真っ向勝負

気持ちの良い快晴の大潟村です。

 

気温も最高気温22度程となっており、過ごしやすい状況です。

 

 

週間天気予報に傘マークが付きました。

 

 

さらに詳しく見て観ると、土曜日の夜に雨が降り始めるようです。

 

 

いつもここから裏切られるため、あまり信用していませんが、ぜひ降ってください。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年甲子園を騒がせ一躍有名人になった吉田輝星選手が一軍で登板しました。

 

【日刊スポーツ】

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906130000034.html

 

私もテレビの前にスタンバイし、吉田選手の投球を見守っていました。

 

初回が全てだったと思います。

 

しかし、荒れ球ではなく丁寧に低めを付いているように見えました。

 

本当は、首位を走る広島打線にはかなわないと思っていましたが、直球に押されて

 

いる感じがあるため予想を大きく裏切ってくれました。

 

それにしても2回以降は球数も少なく、圧巻の投球だったと思います。

 

まだスタートしたばかりですので、ケガに気をつけて勝ち星を重ねてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田からも多くの応援団が札幌ドームに駆け付けたようです。

 

両親家族はもとより、同級生や先輩、野球関係者など私の知っている限りでも

 

チケットを取ったという情報が入ってきました。

 

秋田でもパブリックビューイングを行い、盛り上がったようです。

 

【河北新報】

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190613_44003.html

 

私の次男の同級生も金農野球部OBで、KANANOのユニフォームと帽子着用で応援に

 

行ったようですが、テレビ局から取材を受けたようです。

 

テレビでもKANANOタオルを持っているファンや、「18」のユニフォームを着た

 

ファンが多く駆け付けており、注目されていたようです。

 

ファンに愛される選手になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

タマネギの収穫が始まりましたが、我が家の畑もだんだん玉が大きくなってきています。

 

 

まだまだ4〜5cmほどですが、もう少し太ってくれたらうれしいです。

 

良いところは5cmを超えていますが、全体を見たらまだまだです。

 

 

収穫までにはもう2週間ほどありますので、週末の雨も期待しておきます。

 

 

毎日話しかけながら生育を見守っています。

 


選挙モード

快晴の大潟村です。

 

傘マークがついたり消えたりしていますが、土曜日に傘マークが付きました。

 

 

50%なのでどうなるか分かりませんが、小雨の0mmという予想なので期待できません。

 

県内でも水不足で、水稲の作付を諦め大豆に切り替える農家が出てきているようです。

 

大潟村は水の心配がないので、水があるだけでも良しとしなければいけません。

 

でも一雨欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参議院選挙を前に、議員もメディアもあら探しモードに入ってますね。

 

「老後2000万円問題」について、同感な記事がありましたので紹介します。

 

【東洋経済】

https://toyokeizai.net/articles/-/286341

 

年金の本質は「保険」という考え方が基本で、足りない分については自助努力が必要

 

と言う考え方が重要です。

 

そのためにどうしたらよいかというなげかけに、貯蓄や費用見直しや運用という選択肢

 

があるのに、年金不安ばかりあおり続けるのは危険だと思います。

 

報告書のP29にもあるように、「公的年金の受給に加えた生活手段をあげるための行動」

 

を即しているのであって、考えるきっかけを提案しているのだと思います。

 

「年金で暮らせないから与党は詐欺だ」と不安をたきつけるのではなく、いろんな角度

 

から考える必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世論が年金不安をあおっているためか、昨日我が家にもある証券会社から資産運用の

 

提案があったようです。

 

貯金では今の低金利時代利息も付きませんから、「0.4%」という商品の説明を家内に

 

していたようですが、JA大潟村の金融商品は他と比べてかなり高い利率になっているため

 

教えてあげた方が良かったのかと思います。

 

JA大潟村独自の上乗せ金利について、上部団体から指摘が入ってきています。

 

利率を上げて貯金を稼ぐよりも、貸出強化をうたっています。

 

大潟村では制度資金を利用して低金利の資金を提案していますが、公庫資金のスーパーL

 

資金はどこの金融機関も勝てないほどの金利になっており、うちのJAでも農家の為に

 

低金利の公庫資金を提案しています。

 

そうするとJAの貯貸率が低下し信用利益を落とすことになるため、職員のモチベーションを

 

上げるために上部団体から利息補填などを要求していますが、返答もきません。

 

農業資金融資を頑張っているJAについては、しっかりと評価して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週の月曜日に、初めて赤門をみてこようと思っています。

 

【シンポジウム 農業経営支援連絡協議会】

http://www.ode.or.jp/other/kome/doc/symposium.pdf

 

講演をする佐藤正志さんのおじさんが大潟村に入植をしているので、先日もJAを

 

訪問してくれました。

 

米先物取引も7月には、本上場になるのか廃止になるのかと言う瀬戸際にきています。

 

農家が利用してみた感想を述べてきてみたいと思います。

 

赤門がある本郷キャンパスではなく弥生キャンパスですが、初の東大赤門もみて

 

きたいと思います。

 

残念ながら日帰りです・・・


タマネギ収穫スタート

久々に曇り空の大潟村です。

 

気温もいつもより低く風があります。

 

半袖だと寒い感じがします。

 

先週から雨マークがついては消え、ついては消えでタマネギの田んぼもカラカラです。

 

田んぼの水も泥カナとアオミドロで表面が覆われている状況です。

 

水を落として乾燥させることにしました。

 

こんな小雨は今までありませんでしたが、梅雨入りした後が怖いと感じています。

 

そろそろ雨降っても良いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

タマネギが乾燥施設に搬入されました。

 

 

一番先に播種され植え付けされたタマネギです。

 

マルチもしていたので、生育が良すぎるくらい成長しトウ立ちしたタマネギも多い

 

圃場からの収穫だったようです。

 

昨年に比べるとタマネギの大きさは格段に違います。

 

 

昨日で1泥灰鵐謄複苅圧,曚鋲ったきたようですが、これから10日ほどで乾燥が

 

終わり調整作業が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテナを4段積み上げるのですが、4段目にフォークリフトが届かないため

 

3段目と4段目を一緒に積み上げているようでした。

 

 

総会が終わると固定資産の取得が行われますので、その時には4段目に届くフォーク

 

リフトが活躍してくれると思います。

 

田んぼ条件によって生育がバラバラなため、来年の作付けに向けての検証が必要に

 

なってきます。

 

 

まずはこの乾燥施設を一杯にして、どんどん出荷できるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防衛省の不始末で、計画は白紙になってしまいました。

 

【産経ニュース】

https://www.sankei.com/politics/news/190610/plt1906100011-n1.html

 

データ間違えに居眠り、伸長に慎重を期さなければいけない事案に対して、あまりにも

 

軽率な行動に誰も何も信じられなくなってしまうのは当然かもしれません。

 

自衛隊マニアと言われる佐竹知事も怒っている状況では、なかなか前に進めることも

 

ままなりません。

 

最近は、国会議員や国省庁の重みが無くなってきていると感じるのは私だけでしょうか。

 

隠蔽、不祥事、不適切発言、批判ばかりの野党などなど、国民が誇れる議員、組織から

 

かけ離れてきているように感じます。

 

しかし、国防は国を守る重要な案件ですので、住民にも説明は必要ですが、国に奉仕

 

する気持ちも少しは必要だと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢の対決が実現しました。

 

【HUFFINGTONPOST】

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cfc86bae4b04e90f1ca8378

 

花巻東先輩後輩対決がMLBで実現し、大谷翔平選手が先輩の菊池雄星投手から6号

 

ホームランを打ちました。

 

試合後、そのホームランボールを「学校に送りたい」と言っていたので、佐々木監督の

 

元へ対決の結果が届けられるのでしょう。

 

教え子がMLBにいくだけでも凄いのに、しかも2人のMLB選手対決が実現し、本塁打

 

がでるとは監督にとってもうれしいことだと思います。

 

これからも日本の野球少年に夢を与えて欲しいと思います。


傘マーク

曇り空の大潟村です。

 

ずっと25度を超えるような暑さでしたが、今日は涼しく感じます。

 

期待していた昨日の雨はほとんど降っておらず、タマネギの圃場も乾燥状態です。

 

週間天気予報を見ても傘マークは無く、いつになったら雨が降ってくれるのでしょうか。

 

 

関東ではそろそろ梅雨入りしそうですが、雨乞いでもした方が良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝もタマネギ圃場を歩き、トウが立ったタマネギを探してきました。

 

けっこうあるもので、小さいタマネギでもトウ立ちしていました。

 

 

昨日の写真と同じではありませんが、今日もこれくらいの抜き取りでした。

 

勢いの良いタマネギは、ここでトウ立ちしてしまうのがもったいないのですが、

 

少しくらいトウ立ちしないと収量が上がらないとも言われており、悪いことでも

 

ないようです。

 

圃場全体が均一に生育しているわけでもないので、どれくらいの収量があるのか

 

見当もつきませんが、まだまだ小さいのでぜひぜひ雨が降って欲しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラ1が一軍のマウンドに上がります。

 

【日刊スポーツ】

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906050000471.html

 

秋田の輝く星、日本ハム吉田輝星選手が1軍に合流し、12日の広島戦に先発する

 

予定だそうです。

 

勢いのある広島相手にどれだけ通用するのか注目しています。

 

東北LAWSONでは、金農とコラボレーションした商品を発売して8年になりますが

 

今年も販売が開始され、売れ行きも好調のようです。

 

 

吉田選手同様、頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に雨乞いをしなくてはいけないと思うくらい、雨が降っていません。

 

雨乞いの歌や踊りなどもあるんですね。

 

【エンタメラボ】

https://entame-lab.com/amagoi-yarikata/

 

私は神社に行ってお祈りしてこようかと思ってます。

 

笑っていられなくなってきましたよ・・・


記録的小雨

少し雲がかかっていますが、晴れている大潟村です。

 

毎日快晴が続いており、雨が欲しいところです。

 

週間天気予報で今日の午後から雨が降る予報でしたが、だんだん降水量が少なく

 

なってきています。

 

 

稲にもタマネギにももう少し雨が欲しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月は記録的高温少雨となったようです。

 

その影響で水が田んぼに入らず、田植えが出来ない場所が続出しているようです。

 

【河北新報】

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190605_43002.html

 

水が来ないことには代かきも出来ません。

 

これから大豆の播種もはじまりますが、雨が降らないことには播種も出来ません。

 

種をまいても発芽しなければまき直しになります。

 

大潟村では、菜の花ロードにひまわりの種をまいたようです。

 

【NHK】

https://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/20190604/6010003897.html

 

8月中旬のお盆頃には、ひまわりが咲き帰省客の目を楽しませてくれます。

 

まずは一雨、お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、タマネギ圃場を回りましたが、タマネギのつぼみが上がってきている

 

トウ立ちしたタマネギを引き抜いてきました。

 

 

探せばけっこうトウ立ちしているタマネギが見つかり、これくらいの収穫となりました。

 

若いうちは食べられるようなので、早速茎を落としスライスされお昼に食べる予定の

 

カレーに投入されました。

 

収穫が近づいてからのトウ立ちタマネギは、芯が硬くなり若いうちの方がたれられる

 

と言う情報がありました。

 

当分、タマネギ料理が続きそうです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝ビックリしたのが、南海キャンディーズ山ちゃんの結婚報道です。

 

【日刊スポーツ】

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906050000233.html

 

まだ信じられません。

 

ドッキリかもしれません。

 

今夜会見を開くようですので、そこまで信じられません。


タマネギの成長

毎日快晴が続く大潟村です。

 

今日も予想最高気温が26度となっており、日差しが厳しくなっています。

 

大潟村の令和元年産米作付もほとんど終わりました。

 

除草剤を播き、草刈りをしたら一安心です。

 

6月も高温小雨の予報となっており、稲にとっては良いのですがタマネギには一雨

 

欲しいところです。

 

明日雨の降る予報になっているので、強めの雨をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼはわきを押さえるため、水を落とし干している田んぼもあるのですが、

 

タマネギは肥大期に入り水が欲しいところです。

 

 

排水対策として暗渠を入れた場所は、籾殻のせいか土場が酸性となり生育が停滞

 

もしくは萎縮してしまっています。

 

しかし、良いところは肥大が始まっており、もう少し水分が欲しいところです。

 

 

 

やっとタマネギらしくなってきました。

 

他の組合員のタマネギ圃場は、もっと活きよいが良く茎も太いらしいのですが、

 

晩生の品種であり遅く植え付けを行ったところなので遅れて見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早生品種を早く種まきを行い、すでに茎が倒れてきている圃場もあるようですが、

 

問題は早すぎると「トウが立つ」ことです。

 

タマネギのつぼみが上がって来ることを「トウが立つ」というのですが、まだまだ

 

生育が遅れていても数本トウが立っています。

 

 

収穫前には茎が倒れるのですが、トウが立ったタマネギは茎が倒れないため

 

すぐに見つかりますが、機械で収穫するために抜き取らなくてはいけません。

 

雪解けが早く2月から雪がなかったことなども要因としてあげられますが、いろんな

 

要素があるためこれという断定は出来ません。

 

すでに、この秋に植え付けをするタマネギの種子注文が始まっています。

 

興味のあるかは、営農支援課へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、弱い立場の人を巻き込む事件が続いていますが、それを心配した親が犯行

 

する事件が出てしまいました。

 

【Yahoo!ニュース】

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00000103-sasahi-soci

 

農林水産省事務次官でありいろんな経験をして頭の良い方だと思います。

 

しかし、自分の息子が子供達に手を上げるような危険性を感じたため、犯行に及んだ

 

と言うことであれば、とても悩ましい事件だと思います。

 

大人の引きこもりをどうやって社会復帰させるかというのは、簡単ではないと思います。

 

親が子供より早く亡くなるのが通例なので、親の責任として手をかけてしまったのだと

 

思いますが、他の手助け手段があったらこのような犯行はなかったと思います。

 

それに対応出来るスタッフの養成が急務だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末草刈りで顔が真っ黒に焼けました。

 

この時期、日差しが強くあっという間に日焼けしてしまいます。

 

日焼け止めを塗らないと、夜眠れないことにもなるので、なるべく日焼け止めを

 

塗って仕事しましょう。

 

今までそんなこと心配しなくても良かったのですが、年なのでしょうか。

 

気をつけましょう。


役員改選選挙

毎日快晴の大潟村です。

水曜日に傘マークが付いていますが、降ってくれるか心配です。

タマネギの肥大期でもあるので、ある程度水分が必要な時期なので、もう少し降ってほしいところです。

6月に入りましたが、今月も平年よりも高温で小雨だと言う予報です。

あまりにも極端な天候なので、梅雨時期心配になります。

週間天気予報に注意しましょう。








先週金曜日に行われた役員改選選挙ですが、定数と同数の申し込みで終わり、無投票での再選となりました。

今年に入ってから準備してきましたが、予想された女性部からの立候補はなく、とても残念な結果となりました。

女性の声を農協運営に繋げると言う役割も重要なので、今後検討しないといけません。

新規に役員になられた方、再選された方とより良い農協づくりに向けて頑張ります。

特に全県1JA構想やタマネギ事業の確立など、幅広い議論が必要になります。

組合員と共に議論する機会も作っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

小林 肇

秋系821

風が強いですが、快晴の大潟村です。

 

火曜日の雨ですこしドロカナが沈みましたが、もうすこし強めの雨が欲しかったです。

 

大潟村の田植えも終盤です。

 

事故の無いように終えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は一日JAビルにて会議でした。

 

全農あきたの会合の直後に、秋系821の試食会が行われました。

 

 

あきたこまちよりも出穂で6日遅れとなっている点がが気になります。

 

 

見た目の白さは分かりましたが、炊きあがり直後の香りをかぐことが出来なかったため

 

良くは分かりませんでしたが、粘りがありました。

 

「のどごしが良い」と書かれていましたが、口に入れたときにツルツルとした感じが

 

しましたが気のせいでしょうか。

 

あきたこまちが有名になったのは、冷めた後でも美味しいということでしたが、

 

秋系821を冷ます前に完食してしまったので、確かめることが出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組合長の中では、「これをあきたこまちにして、今のこまちをあきたこまちクラシック

 

にしたら良い」という意見もありました。

 

なかなかおもしろいと思いましたが、採用にはならないでしょうね。

 

来年には名称も決定するようですが、栽培適地を探すのに晩生なため中山間地域では

 

ない場所になるだろうと言っていました。

 

全農へ出荷していることが前提になるため、大潟村での栽培はないと思いますし

 

ある一定の品質以外は、新しい名称を使わせないような工夫が必要だと言っていました。

 

圃場が特定されると抜き穂される可能性もあるため、神経を使っているようです。

 

秋田県の救世主となるのでしょうか。

 

注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人は天然ですが、マスコミの報道に悪意も感じます。

 

【毎日新聞】

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190530/k00/00m/010/005000c

 

子供を多く産んで育てて欲しいと言う意味だと思いますが、マスコミが揚げ足を

 

取るような報道にまい進しているように感じます。

 

この元大臣は、別に悪い人ではないと思います。

 

しかし、マスコミがまた変なことを言っていると言うように、国民に対して印象操作

 

しているような報道が多いと思います。

 

選挙も近いので与党攻撃に出ているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はJAの役員選挙の公告日です。

 

朝7時から夕方5時までの受付となっています。

 

私ももう1期頑張ろうと思っております。

 

1JA構想やタマネギ事業など大きな課題が残っており、しっかりと方向性を出し

 

農家所得向上に努力していきたいと思います。

 

定数を超える申し込みがあれば、来週6日の投票となりますので、来週に情勢報告

 

したいと思います。

 

 


JA人づくり運動

快晴の大潟村です。

 

大潟村の田植えも終盤に入ってきました。

 

気温も上がり天気も良いのですが、風が強くドロカナ(表層剥離)が植えたばかりの

 

苗を押しつぶし、窒息しそうな状況になっています。

 

風下の苗がやられるのですが、排水路から水をくみ上げ散水してドロカナを散らす

 

作業をしていますが、どんどんドロカナが発生しています。

 

苗が小さい時期だけの心配ですが、最初が肝心ですが見守るしかありませんね。

 

早くひと雨が欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週横浜にて、JA人づくり運動のキックオフ会合が開催され出席してきました。

 

この二日間、今までの活動がいかに短期的な収支や活動だったか思い知らされ

 

基本的なJAの考え方や組合員教育について、とても重要だと言うことを痛感して

 

きました。

 

【日本農業新聞】

https://www.agrinews.co.jp/p47743.html?page=1

 

「農協とは何か?」「協同組合運動とはなにか?」基本的な考え方が一致していない

 

状況では、組合員の農協離れや職員のモチベーションアップにはつながらないという

 

ことを再認識してきました。

 

他のJAの取組がとてもすばらしく、とても勉強になりましたのでこれから実践に向け

 

協議を重ねていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「組合員教育」「協同組合人としての職員教育」「働き方改革と人材育成」という

 

まさに今のJAにとって重要な題材をあげてのディスカッションもおもしろかったです。

 

特に重要なのは「トップの決断」であり、JAとしての理念を明確に示すことが大切で

 

それがないと職員も付いてこないと言う事でした。

 

JAは株式会社ではなく、協同組合活動によって培われる地元農業活性化活動であり

 

職員は協同組合の運動者であり、組合員の目的を実行するための最大の奉仕者だと

 

言う位置づけが若ならければ、自分はなんのために活動しているのか分からなくなります。

 

組合員と職員との信頼関係を太くすることが事業にも結びついていくことなので、

 

絆を強くしていく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、JAで企画している研修会や座談会、総会など出席率が悪いため、昨年は住区の

 

座談会に時間を頂き、全県1JA構想などの説明を行ってきました。

 

直接説明できる機会はとても重要なことで、これからも工夫しながら接点を多くして

 

いきたいと思います。

 

また、3世代目も営農しに帰ってきている現状のなかで、JAの基本的な役割を学べる

 

ような組合員研修も企画していきたいと思います。

 

来年度50周年を迎えるに当たり、今後も日本の食糧基地としての機能を維持していく

 

ためにも組合員教育や組合員リーダーの育成に力を入れないとダメだと言うことに

 

気がつくことが出来ました。

 

我々だけで行うことが難しいので、中央会や先進JAなどの事例を学びながら進めて

 

いきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月なのにこの暑さ、もう真夏なのかと勘違いしてしまいます。

 

今年は2月の末には雪が消え暖かく、4月の初めには雪が降り、5月末で30度超えに

 

なるなど、今までの気象とは明らかに違っています。

 

この反動が6月に来るのではないかと心配なところがありますが、農地を持って移動

 

する事はできないので、この地域の気象とうまく付き合っていかないといけません。

 

あまりにも極端な気象なので想定がつかないのですが、いろんなことを想定して

 

動けるようにしておかないといけません。

 

最近、各地で地震も多くなってきているので、地震にも注意が必要です。

 

あまり心配しすぎて眠れなくなりますが、体調を整え頑張りましょう。


廃プラ処理

久々の雨が降る大潟村です。

 

昨日の風は一日ひどく、今朝まで強い風が吹いていました。

 

朝方から雨が降り出し、風が弱まった感じがしますが、雨も風もこれから強くなる

 

予報になっていますので、注意してください。

 

明日からは、また好天が続きそうですので、田植えも順調に進むと思われます。

 

 

事故なく田植えを進めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有害物質の国境を越える移動を規制するバーゼル条約の対象に汚れた廃プラを

 

加えることが決まったようです。

 

【朝日新聞】

https://www.asahi.com/articles/DA3S14012998.html

 

さらに中国でもプラスティックゴミの輸入禁止をしたことにより、日本各地で

 

処理に対する要請を環境省が自治体にしているようです。

 

【日経新聞】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45041460Q9A520C1000000/

 

プラスティックゴミはリサイクル資源にもなるのですが、中身が残っていたりする

 

資源ゴミが問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAでも村の協力を得て夏と秋の2回、廃プラの収集を行っています。

 

収集する時の袋を購入してもらっていますが、処理費用の半額にもなっていないため

 

年々負担が増えてきています。

 

さらに、上記のような国際的規制が強まっているため、国内での処理費用が高騰して

 

きており、秋からの処理に対する袋の値段も上げざるを得ません。

 

JAでは、本荘クリーンセンターへ処理委託していますが、処理費用の値上げ交渉が

 

きており、大潟村から来る廃プラの分別にも苦情が出ています。

 

【本荘クリーンセンター】

http://honjoclean.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育苗ビニルハウスに使われている農ビは、再生処理をしていますし、その他の廃プラは

 

RPFという固形燃料に変化させ、焼却処理施設の補助燃料として利用しているようです。

 

最近、JAで収集している廃プラの中に、油類や金属類が混ざっているため返品される

 

のですが、分別が徹底されないと今後処理施設への搬入も断られることになります。

 

ポリタンクにアブラが残ったまま廃棄されたもの

 

 

余って使わなくなったグリスをそのまま廃棄したもの

 

 

噴霧器の金属噴口を着けたままの廃棄

 

 

最近多いのが、イボ竹の廃棄で、芯が鉄性なので廃棄できません

 

 

フレコンでの搬入を希望されますが、フレコンだけでなくいろんなものを入れて

 

来る組合員がいるため、フレコンには破損したフレコンだけを入れて搬入してください。

 

搬入先で際分別しているため、しっかりと分別して廃棄して欲しいと思います。

 

モラル低下は、廃プラ事業を困難にしかねませんので、協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年産米の田植えも、ゴールが見えてきました。

 

米先物取引の本上場か廃止かの判断が、この8月に行われます。

 

あきたこまちも上場されていますが、単位が204俵と大きいため活発な取引とは

 

なっていませんが、新潟コシについては1,000枚単位の取引が出来ており、農家

 

業者、投資家が動きながら値頃感を出しています。

 

あっても困らない先物市場を、より成熟化させるために本上場にすべきだと思います。

 

それには、もっとJAも勉強し組合員へ経営に必要な知識として周知するべきだと

 

思っています。

 

みんなで勉強してみましょう。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

記事検索

others

mobile

qrcode