

知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宴席が始まると、お酒も入りだんだん盛り上がってきます。

 

 

最後はカラオケ大会になりましたが、多くの方々から「楽しかったよ」と言う言葉を

 

頂きました。

 

昨年は全ての方にお酌をできませんでしたが、今回は早めに回ったところ皆さんとお話を

 

することができました。

 

まだまだ入植者パワーは凄いものがあります。

 

これからもJAを支えて頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

また来年お会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

博多駅前の大規模陥没の原因は何なんでしょうか。

 

【産経ニュース】

http://www.sankei.com/economy/news/161109/ecn1611090003-n1.html

 

秋田中央道路を建設している途中に地下水が流れ込み、その影響で地上にある高校の

 

体育館が傾いたと言う事がありました。

 

同じく地下水の影響が出ていたようですが、急に道路が陥没するなど想定していませんので

 

事故がなくて幸いでした。

 

地震により地盤が緩んでいたのではないか、と言う指摘もあるようですが非難している

 

周辺の業者はたまったものではありません。

 

早く復旧して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ大統領選挙の投票が始まりました。

 

【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/world/20161109-OYT1T50035.html?from=ytop_top

 

日本時間のお昼過ぎには大勢が判明するようですが、接戦が続いています。

 

隠れトランプファンがいると伝えられていますが、トランプ氏の逆転はあるのでしょうか。

 

注目です。


TPP議案審議

秋晴れの大潟村です。

 

昨日は、一日岩手県にいましたが、気温が寒い上に風が強く凍えるような寒さでした。

 

秋田もとても寒かったようです。

 

今日は風もなく、外仕事には最適だと思います。

 

さあ、暗渠作業を頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週は、自民党による農林水産業骨太方針策定PT現地意見交換会が仙台で行われ、

 

翌日の金曜日には、JA全中による地区別組合長会議と自己改革実戦トップフォーラムに

 

参加してきました。

 

小泉農林部会長率いる自民党PTの会合では、小泉部会長から冒頭に「TPP交渉大筋合意

 

ないようについては全て公表している。黒塗りは交渉内容で、過程で誰がどのような譲歩案

 

を出したのかは、秘密事項になっている」という説明がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

交渉結果はすでに出ており、それに対しての対策大綱が昨年の11月に出されています。

 

明日にも、TPP法案審議が衆議院にて可決されそうですが、野党も失言による日程のこと

 

ばかりの追求が目立ち、議論が進んでいない印象を受けました。

 

最後には、「強行採決」という文言で国民に説明しようとしていますが、進め方に問題が

 

あると思います。

 

TPP交渉により、農産物貿易の輸入関税が下がっていく中、どのような農業を日本は目指す

 

のかという議論が足りないのではないでしょうか。

 

ゾーンニングをしっかりと設定し、中山間地域をどう活用するのかという踏み込んだ議論に

 

発展させるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

小泉農林部会長の話し方は、とても理論整然としていてすんなりと入ってきます。

 

農業界と同じ方向を観ながら進めていると言う主張でしたが、農林中金の農業融資の件から

 

はじまり、農業資材や農機具の価格問題などを追求していますが、それら全てを農協の

 

問題としてしまっていることに対して、農協関係者から反発を受けています。

 

なぜ再生産できないような農業現場になってしまったのか?と言う疑問を西川議員に質問

 

したところ「第一に悪いのは農林族議員、第二に農林水産省、第三に農業関係団体」と

 

小泉農林部会長に答えたようです。

 

一緒になって農業現場を考えてきた農林族や農林水産省に責任はなく、全て農協の問題へ

 

すり替えられていると言う事に対して納得がいっていません。

 

政府自民党や農林水産省は、農業団体の声や影響を少なくしたいのかもしれませんね。

 

実際、日本農業の担い手は農協から離れているのは事実ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全農と農林中金が、英国食品卸を買収するようです。

 

【日経新聞】

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC06H04_W6A101C1MM8000/

 

農産物輸出へ弾みをつけたいところだと思いますが、しっかりと結果を出して欲しいと

 

思います。

 

米玄米を輸出して終わりでは、市場を拡大することができません。

 

白米を食べさせるところまで行かないと、市場の拡大とまでは行きません。

 

白米を食べる文化を定着させるには、相当時間がかかりますがやり続けないといけません。

 

輸出に特効薬はないので、地道にお金と時間をかけないといけないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米国大統領選挙の投票日が近づいています。

 

【NHK】

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000087199.html?google_editors_picks=true

 

トランプ氏とクリントン氏が接戦になりそうだと言う事ですが、表に出さない隠れトランプ票

 

が相当あるという話があります。

 

今までのやり方では、米国は良くならないと言うトランプ氏を応援したいのですが、女性軽視

 

や問題発言が山とあり、自分の意見を表に出しづらい状況があるため最後まで分かりません。

 

注目です。

 


政治家 小泉進次郎

昨日から仙台に来ています。

仙台は快晴です。







昨日は、自民党農林水産業骨太方針策定PT現地意見交換会が仙台で行われました。



小泉進次郎議員は、会合が始まる30分前には皆さんと名刺交換をはじめ、始まるギリギリまで皆さんと交流していました。

私たちのところにも来てくれたので、名刺交換をしたところ私のことを覚えてくれていて、「小林さん、ジェネリックやってますからね」と答えてくれました。

小さなJAの組合長のことを覚えてくれていたのには、ビックリし感動しました。





会議の冒頭の挨拶では、TPPの話題になり、交渉結果は全て公表されており、黒塗りの部分は誰がどういう交渉をしたのかと言うことだ、と説明がありました。

その後も農業を持続可能な産業にするために、一緒に考えていきましょう、聞き惚れる内容でした。

今の骨太の内容を説明したあとに、会場に集まった方々から質問が相次ぎ、2時間半びっしりと予定時間をオーバーして終わりました。

質問には回答する時間はありませんでしたが、終わりの挨拶でも、30年後の農業でこの会議が改革和提案して良かった、と言われるような改革にしたいと挨拶されていて、農業に対する思いを流れるように説明で会合を締め終わりました。

小泉進次郎議員には、農業解体と言う先入観があるためか、参加者からは厳しい発言も有りましたが、彼の発する言葉一つ一つに聞き惚れるようなフレーズがたくさん有り納得してしまいます。

これが小泉進次郎と言う政治家なんでと感じました。

誰でも惚れてしまうくらい、カッコいい存在でした。





今日は、仙台のホテルにて地区別の自己改革実践フォーラムが開催されるため、秋田に着くのは夜になります。

しっかり勉強して帰ります。


作況指数

暖かい日差しが降り注ぐ大潟村です。

 

だんだんと日差しが下がり始め、日に日に日が短くなってきています。

 

10月も終わり、今年もあと2ヶ月になってしまいました。

 

郵便局では、年賀状の販売が始まったようです。

 

【NHK】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161101/k10010751861000.html

 

絵との画像にも一工夫あるそうです。

 

今年こそは、早めに年賀状を仕上げたいと思います・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度産米の作況指数が発表になりました。

 

【農林水産省 農林水産統計】

http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-6.pdf

 

 

秋田県の作況も、9月の時点から1ポイント上がって「104」という数字になりました。

 

全国的にも「103」の「やや良」となっており、豊作基調になりました。

 

沖縄をのぞけば作況指数100を超え、夏場の高温障害などの被害はなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国的な豊作基調でも、米価が昨年よりも上昇しています。

 

平成24・25年産米も豊作基調で米価が上昇し、大量の在庫を抱え26年産米の大暴落に

 

つながった経緯があり、心配しています。

 

農林水産省は、需給の引き締め対策として飼料用米作付けを来年度も続けていくという

 

方針ですが、財務省から他の作物に比べて補助率が高いため横やりが入っています。

 

このままの米政策で行き詰まらないのか心配しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

農林水産省は、米価を上げるために(在庫圧縮)飼料用米へ作付け誘導していますが

 

米価を上げると、実需業者はSBS米やMA米などの低米価の原料を調達し在庫が増えます。

 

今年は、くず米も少ないので中米でさえ1万円を超える価格になっています。

 

米価を上げてしまうと国産米市場が縮小し、海外産に市場を奪われてしまいます。

 

米価を上げてしまうと飼料用米を作るより、主食用米を作付けが増加してしまいます。

 

そもそも、米価を上げることにより農家所得は向上しますが、海外輸出力は落ちます。

 

消費者負担型米政策では市場拡大は見込めないので、主食用米だけで考えるのではなく

 

食品原料市場国産米市場として奪い取るために、米価を抑えておき再生産可能な所得確保の

 

ために納税者負担型米政策に考え方を切り替える必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、仙台市において自民党の小泉PT現地意見交換会が行われます。

 

ほとんどの組合長は、種苗交換会で中央会理事会をひかえているため出席できませんが

 

中央会の理事になれないJA大潟村は、意見交換会に出席してきます。

 

資材価格や農産物輸出など、骨太方針について意見交換を行いますが、どのような雰囲気に

 

なるのか注視してきます。

 

JA関係者だけではなく、農業生産法人なども入っているので、JA批判になる可能性もあり

 

全農株式会社化へ布石を打たれる可能性もあります。

 

厳しい声も聞こえると思いますが、解決方法も模索しながら検討してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はドライブ日和ですが、明日は強風が吹き荒れるようです。

 

暖かいうちに外仕事をこなせるように、段取りを考えて進めてください。

 

その前に、籾スリ頑張ります。


農業を魅力ある就業先とするために

曇り空の大潟村です。

 

日本シリーズも盛り上がってきました。

 

テレビでは、札幌の隣にある北広島市の複雑な心境が放送されていました。

 

北海道に広島からの開拓団が切り開いた街、北広島市は両方応援しているのでしょう。

 

決戦の地は、広島県に移りました。

 

 

 

 

 

 

 

山下一仁氏が「農業を魅力あるしゅうぎょうさきにするために」を執筆しています。

 

【キャノングローバル研究所 山下一仁】

http://www.canon-igs.org/column/20161025_yamashita.pdf

 

このレポートに、「大潟村」が出てきます。

 

大潟村のように、農業収益が高ければ就農者も確保でき、耕作放棄地も生まれない

 

と書かれています。

 

農地の集積にはゾーンニングが必要だと言うこと、それには農地法改正が必要だと

 

言うこと、その為には農政改革が必要だと言うことです。

 

収益性を高められる方策は、多収性もあり地域の高低差を利用するなどの方法もあります。

 

地域をまるごと利用できるようなプランニングが必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこれから湯沢市に行き、JA常勤役員研修に参加します。

 

明日の朝からは、種苗交換会の開会式、式典などがありますのでブログ更新できません。

 

天気が良ければ楽しいのでしょうが、歴史ある種苗交換会をご覧ください。

 

行ってきます。


日本一小さい専業農家

昨日よりは肌寒くなりましたが、快晴の大潟村です。

 

昨日は20度近くまで気温が上がり、室内にいるよりも外の方が暖かいと感じました。

 

少し風もありますが、外仕事には最適な日となっています。

 

暗渠補助事業の資材引き取りは、11月に入ってから行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本一小さい専業農家」の記事が出ていました。

 

【ダイヤモンドオンライン】

http://diamond.jp/articles/-/104773

 

石川県能美市で脱サラで農業を始め、補助金も農機具も大農地も知識もないところから

 

加工や直売で幸せな農業生活をおくっていると言う事です。

 

日本農業は、大規模化へ向けて集積事業を強化し、コスト削減に向けて努力していますが

 

独自に顧客をつかみ、商品ロスを加工商品に変えて利益率を上げています。

 

担い手大規模農家だけが日本農業の姿ではなく、無農薬栽培や直売で直接消費者の声を

 

聞きながら営農をする手法もあります。

 

新規就農者がなかなか進まない中、このような取組も日本農業のモデルだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

大規模機械化によるコスト削減は、農産物輸出にとって大切なことですが、付加価値や

 

取組を理解しその価値に共感できる消費者を捕まえることができれば、規模だけではない

 

農業の姿が見えてきます。

 

急速な後継者不足に対応出来ていない地方の農地は耕作放棄地となってしまいます。

 

農業参入には多額の資金も必要になってきますが、地域ごとに違う気候や風土を理解した

 

農業経営モデルが必要になります。

 

全て米を中心にコスト削減効果を出せる平場の稲作適地は、規模拡大でモデル経営を示す

 

事が可能ですが、中山間地域には米だけでなく収益性のある作物が必要になります。

 

5ha、10haという規模で十分採算性のあるモデルを作り上げ、耕作者も地域も幸せな生活

 

が送れるようにする必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本シリーズが行われており、2勝2敗のタイとなりました。

 

日本ハムで活躍しているプリンス、大谷翔平選手に初めて恋の話が出てきました。

 

【ライブドアニュース】

http://news.livedoor.com/article/detail/12201227/

 

地方の女子アナウンサーだと言うことですが、名前も伏せられており信憑性に欠けます。

 

同じチームの選手や関係者でも、野球に専念している姿しか見せていないし外出もほとんど

 

していないので、ガセネタだと思います。

 

しかし、どんな女性が大谷選手を射止めるのでしょうか。

 

やはり女子アナなんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

オレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害があとを絶ちませんが、秋田市の女性が詐欺容疑で

 

逮捕されました。

 

【さきがけ新報】

http://www.sakigake.jp/news/article/20161026AK0002/

 

これは電話による特殊詐欺ではなく、女性を信じて預けたと言う事で逮捕されました。

 

「世の中そんなにうまい話はない」と言う事を忘れてはいけませんね。

 

「あなただけ」といううまい言葉にだまされないようにしましょう。

 

気をつけます・・・



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode